カーセキュリティー(VIPERなど)の取り付けは自分で出来るのか?

取付・加工・作業いろいろ

電装品の取付が出来る人なら挑戦してみては!

カーナビなどの電装品などを、自分で取り付け・交換している人であれば、

「本格的なセキュリティーって、自分で取付できるのかなぁ?」

って1回ぐらいは考えたことがあると思います。

本格的なセキュリティーって専門店で購入・取付を依頼すると、やっぱり安くても4~10万ぐらいは、かかっちゃいます。

でも、定番「VIPER」などの本格セキュリティーでも、並行物であればネットなどでかなり安く売っています。

なので、商品代だけで工賃をかけずに自分で取付出来れば、かなり安く出来ますね。

そこで、自分の技術力(電装品の取付経験)で「VIPER」などの取付が出来るのかどうか、セキュリティーの取付のポイントを説明していきます。

ちなみに、おっさんは取付を我流で覚えたので、取付のプロじゃないですけどね(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

技術(電装品の取付経験)より知識と情報が大事!

技術力(電装品の取付経験)で言えば、やっぱり車内の電装品(カーナビなど)であれば、まずは内張りやパネルの取外し・配線の接続が出来るかどうかですよね。

それと、エンジンルーム内のホーンの交換や社外品のHIDを取付出来るのであれば、セキュリティーの取付自体は出来ると思います。

しかし、カーセキュリティーは他の電装品と違って、カプラーを繋げていったり電気(プラス)を繋げていったりするだけではないです。

電気の流れ(プラスかマイナスか)・入力/出力の意味を理解して、配線の接続先の場所(情報)が分からないと、ちゃんと取付できないですね。

それと、取り付けにテスターは確認のために必ず使うので持っていることと、ちゃんと使いこなせないとダメです。

検電ペン(テスター)を使う人は多いですが、セキュリティーはマイナス(導通)を調べることが多いので不向きです。普通のテスターがオススメです!

簡単に言えば、

技術力(電装品の取付経験)よりも、セキュリティーの仕組みや車両の情報(接続先)を理解するほうが大事!

って感じですね。

逆に言えば、知識がないのに取付説明書だけを頼りに挑戦すると、プラスマイナスを間違って車両の電装品をショートさせて壊してしまう可能性があります。

最低限必要な配線(接続先)

アメリカ製の「VIPER」「HORNET」(日本正規品・並行物問わず)などは、配線の色が、だいたい統一されています。

機能拡張などのオプション接続などで、かなり多く配線がありますが最低限接続しないといけない配線(メインハーネス)は、

  • 赤(+) 常時電源(12V)
  • 黄(+) イグニッション入力
  • 茶(+) サイレン出力
  • 緑(-) ドアトリガー入力(一部の車種・外国車などは、紫(+))
  • 白(+-)スモールライト(アンサーバック)出力
  • 黒(-) アース

それと、キーレスのドアロック/アンロックの配線ですね。

車種により接続方法が異なりオプションのリレーが必要だったり、本体にドアロックリレーが内臓されている物もあります。

基本的なドアロックリレーの配線(ドアロックハーネス)は、

  • 白/黒 ドアロックリレークローズド 入力
  • 緑/黒 ドアロックリレー共通 出力
  • 紫/黒 ドアロックリレーオープン 入力
  • 白/黒 ドアアンロックリレークローズド 入力
  • 緑/黒 ドアアンロックリレー共通 出力
  • 紫   ドアアンロックリレーオープン 入力

