自動車のタイヤの空気圧って、実際はどれくらいいがいいのか?

日ごろのメンテナンス

お客様から車のメンテナンス(維持)で聞かれることが多いのが、

「タイヤの空気圧って、実際はどれぐらいがええの?」

ですね。世間話程度に、な~んとなく聞かれる感じです。

まじめに一般的な答え方をすると、

「車種ごとに指定空気圧が書いてますので、乗り方や使用方法によって、その空気圧から0~+20kPaがベストですね」

ってところですが、ほとんどのお客様は、そんな誰でも分かっているようなありきたりな答えは求めてないですよね(-_-;)

それに、「インチアップでタイヤのサイズ変わってて、分からんから聞いてんねん」って人も多いですもんね。

そこでおっさんが、いつもお客様に説明する空気圧について話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正直、人によって、いろいろ意見が違うのが空気圧

おっさんもお客様からよく空気圧の事を聞かれるので、タイヤ屋とか修理屋などとこの辺りの話をよくします。

正直、タイヤのプロのタイヤ屋でも人によって考え方はバラバラですね。

車関係の仕事をしている人(業者)で一番多い意見は、

「一般的なサイズであれば、250~270kPaぐらいでいいんじゃないの」

って感じですね。

考え方としては、常に車種ごとの指定空気圧を維持するのがベストかもしれないですが、タイヤに一番悪いのは指定空気圧以下になることなので、

  • 「一般的に定期的な空気圧チャックをするユーザーは少ない」
  • 「空気は乗らなくても徐々に抜けていく」

って事を考えて、多めに空気を入れていたほうがいいっていうのが多い意見ですね。

とくに、セルフのガソリンスタンドが多くなってきたので、スタンドの店員が空気圧チェックをしてくれるのが少なくなってきたことも理由としてあります。

それに250~270kPaぐらいであれば「空気の入れすぎでタイヤに悪い」ってこともないですし、乗っていて「乗り心地が悪くなった」ってことも少ないと思います。

おっさんも同じような考え方で、

「定期的(1ヵ月に1回)に空気圧をチェックしないのであれば、270kPaぐらい入れといて、乗った時に違和感があるのであれば、少し下げてみて下さい」

って感じで、お客様に説明していますね。

タイヤを長持ちさせるなら、やっぱり多めの空気圧?

タイヤ

ワゴン車や軽自動車などのFF(前輪駆動)の車種は、フロントのタイヤの外側(ショルダー部)だけ減り(片減り)が早いことが多いですね。

とくにヴォクシーなどのワゴン車は、真ん中(センター部)や内側の溝があるのに外側だけツルツルになってしまい、タイヤ交換の時期が早くなるってことがよくあります。

「まだまだ、真ん中の溝があるのにもったいないなぁ~」って、思っちゃいますよね。

このような場合にも、空気圧を上げておくと効果的で片減りを抑えられ、少しタイヤが長持ちする場合も多いです。

単純な考え方で空気圧を上げると、地面と接地面が少なくなりタイヤの端っこ(ショルダー部)の負担を押さえられます。

逆に、真ん中(センター部)の摩耗(減り)が早くなるといったデメリットもあります。

でも、一般的な乗り方であれば、真ん中が先にダメになるってことは少ないですね。

通勤や仕事で高速道路ばっかりっていう使い方であれば、真ん中が先にダメになることもありますけど。

ただ、そのような使い方の場合は空気圧とタイヤの減り方はあまり関係ないと思います。

このようにタイヤを長持ちさせる理由もあって車屋などは、高めの空気圧を入れたほうがいいと説明することが多いです。

空気圧を上げたら燃費は上がる?

