プリウス 30系 スピーカーを交換して音質は良くなったのか!

取付・加工・作業いろいろ

この前にプリウス30系のフロントスピーカーとリアドアスピーカーの取付作業の記事を書きましたが、登録で2時間ほど車に乗る機会があったので、

社外品に変えて、どれくらい音が変わるのか?お金をかけた分、良くなったか?

ってところを、ちょこっと勝手なレビューしてみたいと思います。

ちなみに交換したのは、

○ フロント 「ケンウッド KFC-SS1700」ブラケットセット「SKX-300S」

プリウス30系 フロントスピーカーを社外品に交換!まずはドアから
車両販売したプリウス30系 前期型(後期型も同じ)にお客様からの依頼で、納車前に前後スピーカーを社外品に交換。 今回はフロントドアのウーハ...

○ リアドア 「ケンウッド KFC-RS173」

プリウス 30系 リアドアのスピーカーを社外品に交換・取付
プリウス30系 前期型(後期型も同じ)のリアドアのスピーカーを販売・交換作業一式。 車両販売時にお客様からの車一台分のスピーカーを社外品へ...

とりあえず、「コブクロ」と「ラルクアンシエル」のⅭⅮを積みこんで音質がどう変わったのか聞いてみたいと思います。

何故この2枚のⅭⅮかとういうと、ボーカルメインの「コブクロ」とその逆のいろいろな音が使われている「ラルクアンシエル」が聞くのに分かりやすいかなぁって感じです。

っていうか、たまたまⅭⅮがあったからだけなんですけどね(^^;)

2016年7月の記事です。
車種は、プリウス(DAA-ZVW30) グレード S 2009(H21)年式
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょこっと車のスピーカーに関してのおっさんの考え方

レビューするとか言っちゃってますが、おっさんは音(スピーカーの違い)に関しては、あまり詳しくなくて、とくに興味もそんなに無いです(^^;)

車屋なので、いろんな車(社外品に変えている車)に乗ったりスピーカーを取り付けたりしているので、一般(素人)の人よりは違いが分かるかなぁって程度です。

それと、車のスピーカー交換(だけ)って、交換費用に対してどれくらい良くなるのかっていうと半分以上、自己満足(趣味)って感じやと思っています。

っていうのも、車のオーディオの音を良くするのって、けっこう大変で費用もかかるし、スピーカーだけ変えるだけではなかなか難しいんですよね。

もちろん、取り付けるスピーカー(メーカー)によって「音の感じ」っていうのはガラっと変わりますけど。

ただ正直、そこそこの社外品のスピーカー交換にしている車に乗っても、交換していることを知らなければ何も気づかない(思わない)って人がほとんどやと思います。

ってところで、純正の時の音とか他のメーカーのスピーカーなどと比較しながら、おっさんが思った事をお話ししていきます。

第一印象は、メリハリ感がない?薄い?

