カーセキュリティーを取付する時のポイント!よく迷う箇所ってどこ?

取付・加工・作業いろいろ

自分で取付(DIY)するならココがポイント!

社外品の本格的なセキュリティーの取付は、室内のパネルを外したり多くの配線を繋げたり、そこそこ大変ですね。

カーナビなどを自分で簡単に取り付けられる人であっても、セキュリティーに慣れていない人や初めての人であれば、けっこう時間がかかると思います。

その中で一番時間がかかるのは取付作業自体よりも配線の取付箇所を迷ったり繋ぎ方(+-)を悩んだりってところやと思います。

取付の途中で迷って調べるのに時間がかかったり、取り付けた後に部分的に作動しなかったりして悩むことが多いですね。

けっこう時間がかかったパターンとしては、よくある話や思います。

そこで、おっさんが取付に慣れていない人がよく間違ったり迷うポイントを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイレンの取付位置はどこが一番いい?

サイレンの取付場所は通常、エンジンルーム内ですね。

普通に空いている場所に取り付けて、配線を室内に通せばOKです。

って簡単に言っても、車種によって取り付けるスペースが無かったり室内への配線の引き込みが面倒くさかったり、けっこう時間がかかったりしますね。

とくに、その車種にベストな位置に見た目もキレイに取り付けようと思ったら、けっこう悩んじゃうと思いますね。

人によっては、ボンネットを開けた時に見えにくい場所(すぐに外されないような場所)に取り付けないとダメって人もいます。

でも、これはお金を貰うプロの仕事の話でお客様(素人)が自分で取り付ける場合は、

「他の部品に接触せず、しっかり取り付けれる場所でいいんじゃないか」

って感じいいと、おっさんは思います。

どっちにしても、バンパーの中などに本体を隠して配線は見えないように完璧に取付けをしないがぎり盗難の対策としては、あまり意味がないと思いますね。

なので、自分で取り付けるポイントとしては、

  • 中に水が入らないように下向に(斜め)に取り付ける
  • 揺れてもエンジンルームの他の部品に接触しないようにする
  • 配線はしっかりショートしないように取り回しに注意する

ってところです。ただ単に不具合が起きないように取付するだけですね。

見た目などは、自分が納得出来れる範囲でいいんじゃないでしょうか。

スキャナーのは配線の間違いに注意!

セキュリティーを取り付ける時に、多くの人がオプションの「スキャナー」も同時に取り付けると思います。

一般的なスキャナーの場合、スキャナーから出ている配線は2本又は3本です。

スキャナー 配線

DEI 629Lなどのベタなスキャナーの2本配線は、

  • 赤線=常時電源 12v
  • 黒線=橙(オレンジ)線 (セキュリティー本体 -出力)

点灯パターンが変更できるスキャナーの3本線は、

  • 赤線=常時 12v(+)
  • 橙線=橙(オレンジ)線 (セキュリティー本体 -出力)
  • 黒線=マイナス (- ボディーアース)

で、基本的には取付は難しくなく簡単ですね。

でも、けっこうこの配線を間違える人が多いんですよね。

線を逆に取付たり取付線を間違えて、作動しない(光らない)ってパターンです。

間違えるパターンの大きな理由は「+配線で電気が流れる」っていう思い込みですね。

カーナビなどの電装品のほとんどは、+で電気を制御(流したり止めたり)することが基本ですが、セキュリティーは、-制御が多いです。

なので、セキュリティーの取付に慣れていない場合は、ただの勘違いで間違えていることがほとんどです。

それに簡単なので説明書を見ずに作業してしまうのも原因の1つですね。

「スキャナーは、マイナスコントロール」

ってだけ覚えていれば、基本的な取付は簡単なので間違えないですね。

ウィンカーアンサーバックは別途、部品が必要!

