車のエアコンが壊れてはないけど効きが悪い?って場合の原因と対処法

日ごろのメンテナンス・修理

暑い時期になるとお客様からよく相談される事の1つが「エアコンの効き」ついてです。

一応、エアコンは動いている(少し冷えた風は出ている)・風も普通に出ているけど、暑い日ほど効きが悪い・風がぬるい(しっかり冷たくならいない)ってやつです。

さすがに真夏にエアコンがしっかり効いてくれないと乗ってて辛いですよね。

原因としては部品の故障っていうのもありますが、車が古くなってきてガス不足や劣化によって効きも悪くなってきているっていうのが多いです。

そこで、エアコンの効きが悪くなる原因と、その対処方法について説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一番多い原因は「エアコンガスの不足」

エアコンガスは抜けないようにはなっているんですが、車のエアコンって劣化や走行中の振動などにより、接続部などからほんの少しずつ自然に抜けていきます。

そして、エアコンガスが少なくなると適正な圧力がかからず、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

なので、エアコンは動いている(スイッチは入っている)けど、しっかりと冷えないって場合の原因で一番可能性が高いは「エアコンガス不足」です。

その場合の対処としては、まずはガスの量(圧力)のチェック、そしてガス量が少なければガスの補充になります。

といっても、道具(ゲージマニホールド)と補充する冷媒ガス、そして作業の知識が必要になるので、とりあえず車屋などで見てもらうって感じです。

ガスの補充はどこで出来る?

エアコンガス量のチェックと補充の作業出来るところ(店舗)は、

  • ディーラー・町の修理屋
  • ガソリンスタンド
  • 大型のカー用品店(オートバックスなど)
  • いろんな作業をしているタイヤ屋・電装屋

などで、けっこうどこでもやっていて予約なども必要なくその場で(待ち時間はあるけど)やってくれるところが多いと思います。

作業時間は、他に(故障など)何もなく補充だけなら20分~50分ってところです。

料金の相場

エアコンガスの補充の料金は、使用するガスの本数(車の大きさ)によって変わってきて、

  • 軽自動車(1~2本) 3,000円~7,000円
  • 小型~中型車(2~3本)5,000円~9,000円
  • 大型車・1BOX(3~4本)7,000円~12,000円

ってところやと思います。そして、料金の内容(内訳)でいうと、

  • 基本の作業料(工賃)2,200円~5,500円
  • エアコンガス(134a 1本)1,100~2,200円 × 使用本数

って感じなんですが、店によって料金はけっこう違ってくるんですよね。

料金の設定も、分かりやすく「車種(車の大きさ)別で一律」だったり、普通に「工賃と使用したガス代」など店によって変わってきます。

価格の安い店ってどこ?

おっさんの勝手な考え方になるんですが、町の修理屋や車屋(中古車など)がけっこう安いんじゃないかなぁって思います。

っていうのも、修理屋や車屋ってエアコンガスの補充はサービス的な作業の1つって考えをしているところが多いんですよね。

ま~、作業も難しくなく手間も時間もかからないし正直、ガスの価格(仕入れ値)もそんなに高いモノではないです。

だから、そこで利益をそんなにとらなくても、また他の修理や車検などで来てくれたらいいかなぁって感じで考えている店が多いと思います。

それに、車検時や他の修理時に、エアコンの効きが気になってサービス(ガス代だけなど)で、補充をしたりすることも普通にあったりします。

逆にその他の店は「ちゃんと利益を出す作業の1つ」って考えで料金設定をしている事が多く、その料金が一般的な相場になっていると思います。

そもそも、修理屋ってエアコンガス補充作業って修理でも無いしなぁって感じの考え方をしている店が多いので他の店と違うって感じですね。

ガスの劣化

現在のカーエアコンで使われているガス「R134a」は、昔のガス(R12フロン)に比べて劣化しやすい(水分や不純物が混ざりやすい)といわれています。

なので、ガス量は適量範囲内で部品の故障(劣化)の可能性も低いって場合は、ガス自体の劣化(冷却性の低下)の可能性があります。

「冷えてるっていえば冷えてるけど、なんか効きがイマイチやなぁ」って感じですね。

その場合の対処方法としては「エアコンガスクリーニング」「全て新しいガスに入替」がおすすめ(一般的な方法)です。

そして、一緒にエアコン添加剤(パワーエアコンなど)を入れたりすると、さらに効きが良くなったり、部品の保護・動作音が静かになったりします。

エアコンガスクリーニング

エアコンガスクリーニング

出典:ジェームス エアコンガスクリーニング

専用の機器を使って古いガス(オイル)をすべて取り出し、水分や不純物も取り除きガスを規定量(抜けている分は補充して)入れ直す事をエアコンガスクリーニングっていいます。

