バッテリーの交換時期の目安は?バッテリー上がりの前兆はある?

自動車バッテリーの交換のタイミングはいつ?


意外とバッテリーを定期的に交換する人って少ないですよね。

交換時期の目安などはありますが、とくに問題なくエンジンもかかるし、調子も悪くないのに交換するのってもったいない気がしますよね。

なので、一番多いバッテリーを交換する理由(タイミング)は

「バッテリー上がったから」か「バッテリーが上がりそう」

っていうのがほとんどです。

しかし、毎日車を使っている人や決まった使い方をしている人はバッテリーが上がってから(上がる手前)の交換になると車を使えなくなるので非常に困りますよね。

そこで、おっさんがお客様にいつも説明している「バッテリーの交換時期・交換の目安」を説明していきます。

プリウスなどのハイブリッド車の補機バッテリーの交換時期は ↓↓↓

価格は高いけど補機バッテリーの交換は定期的に! プリウスなどのハイブリッド車に乗られているお客様から質問される中で...
スポンサーリンク

バッテリーの定期交換するなら保証期間が目安


バッテリーを購入する時に外箱に「2年保証や3年保証」って書いてありますよね。

バッテリーの場合は、他の商品(部品)の保証期間とは意味(内容)が違います。

どちらかというと食品の「賞味期限」みたいな感じやと思います。

おっさんが勝手に解釈すると

「普通の使い方で保証期間内は安心です。それ以降も使えますが、いつバッテリーが上がっても(弱くなっても)おかしくないです。」

って感じですね。

なので、定期交換を考えている人であれば2年保証(普通の値段のバッテリー)を購入して、車検毎に交換するのがベストやと思います。

正直、最近のバッテリーは基本性能が上がっていますので2年ぐらいでバッテリーが上がることはほとんどなくまりました。

ただ、仕事や通勤などで毎日車を使う人であれば、安心を買うという意味で2年毎(車検時)の交換をおすすめします。

バッテリーの選び方は ↓↓↓

なんとなく高いバッテリーを買っていませんか? みなさんはバッテリーを買う時にどうゆう選び方をしていますか? バッ...

バッテリーが弱くなってから交換したい場合は?


たぶん、一番多い考えやと思います。おっさんもこの考え方です。

ただ、仕事や通勤などで毎日車を使っている人には、あまりおすすめ出来ません。

それ以外(遊びや買い物など)の使い方であればバッテリー上がり(寿命)の前兆がきてからの交換でもいいかもしれませんね。

その理由としては、バッテリーの製造メーカーは想定している使い方(走行距離)などよりも車を使っていなければ、バッテリーが長持ちする可能性が高いからです。

おっさんの経験では、2年保証のバッテリー(普通の値段)で毎日使わない人であれば3~4年は大丈夫なことが多いです。

それと、今の自動車(任意)保険に無料のロードサービスがほとんど付いてるので、気持ち的に安心ですよね。

仮にバッテリーが上がっても、対処方法(ロードサービスを呼ぶ)が分かっていて「手間(時間)はかかってもお金はかからない」って心に余裕が出来ますよね。

バッテリー上がり(寿命)の前兆の見きわめ方


バッテリーが弱っている時や上がる手前の見きわめ方は、なかなか難しいですがいくつかのポイントがあります。

このポイントにあてはまるのであれば、交換時期(寿命)になります。

エンジンのかかりが悪い


エンジンをかける時に、普段であれば「ギュルギュルギュル」と元気よく早い間隔でセルが回る音がすると思います。

しかし、「ギュル、ギュル、ギュル」と鈍く弱い感じであれば、すぐに交換になります。

エンジンをかけるのが一番バッテリーに負担をかけるので、セルの回す音が弱ければバッテリーが弱っているとすぐに判断できます。

この場合、早くて当日、遅くても2~3日でバッテリーが上がる可能性が非常に高いので、すぐに交換が必要になります。

ヘッドライトが暗くなったりする


ヘッドライトを点けている時(夜)に、信号待ちなど前の車に当たっているライトの明るさが暗くなっているなど感じた時や明るさが安定しない時はバッテリーが弱くなっている可能性が高いですね。

