純正カーナビで走行中にTVを見れるようにする!TVkitや配線加工

取付・加工・作業いろいろ

新車で純正ナビを取り付けた時や純正ナビ付の中古車を購入時の場合、

「走行中にTVやDVDを見れるようにしないとなぁ」

って考える人が多いと思います。って言うか、ほとんどやと思います。

ディーラーやメーカーオプションのナビはTVやDVDの機能があっても、そのままでは走行中にTV(DVD)が見れないようになっていて不便ですもんね。

TVを見れるようにする方法としては、いくつかあって、

  • ディーラーで新車購入時に一緒にTVキットを取り付けしてもらう
  • カー用品店・ネットでTVキットを購入・取付けを依頼するか自分で取り付ける
  • TVキットを使用せず、自分でナビの配線を加工して見れるようにする

といった感じですね。

そこで、その辺りを少し説明をしていきたいと思います。

※ この記事は運転者以外の同乗者が走行中にTVを見れるようにする方法の説明です。運転者が走行中にTVを見たりすることはダメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新車購入時に純正ナビと一緒に取り付けてもらう

一番多いのは、新車購入時にディーラーで「走行中TVが見られるTVキット」を取り付けもらうってパターンですね。

部品自体を見たことのある人は少ないと思いますが、ハンドルの下辺りに上記写真のようなON/OFF切替スィッチを見たことのある人は多いと思います。

もちろんディーラーオプションとしては売れないですが、多くのディーラー(営業所ごと)が取り扱っていたりしますね。

いろいろなメーカーから販売されていますが、ディーラーは写真のTVキットを使っていることが多いです。(ディーラー用の部品販売メーカーって感じです。)

なので、新車の商談の時に「TVを見れるようにしといて」なんて言うと、普通に見積書にTVキットなどを追加してくれます。

価格はディーラー(営業所)や車種・ナビの種類にもよりますが、7,000円~25,000円って感じやと思います。

営業マンによっては、何も言わなくてもサービスで取り付けてくれたりもします。

TVキットに関しては、ディーラーもサービス的な商品なので新車購入時にナビ購入と一緒にサービス(無料)取り付けてもらう交渉をするのが一番いいですね。

ただ、ディーラーによっては「TVキットは取り付けない」ってところもありますど。

カー用品店・ネットでTVキットを購入・取付け

ネットで調べてみると、TVキットを売っているショップなどがたくさん出て来ますね。

電装メーカーが出している高い商品からヤフオクなどに出品されている簡単な商品まで、本当にいろいろあります。

そこで疑問になるのが、

「値段の差って何が違うの?安物でも大丈夫なの?」

って、ところやと思います。

価格に関係なく全ての商品、走行中にTVが見られるって基本のところは全く同じですね。

メーカーの商品は「パッケージがちゃんとある」「ON/OFF切替スィッチがある」など、ちゃんとした商品として取り扱っているのと付加価値を付けているって感じです。

価格に関しての商品選びは正直、好みや考え方やと思います。

おっさんからすればネットなどで安くで売っている物で十分って感じですね。

ネットで売られている安いTVキット

↑↑写真の物は「トヨタ・ダイハツ用」 安い商品って言えば、こんな感じの物ですね。

それと、「走行中でもナビ操作が出来るようにするスィッチがセットになった物」もありますね。その場合は、少し高くなります。

基本的には、配線加工して見れるようにするパターンの「配線を切らないでいいバージョン」って感じの商品ですね。

しかし、このような安い商品は、ほとんどネットでしか売っていないので基本、自分で取り付けることが前提になります。

自分で取付が出来ない場合、車屋やカー用品店などに部品持ち込みで取付だけを依頼しても断られる場合が多いですね。

おっさんの場合は断りはしないですが、部品代がもったいないので「TVキットはいらないです。配線加工しますよ。」って感じです。

店舗で購入・取付する場合

自分で取付(基本はナビを取り外してカプラーを繋げるだけ)が出来ない場合は、店舗などでTVキット購入・取付してもらうことがほとんどやと思います。

よくある大型カー用品店などに依頼する場合は、店頭に並んでいる価格の高い定番メーカー製の商品になることがほとんどです。

売られているTVキットと言えば、「データシステム」「BULLCON ( フジ電機工業 ) 」などが定番の電装品メーカーですね。

その中で、おっさんのおすすめはデーターシステムですね。ただの好みですけど(^^;)

データーシステム メーカーHP テレビキット(適合表)

