車の電装品いじり(DIY)に必要な3つの部材(小道具)と選び方!

取付・加工・作業いろいろ

とりあえず、自分で作業するなら!

車の車内の電装品などを自分で取付けたり配線の加工をする人って増えましたよね。

ひと昔前と違って、作業の方法や手順、必要部品などはネットで調べれば簡単に分かるようになったので「自分でも出来るかな!」って感じです。

正直、やり方さえ分かれば出来ると思います。車内の社外品の電装品の取付って仕組みと道具さえあれば、そんなに難しくないと思います。

それに欲しい商品の価格をネットで調べてみるとカー用品店などの店舗で買うよりネットショップのほうが、かなり安く売ってますね。

自分で取付や配線の加工が出来れば、そんな安い商品を取付の事を迷わず買えるし、何より工賃がかからないですし。

ただ、作業する時の工具は分かっても加工取付する際の部材(小物)ってとりあえず何が必要なのかイマイチ分からないって人は多いと思います。

そこで修理屋(整備士)でもない、おっさんが「安いけど十分使える部材(小道具)」を説明していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高い物は必要なし!でも最低必要な物のある!

実際、おっさんの店でも「ちょっとした電装品の取付はネットで用品を買って自分で作業する!」ってお客様は多いです。

ま~、おっさんが「自分で出来るんちゃいます。分らんかったら持って来て下さい。」って煽ってるところもあるんですけど(^^;)

ただ、作業品に必要な工具とか部材(テープなどの小道具)などを揃えている人って少ないんですよね。

工具は無くても一般的な家にある工具などで何とかはなりますけど、やっぱり部材(小道具)が必要やと思います。

逆に必要以上に高い工具や部材を持っていたりする人もいて、「揃えてるな~、そこまで必要ないのになぁ、もったいないなぁ~」って思うこともあります。

一応、車内の電装品と言っても電気の流れている箇所の作業なので、ちゃんとしないとダメですが車の電圧は12Vなので、「危険、ケガをする」ってほどでもないです。

なので、高い専用の工具・部材を使わないといけないってことはないと思います。

どっちかと言えば、個人のDIYなので専用の物というより便利アイテムって感じで、自分のする作業に合った便利と思う最低限必要な物(価格)でいいと思います。

電装品いじりで必要な物は?

車いじりをするのであれば取外し・取付けで、ドライバーやスパナ・ラチェット(ソケット)などの工具は必要ですね。

その他にいろいろ作業がはかどる便利な工具もたくさんあります。

車のDIYでとりあえず必要な工具と言えば、こんな感じ↓↓↓

車のDIYに必要な工具は?はじめはどんな工具を選んだらいいの?
年々、車いじりが好きな人や詳しい人でなくても、自分で用品や部品を取付・交換する人が多くなってきました。 ま~、車いじりだけじゃなくて、いろ...

それに加えて電装品などの取付や配線加工をする場合は、よく使う部材(小物)がありますね。とりあえず揃えておくのは3つで、

  • ハーネステープ(車の配線に使いやすい物)
  • タイラップ(細い小さめの結束バンド)
  • 両面テープ(温度差に強い万能テープ)

これから車いじりをちょくちょくするのであれば、作業のたびに必要な物を買うのではなく工具と一緒に揃えておいたほうが良いって感じです。

ハーネステープ(配線テープ)

意外と車の配線に向いているテープを持っていない人って多いですね。

普通のビニールテープ(これもハーネステープ)を使っている人がほとんどです。

理由としては、ホームセンターや普通の工具屋に置いてある物って建築用の分厚いハーネステープで値段も高く車で使える安いテープって売って無いんですよね。

なので、ほとんどの人は「安いビニールテープでいいかぁ」ってなってると思います。

でも、普通の安いビニールテープって、テープ自体が硬く伸びにくく巻きにくく、さらにちぎれにくいんですよね。

ちゃんと巻いたつもりでも、ゆるゆるになって取れたり位置がズレたりして配線(+線)がむき出しになったりしているのが多いです。

それに、夏の車内の暑さですぐネチョネチョになるので、テープを取った時に配線はベタベタになっちゃうんですよね。

車の細い配線に使うのには向いてないなぁって感じです。やっぱり車で使うテープは、配線用(車用?)を使うほうが絶対いいです。

車いじりで使える安いハーネステープを売ってる場所と言えば店舗では車専門の工具屋、「アストロプロダクツ」「ストレート」などで売ってますね。

価格は、何種類かありますけど、1巻100円~400円ぐらいやと思います。

価格の差は「使いやすさ」「仕上がりの見た目」「ベタ付き」の差って感じですね。

ま~、売っている中の安いもの(店オリジナル品)で十分やと思いけど。

テープの選び方のポイントは、物の良さ(価格)と言うよりも、車で使う用に売っている商品であればとりあえずOKってところです。

大型カー用品店でも売っていますが、ちょっと高いので近くに車専門の安い工具屋がなければ、ネットで買ったほうがいいですね。

↑↑↑ 楽天のストレート(車工具専門店)の商品です。普通に安くておすすめですね。

タイラップ(結束バンド)

