車の所有権解除の手続きって?ローンが終わったらすぐにするべき?

車の登録/手続き・税金

正直どっちでも…気持ちの問題?

ローン(オートローン)で車を購入すると、「所有権」が付くことがありますね。

とくに新車の場合は、当たり前のように「所有権」が付くことが多く、車検証の所有者欄がディーラーになっていますよね。

よくある「所有権留保」ってやつですね。

詳しくは ↓↓↓

車の所有権留保って何?どうして所有権を付けるの?デメリットは?
本当の理由を知っている人は少ない? 新車や中古車をローン(オートローン)で買った時に車検証の所有者がディーラーやクレジット会社になるこ...

この「所有権留保」に関しては、とくに気にする人は少ないと思いますが、

「ローンを完済したら自分に名義変更(所有権解除)をしたほうがいいの?」

って思う人は多いんじゃないかと思います。

ただ、「ローンが終わったのだから、すぐにしたほうがいい!」って言う人もいますが、おっさんは聞かれたら

「どっちでもいいと思いますよ。所有権を残してても、とくに問題ないし」

っていう感じで答えてますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

所有権解除の手続きをしなくてもいいの?

基本的に、ローンが終わればローン会社(ディーラー)から「契約終了のご案内」「所有権留保解除承諾書」など完済した証明書が送られてきます。

送られてきても、ほったらかしで見ていない人が多いと思いますけど…

この時点で所有権解除の手続きは出来るのですが、「すぐに所有権解除しないといけない」ってことではないです。

別に、所有権が残っていても通常であれば問題になるこもないと思います。

それに、実際の所有権(車の持ち主)も本人(購入者)になってますので、書類上の記載だけの問題って感じです。

ようは、気持ちの問題ってとこですね。

「ローン終わってるんやったら、せっかくなので自分の名義に変えときたい!」

って思うのであれば、所有権解除したほうがいいかなぁってレベルやと思います。

なので、実際には車を所有している途中で手続をする人って少ないですね。

所有権解除の手続きって簡単?

手続き自体はとくに難しくはないですが、個人では面倒くさいと思います。

所有権は車を購入(登録)する時に付けられてしまうのに、所有権解除は自分で手続きしないといけないんですよね。

おっさんが、「別にすぐにしなくてもいいんじゃない?」って言うのは、手続きに手間と少なからず費用がかかるからです。

多くのパターンは、車の乗り換えや売却する時に名義変更や廃車の手続きと同時に所有権解除をするので、車屋などが手続きすることがほとんどです。

なので、本人(名義人)として所有権解除の手続きで動くことってあまりないですね。

しかし、所有権解除の手続きだけを車屋などに依頼すると、名義変更と同じように登録手数料(代行費用)が掛かる場合がほとんどです。

本人で全ての手続きをしたとしても手間と時間がかかります。

それに、印鑑証明など書類も揃えないといけないので、また手間と費用がかかります。

自分で手続きをする方法

車屋などに手続きを依頼せずに自分で登録すると登録代行費用はかからないですが、名義変更の手数料や印鑑証明などの発行手数料は必要になります。

住所変更(車庫証明費用)などなければ、合計で1,500~3,000円ぐらいやと思います。

「平日に動ける時間もあるし、費用もこれぐらいなら自分でやってみようかなぁ」

って思えるのであれば、ローンが終わって時点でやったほうがいいですね。

所有権解除手続きの手順としては、

  1. 購入したディーラー(ローン会社)などに連絡をする(所有権解除依頼)
  2. その会社に必要な送って、譲渡書類(所有権解除に必要な書類)を発行してもらう
  3. 管轄の陸運支局で所有権留保を外す(自分に名義変更)手続きをする