なんか難しそうに思いますが、リレーの知識と仕組みが分かれば意外と簡単です。

ただ、車種(メーカー)により使う配線や接続方法も違うので、車種(メーカー)ごとのドアロックの仕組みを理解しないと間違えやすいところでね。

一番簡単なのはトヨタ車で、ドアロックリレーも必要なく線も2本繋ぐだけです。

それと、セキュリティー始動のリモコンを別にするのか、純正キーレス連動にするのかで違ってきますね。

上記の画像は、プリウス30系の「キーレス連動タイプのドアロック入力線」と「ドアトリガー入力線」を繋げた物です。

セキュリティー本体には、その他に多く配線がありますが本体(基本セット)だけを買った場合は使わない(接続しない)ことがほとんどです。

本体と一緒に買うことが多いオプション

「VIPER」などは、いろいろなオプション(追加センサーやエンジンスターターなど)を多く追加出来るのが特徴ですね。

その中でも本体を購入時(取付時)に最初から付けるのは、

「スキャナー」と「ウィンカーでのアンサーバック」

が多いです。定番のオプションですね。

スキャナー

スキャナー

セキュリティーを付けいてる車両のほとんどは、「スキャナー」も付けていますね。

本体のセットに付属していると思ってる人も多いですが別売りのオプションです。

配線は、メインハーネスの

・橙(-) -500mA アーム時(セキュリティー作動時)出力

スキャナーから出ている「黒(-)線を本体の橙(-)」「赤(+)線を車両の常時電源(+12V)」に繋げます。

ウィンカー アンサーバック用 オプション

セキュリティー(ON/OFF)でのアンサーバック用の本体から出ているライトフラッシュ線(白)は、電気の流れる容量が少ないので基本スモール点灯用です。

ただ、通常のウィンカー(ハザード)によるアンサーバックにするためには、追加でオプション(部品)が必要になります。

個々の車両によって配線箇所(繋ぐ線)で必要部品や配線方法が少し変わってきますが、よくあるのが2パターンで、

  • 直接、ウィンカーに電気を流す配線に接続する場合、「デュアルメイクリレー」
  • ウィンカー信号の配線(直接電気を流さない配線)に接続する場合、ダイオード

ですね。

「デュアルメイクリレー(8626)」は、ハザード用の特殊なリレーで、とりあえず、どんなパターンの配線でもコレを使っておけば取付は面倒くさいですが間違いないです。

ウィンカー信号の配線に接続するパターン(直接電気を流さない信号を送るだけの配線)の場合は、配線を二股にして繋いで間にダイオード(逆流防止)をかまします。

ドアトリガー用の整流ダイオード

ドアトリガー線とは、「ドアを開けた時に車両から本体に信号を送る線」ですね。

本体から出ている「ドアトリガー線(- 緑)」は1本ですが、多くの車両は数か所から信号を取らないといけないです。

簡単に言うと、1本の線を数本(車種で異なる)に分岐させて各ドアの開閉(スイッチ)の信号が出ている線に繋げます。

そのまま繋げると、1つのドアを開けた時に他のドアにも信号が流れ車両が全てのドアが開いていると誤作動が起きてしまいます。

なので、ドアからの信号を一方通行(逆流しないため)に信号を取る箇所の数だけ整流ダイオードが必要になります。


上記の画像は、プリウス30用に作った物です。プリウスの場合、

  • 運転席ドア(運転席キックパネル内)
  • 助手性ドア(助手席キックパネル内)
  • 左右リアドア(助手席キックパネル内)
  • バックドア(助手席キックパネル内)

と、車両の4か所の線に繋げないといけないので、運転席側用に1本、助手席側用に3本を作って、さらに1本にまとめて本体のトリガー線と繋ぎます。

ちなみにダイオードは1Aの物が一般的で、セキュリティー用とかは関係ないです。

ネットやカー用品店などでも普通に売っていますが、ネットなどでは1本10円ぐらいですが、カー用品店では1本100円ぐらいでかなり高いですね。

各配線の接続先は、どうやって調べるの?

セキュリティーの取付で、一番困るのが車両別の情報ですね。

取付の知識や技術があっても、車種別情報が分からなければ基本無理です。

車種別情報をどうやって手に入れるのかと言うと、一番簡単なのは「車種別情報(資料)を提供している店(ネットショップ)で本体を買う」ことですね。

ネット(楽天やヤフー)などで、「VIPER」などを売ってい店は個人向けが多いので、資料などを提供してくれるところが多いです。

その他にネット(ブログなど)でいろいろ調べると情報が分かったりしますね。

ただ、ちゃんとした車種情報であっても車の製造年月などで間違っていることが多いので、現車でのテスターによる確認は必要です。

まとめ

この記事を読んで、「なんか自分で取付できそうやなぁ」って思った人は、たぶん大丈夫やと思います。

取付途中で迷ってしまってもネットでいろいろ調べて解決出来ると思いますね。

ただ、電装品の取付に慣れている人でも「読んでも意味がわからんなぁ~???」って感じであれば難しかもしれないです。

失敗するかもしれないので、止めといたほうがいいかもしれませんね。

最後にセキュリティー取付に関してはプロの仕事ってイメージが大きいと思います。

正直、車屋(専門店)でも、特に特別な工具や場所が必要ではない割に、取付に価値を付けて通常の時間工賃よりも高い店が多いですね。

ただ、カーセキュリティーと言っても所詮、後付の電装品なのでやって出来ないことはないとおっさんは思いますね。

ちなみにこちらも参考程度に ↓↓↓

カーセキュリティーを取付する時のポイント!よく迷う箇所ってどこ?
自分で取付(DIY)するならココがポイント! 社外品の本格的なセキュリティーの取付は、室内のパネルを外したり多くの配線を繋げたり、そこ...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com