車の法定12ヶ月点検って義務だけど本当に必要?実際のところって?

日ごろのメンテナンス

みなさん、車のメンテナンスに関して、ふと思うちょっとした疑問の1つが、

「12ヶ月点検ってやらないとアカンの?」

じゃないでしょうか。

おっさんもお客様から、たま~に聞かれることがあります。

そりゃ~もちろん、車屋としての“おりこうさんな答え”をすると、

「義務ですからね。それに安全に乗ってもらうためにも必要です。」

ってところですね(^^;)

でも、それじゃ話が終わってしまうので、中古車のおっさんが「実際にはどうなの?」ってところを話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法定点検・整備って?

車(自家用乗用車)を所有していると法律(義務)でやらないといけない定期点検・整備っていうのがあります。

  • 法定12ヶ月点検(1年ごと、26項目)
  • 法定24か月点検(2年ごと、56項目)

です。(貨物車や事業用は、もっと短い期間です。)

車を安全に乗るための定期的な点検整備が必要 ってやつす。

24か月点検は、車検の時にするので、車検整備って呼ばれることが多いですね。

でも、考え方としては車検と点検整備は別の扱いです。

この法定点検は義務ですが「プロ(認証を受けた修理屋)に出さないといけない」ってわけではありません。

自分で出来るのであれば、それで問題はありません。

“点検ステッカーの有無”“店の名前が入った点検記録”が必要ってこともないです。

ただ、自分でも出来ないことはないですが、技術と知識がある程度必要になってきますので、車屋に依頼(有料で)するのが一般的です。

費用は車種にもよりますが、12ヶ月点検で、

  • 点検の基本料 8,000~12,000円
  • 追加整備(部品の交換など)があった場合、別途工賃
  • 部品代(消耗品など)

って感じで、総額で15,000~30,000万ってところですかね。

ちなみに、昔にあった日常点検(1日1回の運行前点検)の義務は車両法の改正(平成7年7月)でマイカーなどは、

自家用乗用自動車など、いわゆるマイカーのユーザーの皆さんは、走行距離や運行時の状態などから判断した適切な時期に実施して下さい。

って、曖昧な内容の日常点検の義務に変わりました。

簡単に言うと、

「車も進歩して年々良くなって壊れないようになってきたので、日常点検は自分の責任(使い方)で判断して点検してね」

って感じですね。

義務なら、点検しないと罰則があるの?

はい、ないです。

同じ義務の車検の場合は、法律で「無車検運行」での罰則があります。

でも、法定点検に関しては義務ですが、とく罰則はありません。

あくまでも「安全に乗るために定期点検をして下さい、義務です」ってだけです。

だから、罰則の無い点検のことで警察に何か言われることも、ほぼないですね。

たまにガソリンスタンドや新車ディーラーで、

「点検しないとダメです、義務ですから」

って、強制的な言い方をして勧めてくる店(営業マン)もありますが「罰則があるから」っていう意味ではないです。

ただの“誤解ギリギリの営業トーク”ですね…

法定点検していないと保証が受けれない?

これ、新車購入でメーカー保証がある車に乗っているお客様によく聞かれます。

「ディーラーで定期点検(有料)を受けないと、何かあった時に保証が受けれない」

って、ディーラーの営業マンに言われたって感じの話です。

「そんなこと、あるかい!」ってうのが、おっさんの答えです。

そもそも、義務の法定点検をディーラー定期点検(有料)でしないといけないってわけでもないし、ディーラーで点検をしないと保証が受けれないってこともないです。

新車の保証は、「車自体に問題があった時に保証(無償修理)する」ってことなので、ユーザーの管理方法や乗り方は別の話ですね。

点検(メンテナンス)をしていなくても、部品自体に問題があり不具合(故障)が起きた場合は、保証期間内であれば無償修理の対象になります。

逆に保証期間内でちゃんと定期点検を受けていても“ユーザーの管理や乗り方による原因での不具合(故障)”であれば、無償修理の対象外になってしまいます。

分かりやすく言うと、

「定期(法定)点検をしていれば不具合(故障)を防げた可能性があるのに、それを怠ったので不具合の原因はユーザーにあって保証の対象外になる」

って言うところを、これまた営業マンが”誤解ギリギリの営業トークをしているだけですね。

ま~、定期点検に関係なく日ごろのメンテナンスをしていれば問題ない話です。

実際、12ヶ月点検はしたほうがいいの?

義務なので車屋からすると「やらないといけない」って答えになってしまいます(^^;)

ただ、義務っていうのを省いて説明すると

「1年点検を受けたほうがいいかどうかは、個々の乗り方(使い方)や日ごろのメンテナンスによって違う」

っていうのが車屋の本音ですね。

実際のところ、買い物や遊びに使う程度の乗り方の場合、車検時にちゃんと整備点検をしていれば、次の車検(2年間)までは有料の定期点検などはいらないと思います。

2年間何もしないでいいって意味ではなく、定期的なEgオイル交換や日ごろのタイヤの管理(空気圧など)、ちょこっとした消耗品の交換で十分やと思います。

正直、ちゃんと日ごろのメンテナンスをしていれば、お金を払って12ヶ月点検に出しても、

「何をしたん?点検項目を見ただけ、記録簿書いただけ?」

ってなることが多いですね。

今の車の性能(不具合率)はそれぐらい良くなってきていますね。

逆に通勤や仕事などで年間2~3万Km走る人(車)であれば、12ヶ月点検だけでは不足って感じで、もっと短い期間で点検をしたほうがいいと思います。

ようは、車の年式(古さ)や自分の乗り方・使い方によってメンテナンス(点検など)をするっていうことが大事ですね。

そもそも、義務の法定点検は、最低限安全に乗るために必要なことって感じです。

なので、日ごろから自分の乗り方(走行距離)に合ったメンテンスをしっかりしていれば安全っていう意味では問題ないと思います。

でも実際には、車屋が思っている必要な定期的な点検整備や日ごろのメンテナンスをしている人って少ないですけど(^^;)

まとめ

しつこいようですが、法定点検は一応義務なので、行わないといけないものです。

おっさんも車屋なので、店のお客様には説明しておすすめはしています。

ただ、こんな感じの説明なので、実際にお金をかけて法定点検しているお客様ってほとんどいませんけどね(^^;)

でも、日ごろのメンテンスをしているので法定点検をしていないからといって、不具合や問題が起きたってことは今まで一度もないです。

正直、罰則のない法定点検をするかしないかは、自分の車に対する考え方次第ってところやと思います。

いつも決まっている車屋(修理屋)に全て任せているとか、自分で車のメンテナンスの考え方があるとかで、人それぞれ考え方があるんじゃないでしょうか。

なんせ、費用がかかることなので、その人の状況も知らずに他の人(車屋など)が勝手に強制するものでないかなぁって感じです。

義務だからって理由だけで、法定12ヶ月点検点検をしようかどうか迷っている人にこの記事が参考程度になれば幸いです。

ちなみに、中古車購入の人で、車に不具合を感じてないのに法定12ヶ月点検をしている人って、ほとんどいないと思います(^^;)

新車購入の人は、ディーラーの営業マンがよく勧めるのでわかりませんけど…

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com