って、感じですね。

① 所有権解除依頼の連絡

まずは、購入したディーラーやローン会社に所有権解除依頼の連絡をします。

どこに電話したらいいか分からない場合は、車検証の所有者欄に記載されているディーラー(ローン会社)をネットなどで調べて連絡するのが簡単ですね。

会社によってはHPにも所有権会場の必要書類や手続き方法など記載されていますが、確実なのは電話して確認することですね。

とりあえず、そこに電話して「所有権解除をしたい」って伝えれば、担当の部署に繋いでくれます。

そこで、ローン完済の確認(本人確認)などが終われば、譲渡書類(所有権解除に必要な書類)を発行するのに要な書類の説明をしてくれます。

所有権に関する部署はその会社の本社にあることが多いので、ほとんどの場合は手渡しではなく郵送での書類のやり取りですね。

② 必要書類を送る

必要書類は会社によって違いますが、

  • 所有権留保解除承諾書などのローンを終了した証明書
  • 自動車検査証のコピー
  • 所有権留保解除依頼書(念書)・委任状など (実印を押印)
  • 印鑑証明書(基本、検査証の使用者 発行後3ヶ月以内のもの)
  • 当年度の自動車税納税証明書のコピー
  • 住民票など (車検証の住所や名前が変わっている場合)

が、一般的です。

ただ、普通車や軽、ディーラーやローン会社によって少し内容が違います。

印鑑証明がコピーでOKだったり不要だったり、税納税証明書は不要などいろいろです。

所有権留保解除承諾書などの書類を失くした場合は、電話での確認やその他の書類で簡単に代用出来ますね。

③ 必要書類を受け取る

その会社に必要書類を送って、確認されれば

「譲渡書類一式(旧所有者)」又「所有権解除書類の引換書など」

を発行してくれます。個人での依頼・手続きの場合、ほとんどは自宅(確認書類の住所)への発送ですね。

個人で手続きをする場合は、「所有権解除書類の引換書など」が多いですね。

この書類は登録当日に陸運支局内(付近)のクレジット会社代理窓口での譲渡書類発行をしてもらうための書類です。

送られてくる書類が譲渡書類であれば

  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

と、普通の名義変更(移転登録)に必要な旧所有者の譲渡書類です。

④ 陸運支局で所有権の手続き

会社から譲渡書類(所有権解除に必要な書類)が届けば、あとは管轄の陸運支局で登録手続きをするだけです。

一応、所有者が変わりますので「名義変更(移転登録)」と同じ登録手続きになります。

なので、「会社から届いた譲渡書類 又は 所有権解除書類の引換書など」「新所有者の書類(本人)」が必要です。

普通に本人(現使用者)を所有者にする(持ち主の名前に戻す)場合は、

  • 印鑑証明書 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状 (実印を押印 本人が直接申請する場合は実印を持参して申請書に押印)
  • 車庫証明 (使用者住所に変更があった場合)

の書類が必要です。

引っ越しなどで住所が変わっている場合は、使用者住所も変わりますので新し住所での「車庫証明」が追加で必要になります。

また、所有者だけを違う人(家族など)にすることも出来ますが基本的には同じです。

それと「所有権解除書類の引換書など」の場合は、登録(申請)の前に陸運局内の事務所で譲渡書類を発行してもらわないといけません。

だいたいは、登録手数料(印紙)を買う建物の中などに「信販会社の書類はこちら」みたいな名前の窓口があるので、その窓口で発行してもらいます。

これで書類は揃いますので、あとは通常の登録手続き(名義変更)と一緒です。

登録手続きに関して、詳しくは ↓↓↓

自動車の名義変更(移転登録) 必要書類と自分で手続きする方法
自分でする名義変更(移転登録) 自動車(普通車)の売買や個人への譲渡(家族内の譲渡)の名義変更を 「車屋や行政書士に依頼せず個人(自分や...

まとめ

所有権解除の手続きをローンが終わった時や車を所有している途中でするかしないかは、本人の考え方次第(気持ちの問題)やと思います。

ただ、所有権が残っていると「ナンバープレートの変更」など所有者の委任状が必要な登録の場合、ディーラー(ローン会社)に毎回連絡をしないといけないです。

でも、使用者(本人)の住所変更ぐらいであれば、手続きは簡単ですね。

あまり、ある事ではないので気にする事もないと思いますが、そういうことが気になる人であれば手続きをしたほうがいいかもしれません。

最後に、おっさんの考え方で言うと、

「乗っている(所有している)間に何か登録(住所変更やプレート変更)などがあれば、そのついでに所有権解除をしたらいいんじゃないの」

ってぐらいの感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車の登録/手続き・税金
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com