単純に考えると、

空気圧を上げる → タイヤ接地面が少なくなる → 転がり抵抗が少なくなる → 燃費が良くなる

って、なります。理屈で言えば、そのとおりですね。

ただ、実際には指定空気圧から1~2割ぐらい上げたぐらいでは、実感できるような燃費の上がり方っていうのは無いですね。

逆に指定空気圧より低くなると、転がり抵抗が大きくなり実感できるぐらいに燃費が悪くなることがあります。

なので、

燃費を良くするために空気圧を上げるといった考え方ではなく、燃費を悪くしないために少し空気圧を上げておこう

といった考え方のほうが正解やと思います。

おっさんがおすすめしている「扁平率」ごとの空気圧

純正サイズであれば、車種ごとに指定空気圧ってありますね。

ホイールを変えている場合は車種ではなく、タイヤのサイズ(幅・扁平率やリム径など)や種類(ロードインデックスなど)で空気圧が決まっています。

そのタイヤに合ったちゃんとした空気圧にしたいのであれば、タイヤメーカーなどのサイトで簡単に調べたり計算することも出来ます。

ただ、「定期的にチェックせ~せんから、なんとなくの空気圧でええねん。」って人は、けっこう多いと思います。

実際、ちゃんと調べている人ってかなり少ないと思います。

なので、おっさんは簡単に分かりやすいタイヤの「扁平率」でお客様に空気圧を説明することが多いです。

● 扁平率と空気圧 (おっさんの勝手な考え方です!)

  • 70~60 250~270kPa(純正サイズなど)
  • 55~50 250~280kPa (純正サイズか1インチアップ程度)
  • 45~40 250~280kPa (ホイールに合ったタイヤ幅)
  • 45~40 300kPaぐらい (ちょっと引っ張りタイヤ)
  • 40~35 300kPa以上 (そこそこの引っ張りタイヤ)
  • 35~  そのタイヤに合った空気圧を調べてをちゃんと(必ず)維持する

ってところです。

この辺りが、何も気にせず、なんとなく空気を入れても大丈夫な範囲かなって感じです。

指定空気圧より多く入れているといっても乗り心地が大きく変わることもなく気にならない範囲やと思いますね。

ただ、扁平率の低いタイヤや引っ張りタイヤは、

「最低これぐらい入れておかないと、段差などの衝撃で空気が抜けたり、タイヤがダメになる可能性がある」

といった違う考え方ですね。

「扁平率」と「空気圧」って別に比例するものでもなく、基本的にはインチUPの程度やタイヤの性能(ロードインデックスなど)で空気圧は決めるものです。
なので、上記の説明はおっさんの勝手な考え方です(^^;)

劣化しているタイヤの急激の空気圧の変化は危険!

この記事を読んでもらって、

「じゃ~、ちょっと空気圧を上げてみようかなぁ」

って人もおられると思いますが、ちょっと注意するポイントとしては、

年数が経っている(3年ぐらい~)タイヤは、急激に空気圧を上げると危険!

な場合があります。

タイヤが古くなればなるほど、劣化などでゴム自体が固くなっているので今までと違う高い空気圧にするとヒビ割れや変形などが起きる場合があります。

なので、年数が経っているタイヤの場合は少し(10%ぐらい?)上げる程度にしといたほうが無難かもしれないです。

やっぱり、指定空気圧より高めにしておくのであれば、タイヤが新しい時(タイヤ交換時など)からやっていたほうが良いですね。

まとめ

タイヤの空気圧って、日ごろの点検の中でも重要なところです。

ユーザー(個人の人)が思っているより、メンテナンス(定期点検)しないといけない部分やと思います。

空気圧が低いと、タイヤの寿命やパンク、燃費の低下などコスト面を見ても費用がかかるようになりますし、事故などの安全面でも危険です。

ただ、一般的(ユーザー的)には、さほど重視されていないのが現状ですね。

多いパターンは、定期的に点検すると言うよりも見た目で空気が減っていると気づいた時に空気を入れるといった感じの人がほとんどですね。

でもそれって、タイヤにとっては良いことではないです。寿命が短くなったりします。

なので、中古車屋など町の車屋などがお客様に説明する場合、車種ごとやタイヤの種類によっての細かい設定空気圧と言うよりも

「これぐらい入れとけば、ちょっと点検忘れていても大丈夫かな」

って思うような空気圧を言うことが多いですね。

ちなみに、おっさんは軽自動車に乗っていてタイヤサイズは「165/55 15R」ですが、空気圧は280kPaにしています。

ちょっと高いかな~って思いますが、とくに乗り心地も気になることもないですね。

ただ、燃費は全く変わりませんね。ま~、少し寿命が延びたらええな~って思ってます。

勝手な車屋の意見なので参考程度に(^_^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com