セキュリティーにはアンサーバックの機能(白線)が付いていますが、ほとんどの物は「スモール点灯」が基本になっています。

ただ、車両の純正のアンサーバックは「ウィンカー点灯」が基本なので、ウィンカーを点灯させたいって思う人は多いですね。

でも、本体から出ているライトフラッシュ線(白色)は1本で流れる電気の容量は少なく直接、ウィンカー配線に接続するようには基本なっていないです。

それにウインカー点灯の場合、車両側の2か所(左右)に配線を接続するようになっている車両がほとんどです。

ただ、単純に配線を二股にしてウィンカーの2本の線(左右)に繋げ変えるだけでは、すぐに電気の容量不足や逆流で本体のフューズが飛んでしまいます。

なので、別途リレーをかましたり、配線を二股にするにしても逆流防止のためにダイオードを付けたりしないといけません。

基本、ウィンカー配線に直接電気を流して点灯させる場合は、別売り(オプション)の「デュアルメイクハザードリレー(ハザードフラッシュリレー)」を使います。

また、ウィンカー信号の配線に接続するパターン(直接電気を流さない信号を送るだけの配線)の場合は、配線を二股にしてダイオード(逆流防止)をかまします。

どちらのパターンかを調べるのは直接、車両側の配線に電流をテスターで調べたり、配線の太さや配線場所(スイッチ付近かCPU)で判断したりしますね。

ただ、資料などで確実に調べるっていうのは、ちょっと難しいかなぁって思います。

車種ごとに簡単な「二股にしてダイオードをかます」方法でも大丈夫なのかネットなどで調べても、なかなか出てこないと思います。

それに個々の車両で、イケるはずが何故かダメな場合もあったりします。

なので、どちらのパターンかイマイチ分からない場合は、とりあえず「デュアルメイクリレー(ハザードフラッシュリレー)」を使うのが安心ですね。

↑↑↑ このリレーは普通の5極リレーとは違いスイッチが入れば、87・87a 両方に電気が流れるハザード用の特殊なリレーです。

デュアルマイクリレー

もちろん、リレー自体に配線は付いていないので、自分で線を作るか線付きのソケットを買うかになりますが、どっちでもって感じですね。

ちなみにおっさんは、いつもリレーだけ使って配線は自分で作っていますね。ただ単にソケット代をケチっているだけですけど(^^;)

ネットでソケットセット物を探すならこんな商品ですね↓↓↓

ドアトリガーの配線を忘れずに!

ドアトリガー線とは、「ドアを開けられた時に車両から本体に信号を送る線」ですね。

取付をしている時に、

「っあ、ダイオード買うの忘れてた」「ハンダで前もって作っとかなアカンかった」

っていう凡ミスが多いと思います。

国産車のほとんどは、本体から出ている「ドアトリガー線(- 緑)」を使いますが、1本しかないありません。

でも、ほとんどの車種は信号を取る箇所(数)が複数あるので、その数の分だけトリガー線を分岐させないといけないですね。

しかも、分岐させるだけでは1つのドアを開けた時に他のドアにも信号(電気)が流れ、車両が全てのドアが開いているという誤作動が起きてしまいます。

なので、他のドアの信号へ逆流しないために配線全てに整流ダイオード(1A)をかまして信号を一方通行にする必要があります。

そこで、ちょっと迷うのがこの分岐する配線の作り方ですね。

本体の説明書には説明図しか載っていませんし、こんなのめったに作らないですもんね。

それに取り付ける車種に合わせて作らないといけないです。

これは、どっちかと言うと机の上での工作ですね。

ドアトリガー配線 作り方⑥

↑↑↑ 車両のドア信号を取る箇所が2つでいける場合で、しかもドア信号を取る線も同じカプラー(近く)の線の場合です。

運転席のドアの信号その他のドア全て1つの線で信号が取れる一番楽なパターンです。

ドアトリガー配線 ダイオード

↑↑↑ 各ドア信号を別々に取らないといけない場合は、その数だけ分岐させてダイオードをかまさないといけないです。

さらに信号を取る場所(フューズボックス裏など)がまとまってなく遠い場合は、それに合わせて作らないといけないです。

上記写真は、

  • 運転席ドアの信号1つは運転席キックパネル内カプラー配線から
  • 他のドア信号3つは助手席キックパネル内カプラー配線から

って感じの作り方です。

とりあえず、この線は本体の取付作業をする前に車両情報を調べて先に作っておいたほうがいいですね。

この配線はけっこう大事なので取付作業の流れで作ってしまうと作りがテキトーになって後で誤作動が起きるってケースが多いです。

ちなみに「ハンダとかして作るの面倒くさいな~」って人には↓↓↓

スターターキルリレーの取付って必要?

スターターキルリレー

ほとんどのVIPERなどの基本セットには「スターターキルリレー」が付属していますね。

とは言っても普通の5極リレーですけど。

このリレーをイグニッションスィッチの配線の間にかませば、

「セキュリティー作動時、エンジン始動不可」

に出来るってやつです。車両盗難の為のパーツですね。ただ、

「これっている?繋げて不具合って起きないの?でも付属してるしなぁ」

って疑問に思う人も多いと思います。

オプションパーツが多いVIPERなどのセキュリティーに標準で付属されているので、せっかくだから取り付けたほうがいいのかなぁって思ってしまいますよね。

ま~、人によって意見(考え方)は分かれますが、おっさんは基本的に

「とくに必要ないなぁ、不具合の起きる可能性が増えるだけやから取り付けない」

って、感じの部品ですね。

理由としては、最近の車種は軽自動でも純正でイモビライザーが付いていますし、キーフリー(プッシュスタート)などの場合、配線もややこしい場合があります。

そもそも、車自体を盗もうとしている本気の奴らに、社外品セキュリティーでエンジンがかからなくした程度では何の対策にもならいないです。

それに、取り付けたからといって車を盗まれる可能性が低くもならないと思います。

なので、おっさんは、お客様に説明した上で「でも取り付けて!」って言われる時ぐらいしか取り付けないですね。

正直、取付するかしないかは、気持ち次第って程度やと思います。

まとめ

ま~基本的にセキュリティー本体を動かすための配線というよりも、付属品やオプションを取り付ける箇所のポイントですね。

この辺りは、取り付ける車種によって少し取付方法が変わってくるので、付属の簡単な取付説明書では解りづらく迷うところって感じです。

ただ、セキュリティー本体のメインの配線は車種の取付(接続)場所さえ解っていれば意外と簡単です。

なので、上記のポイントさえ理解していれば、基本的な内容のセキュリティーは比較的迷わず取り付けれると思います。

ちなみに、カーナビやホーンなどを迷わず簡単に取り付けられる人で車の電気の流れの仕組みが何となく分かる人以上の前提の話です(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com