トヨタのハイブリッド車 補機バッテリーの交換時期は?価格は高いの?

日ごろのメンテナンス

プリウスなどのハイブリッド車に乗られているお客様から質問される中で多いのが

「補助バッテリーって何?補助バッテリーがダメになったらどうなるの? 」

「それって定期的に交換しないといけないの?値段は高いの?」

って感じですね。

トヨタのハイブリッド車の場合、パワースチッチを押してもはじめにエンジンがかからないので、バッテリー上がりってイメージもないですもんね。

しかし、補機バッテリーがダメになってしまうと「バッテリー上がりでエンジンがかからないと同じような症状」になってしまいす。

なので、普通のバッテリーと同じように定期的な交換が必要になります。

そこで、補機バッテリーの説明と交換時期について説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、補機バッテリーってどこにあるの?

出典: パナソニック caos ハイブリッド

プリウスで言えば、トランクルームの右側にあります。

デッキカバーなどを取り外すとバッテリーが見えます。

他の車種でも、ほとんどが車内後部にあり同じような位置にありますね。

交換も車屋(ディーラーなど)で車検や点検などの時に必要交換部品として交換する人が多いので、補機バッテリーがあることすら知らない人も多いと思います。

ま~、日常での点検を必要としないバッテリーなので、自分で交換をしようという人じゃなければ、場所を知る必要もないですけどね(^^;)

補機バッテリーがダメになるとどうなる?前兆はある?

バッテリーがダメになると、普通の車のように「バッテリーがあがって、エンジンがかからない」って感じになります。

正確に言うとハイブリッドシステムが起動しなくなり、「Ready」のマークが点灯しなくなります。

バッテリー上がりの症状としては普通の車と同じですね。車が動かなくなります。

前兆としては、セルモーターがないので普通の車のエンジン始動時の「キュルキュルが元気ないからバッテリーは寿命かな?」って感覚的なところはないですね。

ハイブリッド車の場合、補機バッテリーの電圧が低下してくる(寿命に近づく)とディスプレイに「補機バッテリー(始動用)充電不足」の表示が出るようになります。

しかし、普通の車も同じですが、長期間車に乗らなかったりすると前兆なくエンジンがかからない場合も多いです。

おっさんの経験から言えば、急に「Ready」のマークが点灯せず始動できなり、ディスプレイに警告が出るといったパターンが多いですね。

バッテリーが上がった時の対処方法は、普通の車のようにバッテリーを繋げてエンジンをかける(HV始動)といった感じです。

補機バッテリーの交換時期の目安は?


普通の車のように、「バッテリーが弱くなってる感じやから、そろそろ寿命かなぁ」って、感覚の判断は難しいところです。

年数が経っているバッテリーの状態は電圧を調べてみたり、コンピューターチェックしてみたりするとある程度分かりますが、個人では難しいですね。

なので、個人で管理するのであればバッテリーの状態に関係なく定期的に(年数で決めて)交換するのがおすすめです。

車の乗り方(使い方)によって当然違いはありますが、町の車屋(修理屋)の意見で多いのは、「一般的な使い方で4年毎の交換」ですね。

例えば、新車購入の場合、1回目の車検(3年目)もしくは2回目(5年目)で交換して、あとは4年毎の車検時に交換って感じです。

3年毎の交換をおすすめする車屋(ディーラーやカー用品店)も多いですが、トヨタ車用の補機バッテリは価格が高いので4年毎でいいんじゃないのっておっさんも思います。

専用の補機バッテリーは、なぜ高い?

バッテリーを交換しようとネットで調べてりディーラーで値段を聞くと「え、そんなに高いの?」ってビックリする人も多いと思います。

トヨタのハイブリッド車専補機バッテリーは、普通の同じサイズのバッテリーよりも2~4倍、価格が高いですね。

なぜ、そんなに高いのかと言うと、充電容量(性能)が通常よりかなり大きいというわけではなく、バッテリー自体の構造の違いですね。

通常、自動車のバッテリーは充電(使用)するとガスが発生します。

エンジンルームにあるバッテリーはガスが発生しても関係ないですが、室内に置くバッテリーであれば対策が必要になりますね。

なので、ガスを制御(電槽内で吸収・還元)する機能と発生しても社外に排出する機能がある「VRLA」という構造のバッテリーになってしまいます。

特殊な構造のバッテリーなのが価格が高い理由です。

それに、多くのメーカーが性能自体を上グレードで設定しているので、それも高い理由の1つですね。

おすすめバッテリーは、この2種類!

バッテリーをディーラーで交換する人は多いと思いますが、プリウスやアクアなどの小さいサイズ(S34B20R)でもディーラ交換であれば工賃込で3~4万は普通にします。

なので、おっさんは、お客様からバッテリー交換の相談をされた時は、価格的に安い社外品バッテリーをおすすめしています。

社外品と言っても有名メーカーの物を選べば、性能や寿命など何も問題ないですね。

トヨタのハイブリッド車用の補助バッテリーの定番と言えば、

  • パナソニックの「caos ハイブリッド車(補機)用」
  • GSユアサの「ECO.R HV」

ですね。普通の使い方であれば4年は安心して使えるって思える商品です。

たぶん、車屋(修理屋)に交換依頼した時に商品を指定しなければ、このどちらかになることが多いです。

ディーラーでも取り扱っていて性能・価格的におすすめしているところも多いですね。

ただ、カー用品店やガソリンスタンドであれば、そこそこ高いと思います。

やっぱり、バッテリーはネット(通販)で買うのが一番安いですね。正直、おっさん(車屋)が部品屋から仕入するより安いです…

交換も普通のバッテリー(エンジンルームにある物)の交換が出来る人であれば、自分で交換出来ると思います。

少し交換方法が違いますが、ネットで調べれば交換方法を詳しく説明しているサイトも多いので、とくに難しいことはないと思いますね。

バッテリー交換の費用を安くしたいと言う人には、ネットで買って自分で交換してみてはどうでしょうか

まとめ

上記で説明したように、トヨタ車ハイブリッドの補機バッテリーは使用年数で管理して交換サイクル決めることをおすすめします。

ただ、あまり車を乗らない人であれば、バッテリーの価格が高いので「ギリギリまで使ってバッテリーが上がったら交換する」って感じでも良いと思います。

実際には、5~6年は大丈夫だったって言う人(お客様)もいますし。

車屋の意見(アドバイス)としては間違っているかもしれないですが、なんせバッテリーの価格が高いですもんね。

なので、その人(ユーザー)それぞれの乗り方(用途)や交換に対する考え方を優先したほうがいいかなって感じです。

ま~、最近は保険にロードサービスが付いているのでバッテリー上がりしても「どうしようも出来ない」なんて状況にはならないと思いますし(^^;)

最後に確実に言えるのは、バッテリーはネット(通販)が安い!ってとこですね。

車屋からしたら、「おいおい、店でバッテリー売りにくいやん」って感じです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com