車を売る時に買取り査定してもらうのは晴れた日で土日の昼間が良い!

自動車の売却

車の乗り換えの時など今の車を売ろう(売却しよう)と思った時に、

「この車、どれくらいで売れるんかなぁ?」

って、最初に思いますよね。ま~、当然ですね(^^;)

なので、まずは車がどれくらいの値段が付くか買取相場を調べる人は多いと思います。

ネットなでも何となくの相場は調べれますが、手っ取り早く買取専門店などに車を見せに行こうって人は多いと思います。

そして、髙く査定してもらうために見せに行く前に洗車をしたり室内をキレイにしたりする人も多いと思います。

当たり前ですが髙く売るために自分で出来る事は、やっていたほうがいいですし、安くなる可能性がある状態で査定しないほうががいいですね。

ただ、その中で、

車屋(買取店)に見せに行く曜日や時間帯などで査定額が変わる!

ってことを知っている人は意外と少ないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

査定は晴れた日の明るい時間帯が基本!

車の査定する時は、「車が見やすい状態」っていうのが、車屋が原則ですね。

逆に査定をする側からすれば、最も査定しにくいのは雨で車が濡れていることです。

さらに、夜など暗い時間帯などは、なおさら査定しづらいです。

やっぱり、そのような状況での査定では査定額UPどころか、適正な車の状態の判断が難しいため、本来より少し安めの査定額になることが多いですね。

雨の日がダメな理由

まず、外観の細かい傷(薄キズ)・小さな凹みやなどが分かりづらいです。

それに、WAXなどがかかっていると、ボディーの状態(塗装に艶がある・ボケているなど)が良いのか悪いのかも、ほとんど分からなくなっちゃいます。

「この車は、状態が良いので高く売れるから査定額あげれるかな」

っていうような感じの考えはなくなっちゃいますね。

買取店などは査定する場所は外っていう店が多いので、雨が降っていると隅々まで査定しづらいので査定員自体のやる気(髙く買う気)が薄れます。

査定する場所が屋根があるところでも車が濡れているので基本的には同じような考え方になってしまいます。

雨が降っているからといって査定額がガクンと低くなることはないですが、査定員の気持ち的に外観の状態が良いからという査定額UPは難しくなりますね。

それに、雨の日に査定に来る人の中には、薄キズや状態の悪さを隠すためって人もいますので、査定員も分かっていて用心深くなります。

暗い時間帯がダメな理由

雨でなくても夕方以降の暗い時間帯も、ちゃんと適正に査定出来ないという同じような理由で査定額UPや適正な査定額は難しくなる感じです。

暗い時間帯は、外観の状態よりも「修復歴(事故歴)」の判断が難しい場合があります。

これは外観の板金塗装の修理歴のある車に多いパターンですね。

分かりやす修復歴車は、あまり関係ないですが、修復歴車になるかならないかなどのキワキワの修理跡を見極める場合は暗いと判断しづらいです。

そうなると、査定員も自分の査定に自信がもてなくなって、

「微妙やなぁ、暗くてよく分からん、とりあえず修復歴車にしとこ~かぁ」

って感じになることも多いですね。

やっぱり、本来の査定額よりも低い査定額(買取しても損をしない額)を言ってしまう場合が多いですね。

査定額PUになりやすい時間帯は?

やっぱり車の状態を見やすく査定もちゃんと出来る時間帯と言えば、

天気の良い晴れた日の明るい時間帯

です!って言うか車屋からすれば査定のやり方の基本ですね。

当たり前ですが、本来の車の状態が分るので、ちゃんと査定出来て査定員も自信を持って査定額が出来ます。

その場合、査定員(店側)も店側の状況(ノルマなど)で無理が出来ますので本当に外観の状態が良い車は査定額UPにつながると思いますね。

それと、査定UPにつながるポイントは他にもいろいろあります↓↓↓

車の買取り・下取りの査定額アップのポイント!まずは車を掃除する!
自分の愛車を売る場合、一番最初に気になるのが「査定はいくら付くのか?」ですよね。 売却だけで買取店に出す場合も、買い替えで下取りに出す場合...

