プリウス 30系 ヘッドライトのバルブを低価格LEDに交換

取付・加工・作業いろいろ

お客様のご依頼でプリウス30系 前期型のハロゲンのヘッドライト「ハイビーム」「ロービーム」「フォグランプ」のバルブを社外品のLEDに交換です。

おっさんの店ではよくあることですが、とくにモノ(製品)の指定(こだわり)は無く、販売から取付けまで全てお任せで、お客様のご希望は、

「とりあえず、ネットで売っているような安いモノ(価格重視)でええけど壊れないモン」

です。安物で壊れないっていうのは、一番言われる難しい注文なんですけどね(^^;)

この辺りの安物のLEDやHIDは部品屋などで仕入するモノもネットショッピングやヤフオクで買う物も基本的に同じような商品がほとんどです。

はっきり言って部品屋などで仕入するよりネットショップなどのほうが価格の安いのでおっさんはいつもネットで普通に買っています。

2016年(H28年)7月の取付け作業の記事です。
車種は、プリウス 1.8S DAA-ZVW30 前期型 2009年(H21年)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットで安いモノを買うなら

おっさんが、よく安いHIDやLEDライトなどをネットで買う時の店は、

光トレーディング(paypayモール店)

車の光物やモニター類、蛍光灯や投光器など主にLED商品を販売しているショップです。

この「光トレーディング」という店は、楽天市場ヤフーショッピングに出店しているネットショップです。

おっさんがこの店の商品を選んだ理由としては、「価格」っていうものありますが、

「価格に対しての商品の良さ」「初期不良の少なさ」「発送の速さ」

っていうイメージがあるからですね。

このLEDバルブの購入・取付もそうですが、HIDに関してもいろいろな店で購入・取付してきて、その中でも商品が良く故障も少ないって感じです。

それと、社外品HIDが流行り始めた時からあった店でず~と続いているのでそれなりに信用度もあるかなってところですね。

商品の保証期間やその時の対応ですが、おっさんは初期不良や保証期間内の故障での交換がないので店の対応などは、正直ちょっと分からないです(^^;)

購入したのは「光トレーディング X-LED CC」

そして、今回この店で購入したのが、

光トレーディング X-LED CC

「ハイビーム HB3」「ロービーム H11」「フォグランプ H11」の3セットです。

LEDライトは他に何種類かありましたがコレに選んだ理由は、たまたまネットでこの商品がキャンペーンで安かったからですね(^^;)

光トレーディング X-LED CC
光トレーディング X-LED CC

商品の見た目は、なかなか良さげやと思います。でもやっぱり電気回路部分(別体の長方形の物)が少し邪魔な感じです。

他に取付が楽な電気回路部分も本体に内蔵の「オールインワンタイプ」も販売されています。

ただ、プリウス30系のヘッドライトの右側のロービーム後ろの隙間が少ないので、バルブ本体の後ろ側が少しでも小さいのを選ぶことにしました。

でも、取り付けた感じは「オールインワンタイプ」でも問題なさそうでしたけどね。

今はこんな商品がおすすめ!2020年(R2年)11月時点

この辺りのLEDの用品は、数か月ごとにどんどん新しい商品が発売されていきます。

型遅れの(古い)商品は新商品に比べ価格が安くなるけど、ちょこちょこ改良とかされているので、やっぱり新しいモノを選んだほうがイイですね。


ちなみに価格帯ですが「ネットで売っている安いモノ」って感じであれば、3,000~5,000円ぐらいのモノでイイんじゃないかと思います。

もうちょっと高い7,000円前後のモノも多数売られていますが正直、そんなに価格の差ほど性能は変わらないって感じですね。

もし、「安いモノはやっぱり不安」って思うんやったら、13,000円ぐらいからのモノを選んだほうがイイと思うます。

プリウスのバルブ交換は、ちょっと面倒かな

ほとんどの社外品LEDバルブは、「取付が簡単、交換に方法はハロゲンとほぼ一緒」って感じですが、そのとおりですね。

この商品は、気回路部分(別体の長方形の物)が別体になっているので、バルブを取付後に他の配線やボディーに固定しないといけないですが、その辺りも簡単です。

ただ、プリウス(30)のヘッドライトバルブの交換が面倒くさいです。

なにが面倒くさいというと、右側のロービームのバルブの後ろの隙間が狭いのでかなり手が入れにくいです。

少し後ろ側の他の部品を取り外せば(ずらせば)出来ますが、それでもやりにくです。

プリウスのヘッドライトのバルブ交換作業に関しては、他のサイトやブログなどで説明しているので省略します。(写真も撮り忘れたので…)

おっさんは、フォグランプのバルブやホーンの交換もあってバンパーを外していたので、ついでにヘッドライトも外して取付(交換)しました。

フォグランプも同時に交換するのであれば、バンパーとヘッドライトを外した方が圧倒的に楽な気がしますね。

明るさ・色(色温度)は、なかなかいい感じ!