ほとんどの車の電装品には取付の為のタイラップが数本、気持ち程度に付属しています。

ただ、毎回思うのは「そんな数じゃ足りない!」って感じですね。

それに破線加工する時などには、よく使う物なので、作業する時は常時持っておいたほうがいい物の1つです。

ホームセンターやカー用品店など、どこでも売っているので買いやすい物やと思います。

ただ、店舗(大型カー用品店)や物(メーカー)、本数(一袋の数)によって、けっこう価格の差がありますね。

「値段の差が大きいから、やっぱり普通の使い方の安い物は車の配線に使うのは不向きなんかなぁ?、すぐちぎれたりするんかなぁ?」

って、単純に思う人が多いと思いますが、ホームセンターなどで売っている安い物で十分やと思います。

エンジン付近(高熱になる場所)や足回り(よく動く・濡れる箇所)以外であれば、耐久性や使いやすさは、まったく問題ないと思います。

おっさんは、箇所によって使い分けはしていますが、一番使っているのはコーナンで売っているコーナンオリジナルの100本入りの安い物です。

おっさんは、安くて道具としても十分なので、おすすめやと思います。

そして、車の配線でよく使う長さが「100mm」「150mm」です。

100mmの100本入りで150円ぐらい、150mmの100本入りでも200円ぐらいで安いので、1セットずつ持っておいたほうが便利ですね。

200mm」の長さが必要になることもありますが、そんなに使わない長さなので必要な時は持っているタイラップを繋ぎ合せて使うほうがいいかもしれないですね。

両面テープ

車内の小物の電装品の取付って、なにかと両面テープで張り付けることが多いですね。

なので、とりあえず便利で必要なアイテムです。

ネジでガッチリ取り付けるって人もいますが、車屋(中古車屋)的にはおすすめ出来ないです。

とくにダッシュボードや目に見えるパネルに穴があいてしまうなんて、「とんでもない!車の価値が下がる」って感じです(^^;)

それにパネル裏など電装品の本体を隠す場合であっても、ボルト止めで出来ない場所などで両面テープがあれば便利ですよね。

ただ車内での使用の場合、環境によって温度差が大きいので、普通の両面テープだとすぐに剥がれちゃったりします。

それに「取付る場所が平面ではなくビタっと貼れない」「貼る場所の素材がバラバラ」なんてことも車内の取付では当たり前ですよね。

なので、けっこう両面テープ選びって難しいんですよね。

ホームセンターやカー用品店などで、車内用の用途に合った両面テープを買えば間違いないですが少量でかなり高いです…

逆に安い物と言えば100均ストアで「超強力両面テープ」が売っていますが、貼る箇所で使い物にならない場合もあるので使い分けが難しいです。

そこでプロも使っていて、おすすめなのが ↓↓↓

ベタで信頼のある3Mの商品ですね。(品番7112 幅12m/厚み1.2m/1巻き10m)

モールなどの外装品から車内の小物の貼り付けまで何にでも使える万能テープです。

テープの幅や厚みの種類は用途によっていろいろありますが、車内で何にでもって感じであれば、ちょうどいいサイズやと思います。

店舗などであれば、けっこう高く売っていますがネットショップで探せば、けっこう安く売っている店もあります。

長さ(量)は個人で使うのであれば多すぎかもしれませんが、作業するたびに少量の高い物を毎回買う事を考えると安いと思いますね。

まとめ

とりあえず、配線いじりで必要な部材(小道具)と言えば、この3つですね。

あまり使わないと思ってもネットや工具専門店で安い物を探せば、そんなに高くならないと思うので工具と一緒に揃えておいて損はないです。

その他にも「接続するための端子」「配線」なども必要な場合が多いですが、その時に作業に応じて必要数を揃えたほうがいいですね。

けっこう、端子などは大量に買っていても無駄になることが多いので(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
取付・加工・作業いろいろ
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com