まずは、バランスなど何も調整せずフラットの状態で聞いてみます。

当然ながら純正スピーカーと比べるとガラっと音の感じ(音質)は変わっています。

何も気にせず聞いているのであれば、十分なレベルやと思います。

ただ、気にして聞いているとセパレートタイプのスピーカーに交換した場合に多い、「ツィーターのシャカシャカ音が気になる」などの感じが全くないです。

なんというか、高音が薄いような感じでメリハリ感が少なく中低音の方が目立っているといった感じです。

スピーカーの特性なのか、ツィーターを純正位置に取り付けるのがイマイチなのか、リアドアのスピーカーが出しゃばっているのか、よく分からないところです。

それと、センターユニットとの相性(調整)っていうものありますけどね。

やっぱり、セパレートタイプのスピーカーは、高・中・低音のメリハリが出るのが特徴やとおっさんは思うんですけど。

ただ、このメリハリ感っていうのは、かなり人によって感じ方の差が大きいので逆に「中低音メインでバランスがとれている」って感じる人もいると思います。

それに鳴らし(エージング)も終わっていないし、センターユニットの調整もしていないのでスピーカーの評価としては何とも言えないところですね。

センターユニットで調整してみると

とりあえず、フロントスピーカーの方が上グレード(高性能で高価格)なので、フロントスピーカーのみで聞いてみました。

「っお、ええ感じやん!」

やっぱり、安いリアドアのスピーカーが出しゃばりすぎてたみたいでした。

リアドアに付けている「KFC-RS173」自体は、コスト面など総合的に良いスピーカーやと思います。

でも、上グレードの「KFC-SS1700」と同じような音量で鳴らしてみると、やっぱりかなりの音質の差(邪魔)は出ちゃっているみたいです。

それにリアドアのスピーカーは付属の取付用のブラケットを使用しているのに対し、フロントスピーカーは別売りの「高音質ブラケット」を使っています。

やっぱり、ブラケットの差も大きいと思います。「音の質」というより「音の出かたの感じ」がぜんぜん違います。

普通の音量で1人で乗っているのであれば、フロントスピーカーのみで十分やと思います。

ただ、せっかくリアスピーカーも交換したんで、生かしたいですよね(^^;)

なので、いろいろ試した結果、この前後の組み合わせであればフェーダーは「フロント7・リア3」ぐらいが丁度いい感じかなぁってところです。

音質に差があるといっても同じメーカーのスピーカーなので、リアドアスピーカーがフロントスピーカーの極端に邪魔をするってことはないと思います。

その他に、イコライザーでバランス調整をちょこちょこしてみましたが、イマイチいい感じにはならなかったです。

でも調整でメリハリやバランスがけっこう変わりますので、人それぞれの好みに合わることが出来るスピーカーやと思います。

ただ、おっさんの勝手な個人的な好みで言うとやっぱり高音に関しては少しイマイチかなぁって感じですね。

せっかくセパレートの社外品に変えたので、もうちょっとツィーターが出しゃばっていてもいいかなぁってところはあります。

思ったのは「ラルクアンシエル」を聞いている時に、いつも聞こえている高音域が薄く(小さく)感じたところです。

音質がイマイチと感じたわけではないので、スピーカーの特性なのかもしれないですね。

こだわりがなければ、おすすめのスピーカーかな

車の用品やスピーカーなどのオーディオ製品って、価格よりもメーカーの好み(好き嫌い)で選ぶって人が多いんじゃないでしょうか。

とくに価格の高い上グレードの高性能のモノになればなるほど、その傾向(考え方)は強くなってくると思います。

ただ、メーカーにこだわりが無いって人であれば、そこそこ人気のメーカーで価格(コスパ)が安い選モノを選ぶのがイイと思います。

正直、メーカーによって音の感じは違いますが基本的な音の良さ(性能)っていうのは、価格帯が同じであればどのメーカーも似たようなモノです。

買う前に自分の車で他のメーカーのスピーカーと聞き比べてみるってことも出来ないので、音の感じの違いも分からないですし。

なので、「とりあえず純正スピーカーは嫌なので社外品にしたい」って感じの人であれば、このスピーカーはアリかなぁって思います。

他のメーカーと比べてもケンウッドのモノは実売価格も安く、性能と価格で見てもコスパはイイですね。

今回、プリウスにこのスピーカーの組み合わせを選んだのもブラケットも含めトータルで考えて一番安かった(コスパが良かった)からって理由です。

まとめ

結論から言うと、スピーカー交換の費用(価格)から考えての音質の評価はなかなかイイんじゃないの!って感じですね。

販売・取付をする車屋側の考えになってしまうので、最後はどうしても価格に対しての評価になってしまいましたけど…

音の感じ(音質)に関しては好みにもよりますが、とくにドンシャリ感もなく普通にイイ音になっていると思います。

ただやっぱり、何も言われずに車に乗った人がスピーカーを変えていることに気づくかってどうかは、音量を上げない限りたぶん気づかないと思います。

これは、「バランスがとれた普通の音の感じ」って感じるのか「メリハリのない音域に主張がない音」と感じるかは、人それぞれですね。

ま~、そこそこ高いスピーカーに変えたぐらいでは、「聞いたら誰でも気づく」ってレベルにはならないです。

っていうか、内蔵スピーカーの交換だけならそんなもんですけどね(^^;)

それと、最後に言うのもアレなんですが、おっさんの車のスピーカーの好みは置き型のボックス型スピーカーです。

さらに2WAYなどのセパレートではなくフルレンジのスピーカーの音が好きです。今時、そんなスピーカーはなんて売ってないですけど(^^;)

こんな、おっさんが、セパレートのドアスピーカーのレビューをしてしまいました…

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com