社外品ナビや後付けのパーツって車の買取や下取の査定額に影響する?

自動車の売却

基本は査定額プラスにならない!

愛車の買取りや下取りの査定の時に、

ナビ・アルミホイール・エアロパーツなど後で購入取付した社外品パーツ

って、その分の価値を査定額に上乗せしてくれるのか、気になるところですね。

答えから先に言うと、基本的には査定額にあまり影響しません。

査定の基準は純正なので純正オプションなどは査定額に影響しますけどね。

よく査定時にお客様との話の中で、

「このアルミホイールは30万もしてんで。」「後で○○十万円もお金をかけてるねん」

などのアピールがあるのは多いです。

そりゃ~そうですよね。本人からすれば本当にお金をかけているので、その分高く査定してほしいものです。

ただ正直、そんな時は「そ~なんですかぁ、すごいですね~」って答えるしかないです。

実際には査定額に影響していることは、ほとんど無い場合が多いからです。

しかし、車種や社外品によっては大きく査定額プラスする場合があります。逆に社外品を付けていることでマイナスになる場合があります。

なので、そこらへんを少し説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車に合った社外品パーツを付けているかがポイント

車屋が査定する時に一番気にするのは、

次に売る時に、売りやすいか売りにくいか

ってところで、単純にそれだけです。

例えば、スポーツカー・ミニバン(1BOX)・高級セダンなどの車の用途が趣味や見た目重視で乗っている人が多い車種は、社外品パーツに付け替えてることが多いですね。

そのような車種は社外品が査定額に大きく影響し査定額がUPする可能性が高いです。

逆に遊び・買い物・通勤などの用途に適した小型車やファミリーカーなどに高価なエアロを付けていても査定額がマイナス評価になる場合がほとんどです。

車屋からすれば、次にその車を購入するお客様が社外品(外品パーツ)に価値をみてくれるかどうかの判断だけになります。

車を購入するお客様の考え方からすれば

「車を購入したら社外品のアルミホイールを付け替える予定」

であれば、はじめからアルミが付いていれば少し車両価格の相場より高くてもお得感があり車屋(中古車販売店)としても売りやすいです。

逆に「通勤に使う車を小型車を探している」というお客様からすれば、どんだけ高価なかっこいいアルミホイールが付いていても

「乗りにくそうやから嫌」「それで価格が上がっているのであれば、ノーマルで安いほうがいい」

って感じになっちゃいますね。

なので、その車種を購入しようと考えている人が一般的に社外品の価値をみてくれるかどうかが、社外品の査定額プラスマイナスの基準になります。

決して社外品の単体の価格や人気度などで査定額に影響することはないです。

社外品カーナビは影響する?

社外品カーナビに関しては、ほとんど関係ないです。

査定額に大きく関係するのは「メーカーオプションのカーナビ」だけですね。

純正の中でも

「メーカーオプション(車両装備品)」「ディーラーオプション(後付品)」

と2種類あります。

新車注文時にしか取付出来ない「メーカーオプション」は人気があることもあり査定額に大きく影響します。(車種によってかなり差が出ますが。)

新車オプションで言えば、サンルーフや自動サイドスライドドアなどと同じ感じですね。

社外品のカーナビやディーラーオプションのカーナビは基本的には査定額に影響するのは、付いているか付いていないか・地デジかワンセグかということだけです。

すごく高いナビ(高性能なナビ)が付いていたとしても、新しい商品で気持ち査定額にプラスになる程度ですね。

ま~、正直上がったとしても1~2万ぐらいやと思います。

取り付けて3年以上経っていれば査定額には、ほとんど関係なくまります。

理由としては、家電製品でも同じですが古くてすごい高価な商品より最新で安い商品のほうが高性能ということがほとんどだからです。

とくにカーナビの場合は、性能よりも地図のバージョンが新しい(古い地図は嫌がられる)っていうのがポイントですね。

査定額UPしないなら取り外してOK?

「査定額に関係ないなら取り外して、売るか次の車に付けようかなぁ」

って考える人も多いと思います。

正直、ノーマルに状態に戻るのであれば全くOKです。査定額に変わりはありませんしね。

車屋からしても、お金をかけて取り付けているのに価値がないというのは申し訳ない気持ちがあるのでダメと言う車屋はいないと思います。

実際に用品単体をネットオークションなどに出品すれば、売れることもあるのでそうすることをお勧めする車屋もいます。

しかし、「ノーマル部品が無い」「取り外すと跡が残る」「見た目価値が下がる」と言うのは話が変わってきてマイナス評価になります。

よくある話が、査定時に社外品のアルミホイールが付いていたが純正ホイールに戻すといったケースで、

  • 純正ホイールにスタッドレスタイヤが付いていた
  • タイヤがズルズルだったり、使っていなかったのでボロボロ
  • 純正ホイールはアルミだったがキズだらけ
  • 鉄ホイールで、ホイールキャップ(カバー)が無い

ってことが多いですね。

その場合は、マイナス評価になり査定額がダウンすることが多いです。

とくにこのような場合は、査定時に純正タイヤを見せていないことが多いので、後で査定額が変わってモメるケースもあります。

ちょっと気を付けるポイントですね。

取り外すパーツにもよりますが、取外しに手間・費用がかかるカーナビなどの電装品などは取り付けたままのほうがいいと思います。(もったいないですけど…)

まとめ

年々、車を趣味どで購入してお金をかけてドレスアップする人は減ってきています。

車を趣味にする人も減ってきていますし、純正部品・用品がかなり良くなり社外品に付け替える意味がなくなってきたのかもしれませんね。

とくに購入取付価格が高いエアロパーツにしても今では純正(ノーマル)のほうが人気(需要)があり、査定は変わらないかダウンって感じが多いです。

ま~、純正品であれば全体的に査定額がアップしやすいです。

このような理由かどうか分かりませんが、カーナビ・アルミホイールなどの社外品パーツなどの価格も一昔前に比べるとかなり安くなったと思います。

なので、買取時などに社外品による査定額UPの話になることも減ってきています。

逆に、車にお金をかけた・ドレスアップしたつもりがノーマルよりも車の価値を下がってしまっていることにより査定額が大幅にダウンしまうことが多いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の売却
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com