ガソリンタンクの水抜き剤って効果があるの?本当はどうなの?

日ごろのメンテナンス

ガソリンスタンドで給油中に店員からよく勧められるのが「水抜き剤」やと思います。

「ガソリンタンクの水抜き剤を最近は入れられていないみたいなので、入れておきましょうか?」

なんて感じで、店員は当たり前のように勧めくることが多いと思います。

でも、ほとんどの人が、

「水抜き剤って定期的に入れておかないとアカンものなん?入れて大丈夫?」

って、ちょっと疑問に思う人って多いんじゃないでしょうか。

なので、おっさんもお客様から水抜き剤についてよく聞かれたりしますが、

「入れる意味ってあんまりないですね。どちらかと言うと入れないで下さい!」

って、逆にキッパリ答えてます。かなり否定的な意見です。

それじゃ~、なぜ「水抜き剤」っていう商品が売られていて、ガソリンスタンドでよく薦められるのか疑問になっちゃいますよね。

なので、車屋側からした「水抜き剤」の考え方をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ところで、「水抜き剤」ってどんなもの?

簡単に説明すると、ガソリンタンク内の空気中の水分が結露して、そのままにしておくとタンクの底に水が溜まってしまうことがあります。

これは、ガソリン〈油)と水が混ざらないので、比重が重い水が下に溜まっていくという現象です。

そうなると、どのような不具合が起きるのかと言うと、

  • タンク内が錆びてしまい、最悪の場合、穴が開いてしまかもしれない
  • 冬期に(地域によって)燃料パイプ内の水分が凍結することがある
  • 水が燃料フィルターなどに入ると目詰まりしてガソリンをちゃんと吸い上げなくなる
  • エンジンに水が入ると不具合の原因になる(最悪エンジンが故障する)

などです。

ま~、よくあるガソリンスタンドの店員の説明ですね(^^;)

そのような不具合(故障)が起きる前に溜まった水分を除去するといった製品が「水抜き剤」です。

これで水分がタンク内で無くなるわけではなくて、ガソリンと水分が混ざるようにして一緒にエンジンに送ってしまうというものですね。

一般的に売っているモノはこんな商品(製品)です。

そもそも、そんな不具合(故障)が起きるの?

答えから言うと、最近の車はそんな不具合(エンジンがかからないとかタンクに穴が開くような症状)は起きないですね。

昭和~平成の初期の時代の車であれば、そういった不具合が地域(寒暖差の激しい地域や湿気が多い地域)で起きたかもしれないですけど…

なので、水抜き剤の効果(勧める理由)として一番は、タンク内の錆び予防やと思います。

しかし、最近の車のガソリンタンクは樹脂製が多いので、ます錆びないです。

もちろん、金属製のタンクもありますが「防錆コーティング」が施されているので、少し水が溜まっているぐらいではタンク内が錆びる心配はほとんどないです。

それに、最近の車はタンクの密閉性や構造などにより昔の車に比べて、水分がほとんど溜まらいないようになっています。

気持ち水分が溜まったとしてもそれが原因で何らかの不具合(故障)が起きる可能性はゼロに近いですね。

そもそも、ガソリンタンク内に水が溜まって故障の原因になる可能性がであれば、メーカーで対策をしたり車検や点検の時に点検項目になりますよね。

ガソリンスタンドで勧められる理由は?

やっぱり、簡単に勧めれて(売れて)利益になるからやと思いますね。

作業的には、ガソリンタンクに入れるだけなので時間はほとんどかかりません。

誰にでも出来ますし、ガソリンを入れる前にちょこっと入れるだけです。

価格もカー用品店などであれば200~500円ぐらいで売っていますが、ガソリンスタンドであれば500円~1000円ぐらいで売っているので簡単に利益が上がりますよね。

お客様もそれぐらいの金額で手間や時間がかからないし、店員(プロ?)に勧められると、

「ま~高いものじゃないし、車に良いものやったらええかなぁ」

って感じになってしまいますよね。

それに効果が分からない商品なので、「気持ち的に安心」というセールストークが出来て、車の知識のない人には売りやすいと思います。

こんなことを言ったらガソリンスタンドの人に怒られるかもしれないですが車屋や修理屋は、ほとんどこんな感じで思っています。

逆に「水抜き剤」が原因で不具合が…

おっさんの車屋としての経験になりますが、水抜き剤を入れて故障(不具合)を防げたなんて話を聞いたことがありません。

ま~、効果があっても何も起こらない(故障しない)だけなので分かりませけど(^^;)

ただ逆に、特定は出来ませんが不具合が出たかもしれなということが何度かありました。

過去にあったケース

お客様から急にエンジンの調子が悪くなった(止まりしないが常に不安定でブルブルする)という症状で車をお預かりしました。

修理屋が調べたところとくに異常な箇所も見つからず原因がイマイチ分からないという状況でした。

原因が分からないため、お客様にいろいろと聞いたところ「ガソリンスタンドに行った時に水抜き剤を入れた」ということが分かりました。

とりあえず、ガソリンを入れたばっかりでしたが、1度ガソリンを全て抜きとって新しくガソリンを入れ替えて様子を見ることにしました。

少し、前のガソリンを使い切るまでエンジンをかけっぱなしにしていたら、症状が改善したというケースでした。

水抜き剤が原因だという確定は出来ませんが、その後は不具合が起こらなかったので水抜き剤が原因の可能性が高いという結論になりましたね。

普通の水抜き剤を適量入れたぐらいでは、まず不具合が起こることは無いと思います。

なので、よっぽどの製品が粗悪品大量に入れすぎたのか車との相性が悪かったのではないかって感じです。

地域や車の使い方によっては必要?

実際、大阪に住んでいるおっさんは過去に1回も水抜き剤を入れたこともないですし、必要って思ったことはないです。

それに修理屋や他の車屋からも「入れた方がいい」なんて話を聞いたことはありません。

ただ、寒暖差の激しい地域や湿気が多い地域では少し考え方が違うのかもしれませんね。

今でも、やっぱり車を使用する地域で車の使い方(状況や季節)や車種などにより”水抜き剤は効果的”って考えもあると思います。

なので正直、全ての車、全ての地域で(全国的に考えて)必要か意味がないのかってなると、ちょっと分からないです(^^;)

ま~、普通に水抜き剤も売っているってことは需要もあるってことですし(^^;)

まとめ

どちらかと言うと、車屋や修理屋は、水抜き剤もですがエンジンやラジエターの添加剤や清掃剤などのカーケア製品に対しては、

「その製品の必要性や車に対しての効果(リスク)が、ちゃんと分かっていないのであれば、安易な考えで入れないほうがいい」

っていう考え方が多いと思いますね。

なので、「入れてみようかな」って思っても1度、車屋などに相談してみてからのほうがいいかなぁって思います。

最後に水抜き剤に関しては、全ての車種・使い方やどんな地域(環境)であっても必要がないとは言えませんが、普通で言えば必要がないと思います。

一番最初に説明しましたが、おっさんは無意味やと思いますね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com