走っている時(エンジンの回転数が上がっている時)は、充電されていてバッテリーにあまり負担がからないのでヘッドライトの明るさは変わりません。

しかし、信号待ちなどの時は充電がほとんどされないのでバッテリーの弱さが明るさに影響します。

ただ、いつも車を使っているとヘッドライトが徐々に暗くなってきているのに気づくことは難しと思いますね。

なので、下記のように一番電気を使っている時にヘッドライトの明るさを見てみるのが簡単な方法です。

  • ヘッドライトを点けている
  • エアコンをONにしている
  • ワイパーを動かしている
  • ウィンカーをだしている

このように電気をよく使う部品を動かしている時は、バッテリーが弱ければヘッドライトの明るさが大きく変わることがあります。

雨の日の夜などに信号待ちで、上記のすべての部品をONにして、OFFにした時にヘッドライトの明るさが大きく変わったり安定しないのであればバッテリーの寿命が近いと判断できます。

もう一つは、上記のすべての部品をONにしている時にパワーウィンドを動かしていつもより極端に動きが遅い(鈍い)ようであれば、バッテリーの寿命が近いと判断できます。

ただ、パワーウィンドは、他に電気を使っていると普段でも動きが少し遅くなります。

ヘッドライトが消費電力が少ないLEDライトやハイブリッド車などの電子制御の車種は、この方法でのバッテリーの見きわめ方は難しいかもしれません。

アイドリングストップがしなくなっている

アイドリングストップ付きの車であれば、

「最近、前と比べて信号待ちでも、ぜんぜんエンジンストップせ~へんなぁ」

って思ってきたら交換の目安になります。

バッテリー自体の性能が低下して短時間で充電出来なくなってきていて、車のコンピューターがエンジンを止めないって判断しているって感じです。

症状で言えば、秋~冬場でも「夏場にエアコンを全開にしている時にエンジンストップしない」ような感じですね。

これは、すぐバッテリーが上がると言うより、アイドリングストップ用のバッテリーの寿命が近づいてきたという判断が出来ると思います。

バッテリーの上がりやすい時期がある!


よくお客様からバッテリーが上がったという連絡がくる時期があります。

それは、「夏の終わりから冬のはじまりの時期」です。

これは、気温が下がり始めた時の変化に弱いバッテリーが対応できなくなってきているからです。

例えば、

  • 暑くなってきたのでエアコンを使いはじめた
  • 秋になって涼しくなったのでエアコンを消しはじめた。
  • 11月ごろから急に気温が下がった。

など、使用年数が経ったバッテリーが徐々に弱くなってきているところに、いつもと違う状況になると急にダメになってしまうことが多いです。

これは、車屋の経験からの意見になりますが2~3年ぐらい経っているバッテリーは9月の終わりごろから12月のはじめぐらいが要注意やと思います。

あと、2月などの急な寒波がくる時期もバッテリー上がりが多いので要注意です。

「年数は経っているけどバッテリーは元気で、まだまだ大丈夫かな」

って感じでも、急に寒くなって、エンジンがかからなくなってしまうパターンですね。

正直、このパターンはかなり予測しづらいので、あきらめるって感じが多いです(^^;)

電圧や比重を計ってみての判断はどうなの?


ガソリンスタンドやカー用品などで、電圧や比重を計ってもらいバッテリーの交換時期を判断するといったことが多いですね。

しかし、おっさんは「あまり意味がないかなぁ」って思います。

たしかに、電圧や比重の数値での判断は昔からのやり方です。

ただ、2年以上使っているバッテリーは、まだまだ大丈夫であっても計れば数値が低くなることが多いです。

この方法を基準としての考えであれば2年ぐらいで、ほとんどのバッテリーが交換時期になっやいますね。

それに、電圧と比重が比例して数値がでるわけでもなので、電圧はOKだけど比重はダメっていうこともよくあります。その逆もあります。

「バッテリーは元気だけど、年数が経っているからあとどれくらい大丈夫なのかなぁ」って思っている人には、あまり関係ないと思います。

なので、おっさんはお客様にバッテリーの説明する時に電圧や比重はあまり関係ないと言っています。

まとめ


バッテリーも車の消耗品の1つですが、他の消耗品みたいに車屋(修理屋)が車検や点検の時に判断して交換するのとは違い、お客様自身に判断をしてもうらことが多いです。

それは、個々の車自体のバッテリーとの相性や車の使い方・電装品(オーディオやモニター)などにより大きく交換時期が異なるからです。

普段から車を使っている車の持ち主でないと判断しづらい部品だと言えます。

車屋が交換時期をアドバイスするのであれば、2年保証のバッテリーであれば2年(車検毎)で交換するのが安心と簡単にアドバイス出来ます。

ただ、やっぱり人それぞれの使い方・考えでの交換時期になるとおっさんは思います。

この記事を読んでもらって、自分の車の使い方に合ったバッテリーの交換時期のちょっとした参考にでもしてもらえたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

フォローする