土日の午前中に査定してもらうのがベスト!

実は査定額UPのポイントとしては、曜日や時間帯なども重要です。

とくに買取専門店の場合は、効果は大きいですね。

車の買取相場や車の価値に直接は関係ないですが、査定員(店舗側)のやる気に大きく関わってきますね。

店舗によっては曜日で大きく査定額が変わる!

買取専門店に限らず中古車屋などや他の業種でもお客様が来店する店舗は土日(祝)はメインになってますよね。

大手の買取専門店などは、普通に買取ノルマがあって土日は、けっこうな台数を買取しないといけないような店が多いと思います。

査定員も買取台数のノルマがあって査定も本気モードなので、髙い査定額を提示してしまう場合が多いです。

それに店側すれば、平日の仕事帰りのついでに査定しに来たという感じよりも土日に査定に行く人は本気で売る気っていうイメージが強いですね。

ひやかしではなく、査定額さえ希望に合えば買取出来るって思ってしまうので店側も無理をしても高い査定額を提示してしまいがちです。

時間帯はお昼前後がいいかも?

時間帯も、やっぱり店側のやる気や査定員の気持ちってところの考え方ですね。

もちろん、夕方以降の暗くなった時よりも明るい昼間に査定したほうが、ちゃんとした査定額が出るってところもありますけど。

一般的に車を高く売るために買取専門店に行く人は1つの店だけじゃなく、数店舗行くことが多いです。

「査定を複数の店でしてもらい、一番高いところで売る」って感じですね。

店側も当然このようなイメージがあるので、お昼前後に査定に来る人に対して、

「この後、何軒が査定に回るんやろなぁ、安い額付けたら戻ってこうへんなぁ」

「最後に戻ってきてもらうために、気合入れて査定しよ!」

って、普通に思う査定員は多いと思います。

なので、中途半端な安い査定額は言えないので、適正な相場価格やちょっと良い査定額を見積もることが多いです。

実際に数店舗回る予定であれば、時間的にお昼前から行動するほうがいいですし、1店舗だけの場合でも効果的やと思います。

査定して、その場で売る気で行くなら

査定額をある程度調べていて、最終的に査定してもらい買取額があれば、その場で売ってしまうって人には、晴れた日の日曜日の夕方がベストです。

これは、ただ単に店側の土日の買取台数の問題ですね。

ほとんどの買取専門店の土日のノルマ設定は、達成できないぐらいの台数になっていることが多く、日曜日の夕方ぐらいが一番焦っている時間帯です。

その時に「高価買取で金額が合えば、この場で売るよ」ってお客様が来れば査定員だけでなく店自体で無理もしますね。

もちろん、車の状態での査定額ではなく店側の問題になるのでタイミングが合えばって感じですが、相場よりも高く買取してもらえる確率は高いです。

ただ、本当に売る気じゃないと効果はないですけどね…

ま~買取店だけではなく、車販売店や電気店などの購入時の最終値引きの交渉も同じようなことは言えますけど(^^;)

まとめ

正直、車の買取相場って言うのは、ちゃんとした基準などは無く過去の流通価格のデーターをもとになっています。

そのデーターをもとに、店によって仕入(買取)した車にどれだけの利益が必要か、それだけの経費がかかったかで店独自の買取額を決めています。

簡単に言うと、どの店も買取相場(基本査定)は同じようなものですが、実際の買取額は店の考え方や状況によって大きく異なるって感じですね。

なので、多くの店は、同じ店でも査定する時の状況やタイミングなどで同じ車なのに査定額が大きく変わることがよくあります。

その中の査定額が変わる要因の1つが査定(買取)する曜日や時間帯ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の売却
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com