車をあまり乗らないからバッテリーがよく上がってしまうって人には!

日ごろのメンテナンス

お客様から車のトラブルで連絡がある時、多い内容の1つと言えば、

「エンジンかからへん、バッテリーかな~(-0-;)」

っていう症状ですね。

症状を詳しく聞いてみると、やっぱり多くの場合がバッテリー上がりが原因でエンジンがかからないっていう感じです。

バッテリーが上がる原因としては、

  • バッテリーの寿命(使用年数や走行距離で)
  • ランプ類(ルームなど)を付けっぱなし(放置)
  • あまり乗らない(使わない)ので、充電(容量)不足

のパターンが多いです、っていうか、ほとんどですね。

対処方法としては、他の車からケーブルを繋いで「とりあえずジャンプスタートしてかける」「新品にバッテリー交換」などです。

ただ、「乗らないから、バッテリーが上がってしまう」って人は、その場の対処だけでは、またバッテリーが上がる可能性があります。

なので、バッテリーを新品に交換したとしても、今後またバッテリーが上がらないようにするための対策(予防)が必要になってきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな状況や車が上がりやすい?

あまり車を使わない(乗らない)お客様によく聞かれるのが、

「どれくらい乗らないとバッテリーって上がるの?」

です。とくにバッテリー上がりをしたことのある人からは必ず聞かれますね。

ちゃんと車屋らしく答えるのであれば、「使い方・状況や車種、バッテリーの状況でダメになる期間は違う」ってところです。

ただ、そんな答えは求められてないので、簡単に言うと、

小型車や軽自動車だったら、新品バッテリーでも1~2か月で上がる可能性がある

って感じです。

さらに、たまにしか乗らないのに乗っても“チョイ乗りばっかり”って感じであれば、もっと早く上がるかもしれません。

やっぱり単純に、小型車や軽自動車は“バッテリーサイズが小さい(B19がほとんど)”っていうのと“充電能力も小さい”っていうのが理由の1つですね。

バッテリーの容量が小さいので満充電でも乗らなかったら上がるのは早いですし、車(エンジン)が小さいと充電能力も小さいので、”チョイ乗り”では、十分に充電されません。

逆に2,000ccクラスの普通車でバッテリーのそこそこ大きいサイズが付いている車種であれば、1~2か月で上がるってことは少ないと思います。

ってことで、乗らなかったらバッテリーが上がりやすい車や状況は、

  • 小さいサイズのバッテリーの小型車や軽自動車
  • 充電制御やアイドリングストップが付いていない車種
  • 月に1~2回しか乗らないに乗っても”チョイ乗り”程度

のような車で使い方をしていると、バッテリーが上がりやすくなるので日ごろからバッテリーに関しては気にする必要がありますね。

充電制御やアイドリングストップが付いている車はもともと、ちょっと性能の良いバッテリーが付いているので、普通のバッテリーよりも上がりにくいと思います。

バッテリー上がりの予防(対策)は?

あまり乗らない場合の対処方法は2つあります。

と言っても、おっさんがお客様にいつも説明している考え方で、本当はもっと良い方法があるかもしれませんけど(^^;)

できれば、定期的に乗るように心掛ける

1つは、本人が日ごろ出来るバッテリー上がりの予防として、

・定期的(2~3週間に1回程度)は1時間以上乗るように心掛ける

です。それぐらい乗っていればバッテリーは充電されますが、数十分ぐらい乗る程度では十分ってほどではないですね。

1時間ぐらいでもバッチリ充電されているってこともないですが、最低これぐらい乗っとけば大丈夫かなって感じです。

これで、ある程度は、“あまり乗らないからバッテリー上がる”ことが防げるんじゃないでしょうか。

でも、「それもなかなかねぇ…」って人も多いと思います。

そもそも、あまり車に乗らないのにバッテリーの為に車に乗る時間を作るって、なかなか難しいですもんね(^^;)

なので、あまり対策にはならないので、お客様に説明しても「それは却下」ってなることがほとんどですが「できれば」って感じの対策です。

チョイ乗りに適したバッテリーに交換する

もう1つの方法というか、こっちがおすすめで

・バッテリーを性能の良い物(長持ちタイプ)に交換する

ことです。

一言で性能の良いバッテリーと言ってもいろんなメーカーからいろんな種類が売られていていますが、

“チョイ乗り”に適しているってバッテリー

っていうのも売られています。

そういったバッテリーに交換することで、バッテリー上がりの対策(予防)が出来ますね。

ただ、「あまり車に乗らないのにバッテリーにお金をかけるのはなぁ…」って考えの人も多いと思います。

高性能タイプのバッテリーって、カー用品店などでは普通(スタンダード)のバッテリーに比べると、けっこう高いですもんね。

でも、バッテリーの場合、ネットショップで探せば、なかり安く買える場合が多いです。

ネットで売っている価格ぐらいで交換出来れば、バッテリーが上がった時の手間や費用の事を考えて比べても、安上がりで済むと思います。

なので、おっさんはお客様に対策として少し費用が高くなるけど、性能の良いバッテリーの交換をおすすめしていますね。

おすすめバッテリー

それじゃ~、どんなバッテリーがいいのか?って言うと、

パナソニック バッテリー CAOS

出典 : パナソニック カーバッテリー

「パナソニック caosシリーズ(ブルーバッテリー)」 → 公式HP

を、おっさんはお客様におすすめしています。

パナソニックの中では最上位グレードで、「高性能」「大容量」「長持ち」を売りにしているバッテリーです。

おっさんの経験上、“あまり乗らないのに乗ってもチョイ乗り”でもけっこうバッテリーが上がらず長持ちするバッテリーやと思っています。

それに、性能などを考えると実売価格がそこそこ安いのでお客様の負担が少ないっていうのもおすすめ理由の1つですね。

店舗(カー用品店など)ではそこそこ高く売っているかもしれませんが、ネットではけっこう安く売っていると思います。

たぶん、車屋(修理屋)なども安いかもしれませんね。(仕入れ価格は、そこそこ安いのでおっさんの店では安く売っています)

他のメーカーにも同じような商品がありますが、「効果(性能)」「価格」のバランスで考えるとコレやと思います。

実際に“今まで販売したきたバッテリーの中でも”このバッテリーは長持ちするなぁって感じです。

車種によって、サイズや種類(アイドリングストップ用など)がありますので、1度ネットで価格を調べてみてはどうでしょうか。

・バッテリーのサイズ・種類を調べるには → パナソニック バッテリー適合検索


まとめ

「あまり乗らないからバッテリーが上がってしまう」って困っている人ってけっこう多いんですよね。

正直、対策(予防)は個人や車屋(修理屋)で、いろいろ考え方があって車種や保管の状況などで、コレが正解って言うのは無いと思います。

でも、やっぱりおっさんは、上記で説明した“バッテリを高性能(長持ちタイプ)に交換する”のが手っ取り早い方法(対策)やと思います。

それと上記で説明したように、“ネットでの価格ぐらいで買えたらおすすめ”って考え方なので、店舗で買うのであれば、どうかなぁ?って感じです。

ちなみにおっさんの店は、他で高く売っている高性能なバッテリーでも安くさせてもらっているので、お客様にとっては一番良い方法やと思っています。

ま~、お客様が高い価格で売るのを許してくれないだけなんですどねぇ(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com