車の所有権留保って何?どうして所有権を付けるの?デメリットは?

車の登録/手続き・税金

本当の理由を知っている人は少ない?

新車や中古車をローン(オートローン)で買った時に車検証の所有者がディーラーやクレジット会社になることがあります。

これを「所有権留保」って言います。

その場合、購入者(実際の持ち主、管理者)は車検証の使用者欄に名前が記載されます。

「ローンで車を買ったから所有権が付いている」ってやつですね。

所有権が付いた場合、新車購入時はディーラー名義で中古車購入時はクレジット会社名義になることが多いです。

新車の場合は、一般的に所有権が付くことが当然みたいな感じになっていますが、中古車はローン額やお客様によってバラバラですね。

実は所有権が付く本当の理由や所有権留保の基準って知っている人は少ないんですよね。

そこで、おっさんが簡単に所有権留保についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、所有権って何で付けるの?

まず、クレジット会社に考え方を簡単に言えば、

「お金を貸すための担保を付ける」

ていうのが基本的な考え方ですね。

「担保」としての考え方は2通りあって、

  • ローンの支払いが回収不能になった場合、車を回収して売却し未回収額の補てんにする
  • ローンが終わるまで車の売却や乗り換えを防ぐ
  • お金を作るためだけ(転売目的)のローンでの車の購入を防ぐ

って感じです。

なので、新車や価格の高い中古車(ローンする額が基準)で売却(転売)した時にそこそこお金になる車であれば、所有権が付くことが多いです。

中古車で言うと、車の購入価格ではなくローンの額が100万以上の場合、「原則は所有権を付ける」って決めているローン会社がほとんどです。

それに登録手続きが簡単な軽自動車は転売が簡単なので、高く売れる人気車種などは転売防止という考えで所有権が付く場合が多いですね。

所有権は絶対ではなく、ローン審査(条件)の1つという考え方

「ローンで買ってるから所有権は当然つくでしょう」

って思っている人は多いと思いますが、少し間違った考え方ですね。

本人の情報で信頼のある場合や過去にローン実績が多くある人などは、所有権が付かない場合も多いです。

ローン額が200~300万であっても所有権が付かないケースもいっぱいあります。

逆にローン額が低くてもクレジット会社のローン審査で「所有権を付ける」っていうのがローンOKの条件になることもありますね。

それにローンの条件に保証人を付けるか所有権を付けるかの2択になることもあります。

この考え方は、中古車を購入する時のクレジット会社がクレジット会社名義(所有権)にするかどうかの考え方です。

基本的にクレジット会社が判断し、車屋(車購入店)が所有権の判断や審査に関与することはないですね。

新車ディーラーの場合は少し違う?

新車をローンで購入する時は、あまりローン額に関係なく「ディーラーの所有権」が付くことが多いと思います。

下取り車や頭金が多く、実際のローン額が少なくても所有権が付くってイメージですね。

もちろん、販売店や個々人のローン審査によって付かない場合もあります。

では、なぜ中古車と違って新車は所有権が付く事が多いかと言うと、

新車は担保価値が大きい!

中古車の場合は、購入時の車両価格が高くても実際の買取価格(業者流通価格)が安い場合があります。

なので、車によっては担保として所有権を付けてもあまり意味がないこともあります。

ただ新車は、どんな車でも必ず価値(評価額)はあります。

なので、ローンが回収不能になった時、担保価値が大きいのでクレジット会社は所有権を付けたがりますね。

もちろん、担保価値が大きいとローン額が大きかったり新規のお客様でも審査に通りやすいっていうのも理由の1つです。

顧客管理が出来る

新車の場合、ローンを組んだクレジット会社ではなく購入したディーラー(販売会社)名義になることが多いです。

新車でのローンはメーカー系のクレジット会社がほとんどなので、ディーラー名義になることが一般的です。

ディーラー名義だと、所有権解除時(売却時やローン終了時など)などに、その購入店(販売会社)に連絡が来ることがほとんどです。

そのディーラー側からすれば、車の売却時などを把握できて顧客管理が出来るってことになりますね。

「そろそろ車の買い替え時期だと思ったら知らない間に他で車を買っていた」

っていうこともを防げる場合もあります。

車の売却時が分かりやすので、また次の車も売りやすいですね。

なので、「ローン審査の内容によって所有権を付ける」っていうのも当然ありますが、いろんな意味で所有権を付けたがりますね。

所有権留保のデメリットは?

とくに普通に車を所有していて所有権が付いているからといってデメリットになることはないと思いますね。

デメリットと言えば、登録時(購入時)に「所有権留保の手続き費用」で数千円かかることが多いってとこです。

ローン初回月に一緒に手数料も取られることがほとんどです。

「勝手に所有権付けるって言ってきて、さらに費用取るんかい!」

って感じですよね。

それと、ローンが終わった時や住所変更しようとした時に登録手続きが少し面倒くさいってところです。

所有権解除手続きや車検証の記載変更で所有者(ディーラーなど)の書類をもらわないといけないので登録手続きが少し面倒くさいです。

車を売却や乗り換えなどの時は、車を売却(下取り)した車屋が手続きを代行してくれるのが一般的なので、とくに面倒くさいことはないと思います。

所有権が付くと勝手に売れないって言うけど…

「所有権が付いてると車売られへんからな~」

って、デメリットのように言う人がいますね。しかし!

原則、オートローン(自動車ローン)で購入した場合、所有権に関係なくローンが終わるまで車を売ってはいけないことになっています。

車のローンの金利は、他(家電や贅沢品)の商品よりも金利が安くなっています。

「車は生活必需品の1つなので金利は安くしている」という考え方なので車がなくなれば、その金利は適応外って感じです。

ローン支払いが完了していない時点で車を売却すれば、一括返済しないといけないて契約書にも小さく書いてますね。

なので、所有権が付いてると車を売れないからデメリットっていう考え方は、少し間違っています。

そもそも、ローン支払いが終わっていないのに、車を売ったらダメってことです。

ま~、それでもローン中に車を売りたいって人にはデメリットですけどね(^^;)

ちなみに所有権解除の手続きに関しては↓↓↓

車の所有権解除の手続きって?ローンが終わったらすぐにするべき?
正直どっちでも...気持ちの問題? ローン(オートローン)で車を購入すると、「所有権」が付くことがありますね。 とくに新車の場合は、...

まとめ

正直、所有権は付いているからと言って気にすることはないと思います。

ま~、気持ちの問題って感じですね。

ネットで調べてみたりすると、

「所有権が付いていると車の持ち主はディーラー、車を借りているみたいなもの」

なんて記事がありますが、所有権留保の実際の所有者は購入者(使用者)です!

所有権留保は、あくまでもローン支払いが回収不能になった時の「担保」です。

契約通りローン支払いをちゃんとしていれば所有者のディーラーなどは、車の管理に関して何の権限もないですね。

車検証の名義の考え方は ↓↓↓

車検証の「所有者」と「使用者」の違いって何?簡単に説明すると!
車の車検証(自動車検査証)には「所有者」と「使用者」の欄がありますよね。 ただ、この「所有者」と「使用者」の違いは登録(申請)の書類上の手...

それと、勝手に車検証の名義を変えられないようにしているだけです。

家をローンで買った時の「抵当権」とよく似た感じだと思っていてもOKやと思います。

契約として車を借りているというのは「リース契約」や「残価設定ローン」ですね。

たまに、中古車販売店などが勝手に所有権を付けたりしますが、これは「所有権留保」ではなく、ただの「車屋の名義にしているだけ」って感じです。

これは、要注意で問題(トラブル)が起きる可能性がありますね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車の登録/手続き・税金
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com