価格は車種やナビの種類、店舗によってかなり差はありますが、取付費込で15,000円~30,000円ってところやと思います。

この辺りの商品を考えるのであれば「走行中ナビ操作も出来るナビキットのセット」での購入をお勧めしますね。

商品価格は少し高くなりますが、ナビの種類によっては取付工賃があまり変わらないと思うので、こちらがおすすめです。

自分で配線を加工する

自分でナビを取外し出来る人であれば、TVキットを買わなくても配線を加工してTVを見れるように出来ると思います。

TVが見られなくなる仕組み(配線)さえ分かれば簡単ですね。

基本は、ナビに繋がている「パーキング(サイドブレーキ)信号(マイナス)」をアースすることで走行中見れるようになります。

ただ、トヨタ(ダイハツ)の純正ナビや他メーカーの一部の純正ナビは、さらにナビを「テストモード」にするためにもう1つ作業が必要になりますね。


上の写真はトヨタ(ダイハツ)車のディーラーオプションのナビ用に車両側からきている5ピンカプラーの配線加工です。

同じメーカーであっても車種や年式によって配線の色が違う場合が多いので注意!)

①のパーキング信号の線をカットして④の空のピン(テストモード用)に線(メス端子)を挿して一緒にアースすることによって常にTVが見れるようになります。

メーカーや車種・ナビの種類(メーカーオプションナビ)によって、カプラー(配線)が違いますが、作業(加工)の内容は基本的に似たような感じですね。

ナビ(本体)の裏の配線を1~3本加工するだけの簡単な作業です。

ちなみにナビ外しや配線加工するよりも、どの線を加工したらいいのかなのか分からないって人が多いと思いますが、ネットで調べれば簡単に調べれますね。

ちなみに「パーキング信号」などの車両側からきている配線を調べるには

アルパイン クルマ別製品取付け情報

が便利です。車種別の取外し方や配線を調べるには定番サイトですね。

それと、トヨタ(ダイハツ)の純正ナビは追加で線(メス端子)を用意しないといけないですが、ネットで端子だけでも売っています。

株式会社配線コム 楽天市場店 という車(バイク)の配線部品を専門に取り扱っているショップです。

コネクターや端子など細かい部品も数多く取り扱っていて電装いじりする人にはすごく便利で、おっさんもよく使わせてもらっています(^^)

車速信号でもTVを制御している場合

パーキングを解除してTVが見れても車が動く(スピードが上がる)と見れなくなってしまう純正ナビもあります。

最近で少ないですが、一部のメーカーやそのナビの年代によって異なります。

仕組み的には「パーキング信号 + 車速(スピード)信号で制御」です。

その場合は、パーキング信号の加工と一緒に上記写真の真ん中の車速信号の線をカットしてスイッチをかませます。

スイッチで一時的に車速信号を切って「ナビに車は走っていない」と誤動作を起こさせれば見れるようになります。

車速信号を切っているので、ナビの自車位置は止まったままになりますがTV画面にしているので問題ないと思います。

地図を見る時は、またスイッチを入れれば(戻せば)自車位置はGPSによってすぐに(数秒~数分)戻るので、とくに困ることもないと思います。

「走行中にTVが見れてナビ操作もできるようになる」って仕組みと同じになります。

キットで売っている物(価格に関係なく)も基本的には同じような仕組みです。

なので、走行中でもナビ操作もしたいって人には、パーキング線の処理だけでTVが見れるようになっても、ついでにスイッチをかましたほうが便利ですね。

ま~、スイッチを操作しやすい場所(手が届く場所)まで引っ張ってこないといけないので、作業は増えますけどね(^^;)

ちなみにスイッチは「ON/OFF」が出来れば何でもいいです。電気の容量も少しなので気にせず、自分の好みや価格で選んでOKですね。

まとめ

おっさんもそうでうが、車屋(修理屋)が依頼されてTVを見れるようにする方法としては、ほとんどの店が、「配線加工」ですね。

ただ、配線加工の場合、線を追加しないといけないことがあるので、部品が無く端子や配線を買うことを考えれば、安いTVキットを買ったほうが安上がりかもしれません。

なので、おっさんのおすすめの方法としては、ネットで安いTVキットを買って自分で取り付けるのが一番いいかなぁって思います。

ナビの取外し方は意外と簡単で、ネットで調べるといろいろな情報や作業内容などを詳しく調べることが出来ます。

「とりあえず、安くTVを見れるようにしたい!」っていう人は、一度自分で挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com