ただ、専用機器を使った作業になるので、その機器を持っている店でないと出来ないです。

それじゃ、どういう店でガスクリーニングが出来る(専用機器を持っている)かっていうと、けっこう高価な機器になるので、

  • 大型のカー用品店
  • ディーラー・大型のカーショップ
  • いろんな作業をしている町の修理屋
  • いろんな作業をしているガソリンスタンド・タイヤ屋
  • 電装屋

で、おおまかにいうと、いろいろな専用機器を持っていそうな(設備にお金をかけていそうな)「いろんな作業が出来る店」ですね。

料金に関しては、

  • 基本料金 7,000円~10,000円
  • 抜けていた分のガス補充 グラム11円~(ガス1本分なら2,200円~
  • 添加剤(パワーエアコンなど)も一緒に入れるなら、+3,500円~

ってところじゃないでしょうか。

お店によって多少は料金は違ってきますが極端に安いって店はなくて、どこでも同じような作業内容(プラン)・料金設定って感じやと思います。

ガスの入替(全部)

古いガスを全て抜き取り真空引きして新しいガスに入替えます。

町の修理屋などは、ガスクリーニングが出来る専用機器を持っている店って少ないので、ほとんどこの方法になると思います。

料金は、

  • 基本の作業料(工賃)3,300円~5,500円
  • エアコンガス(1本)1,100~2,200円 × 使用本数
  • 添加剤(パワーエアコンなど)も一緒に入れるなら、+3,500円~

ってところで、ガス補充と同じような料金設定でやっている店が多いですが、店によってけっこう料金が違ってきます。

やっぱり、ガスの入替であれば上記で説明した補充の時の考え方と一緒で町の修理屋(車屋)が安いかなぁって思います。

ガス補充じゃなく、やるならガスクリーニング?

とりあえずガスの補充だけしようかなって考えでも、行った店がガスクリーニングの専用機器を持っている店であれば、

「残っているガスは劣化していて補充しただけでは冷却性能がちゃんと戻らないかもしれないので、ガスをキレイにして入れ直したほうがいいですよ」

って、ガスクリーニングを勧められる事が多い(ほとんど)と思います。

たしかに、ガスが減っているのであれば補充だけよりもクリーニングをやったほうがいいのかっていうと、クリーニングしたほうが、たぶん効きは良くなります。

でもこれって、「補充はダメ、クリーニング(入替)!」って事では無く、キレイなガス(とオイル)に入替えるクリーニングの方がそりゃいいよねって話です。

どっちかっていうと付加価値が付いた作業の部類になると思うので、費用とかその人の車に対する考え方で変わってくる思います。

ガス不足で効きが悪くなっているのであれば、補充で普通に効きはよくなると思いますが、それ以上を求めるかってところじゃないでしょうか。

なので「専用機器を持っている店はガスクリーニングをとりあえず勧める」「専用機器を持っていない店はその症状で判断する」って感じです。

まとめ

エアコンの効きが弱い場合の原因って「ガス不足(漏れ)」「ガスの劣化」の他に、

  • コンプレッサーの劣化(故障)・エバポレーターの汚れ・目詰まり
  • 各部品の劣化・寿命・詰まり(エキパン・レシーバーなど消耗品と言われる部品)
  • フィルター・ファンの目詰まり
  • ラジエーター関係の不具合(故障)

など、可能性で言うといろいろあります。でもやっぱり「ガス不足」が一番多く、他に不具合があってもある程度、ガス補充で効きが良くなる事も多いです。

なので、「エアコンの効きが弱いなぁ」って思った時は、とりあえず最初は「ガス補充」からです。

それから、効き具合に納得出来るか(それ以上求めるか)で、修理費用とか車の使い方(あとどれくらい乗るか)とかで考えていったらいいんじゃないでしょうか。

っていうのも、エアコン関係の修理ってけっこう費用がかかっちゃいますから。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス・修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com