ロービーム 純正ハロゲンとLEDの比較
ハイビーム 純正ハロゲンとLEDの比較

明るさは、純正ハロゲンに比べると明るくなっていますね。

ロービームはプロジェクターということもあって前方が全体的に明るくなったという感じではなく、もともと照らされていた場所が明るくなったって感じです。

さすがに、HIDのような明るさではないですが、まあまあといったところです。

おっさんの好みですがHIDの明るさは、いつも取り付けた時に「明るすぎるんじゃないの?」って感じるので、これぐらいの明るさが丁度いいと思います。

色(色温度)に関しては、サイトの商品ページでは「5500k」ってなっていますが、取り付けて見てみると6000~6500kぐらいじゃないかなぁって思います。

真っ白って感じではなく、ほんの少し青が入った白って感じですね。

ただ、この色であれば、「キレイな白」の範囲内と思うので、見た感じでも車検の検査でも光の色合いに関しては全く問題ないと思います。

光トレーディング X-LED CC フォグランプ

フォグランプもイイ感じですね。ロービームと同じH11のバルブで、商品も一緒なので見た目にも合ってます。(写真は別の日の撮影で分かりづらいですが…)

ただ、このままだとちょいと上向きで対向車に迷惑なので、向きの調整が必要ですね。左右も合ってなさそうだし(T0T;)

配光(車検)は、大丈夫っぽいね!

ロービーム 配光 比較
ハイビーム 配光 比較

ハロゲンランプをLEDに変えた時に、一番問題になるのは、「配光」ですよね。

やっぱり、車検に通るかが気になるところです。

商品説明には「車検対応」となっていますが、社外品ライトは車種との相性があるので、取り付けてみないと分からないっていうのがあります。

プリウスのロービームは「プロジェクター」ということもあって、比較的カットラインもちゃんとでてると思います。

配光はあまり崩れてないし光軸調整も別にいらないかなぁって感じですね。

明るすぎて配光が崩れ、光軸調整が出来ないということもないと思いますので車検もたぶん大丈夫やと思います。

ハイビームに関しても、これぐらいの明るさであれば問題ないと思います。

その後の実際の車検では?(2020年11月追記)

取付けをして、2年後の車検ですが普通に通りました。事前のテスターでの調整でもとくに問題は無かったですね。

ちょっと、ロービーム・ハイビーム、どっちで通したかは忘れてしまいました。たぶん、普通にロービームやったと思いますけど(^^;)

ただ、その2年後(取り付けてから4年目)では、ロービーム・ハイビームとも明るさ不足(LEDチップの劣化や寿命?)でダメでした。

ダメって言われたテスター屋の兄ちゃん(店員)といろいろ話していたんですが、安物やから寿命が早いって感じではなく、

「ま~やっぱり社外品のLEDバルブは年数経ったら暗くなってくる事も多いね。」

って感じらしいです。ま~、3,000円ぐらいのモノが4年間壊れずにいけたので、モノとしては当たりやったと思います(^0^)

まとめ

プリウス30系(前期型)のハロゲンランプを社外品LEDに交換するのはトータル的に考えたら、なかなかオススメかなぁって思いますね。

今回の取り付けに関しても社外品LEDだからといって、とくに不具合がでることや加工が必要などということはなかったです。

車検も普通に大丈夫そうですし。

ただプリウスの場合は、ヘッドライト裏のスペースにかなり狭い部分があります。

なので、LEDバルブの商品選びはバルブの裏側(ヒートシンクの部分)の大きさに気を付けたほうがいいかもしれませんね。

最後に気になるところは、やっぱり「安物って耐久性はどうなのか?」ってところやと思います。

ただ、耐久性に関してはその商品の「取付数に対しての故障の数」でしか答えが出ないと思うので正直、分からないです。

LEDやHIDは、耐久性(壊れやすさ)は価格に比例するという考え方が多いですが、おっさんは「ショップ選び」「運」「車の相性」「取付方」かなって感じです。

っていうか、正直いうと、ほとんど「運」やと思いますけどね~(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com