車の査定の時に必ず言わないといけない事!告知義務がある項目って?

自動車の売却

後でトラブルにならないために!

愛車の売却で買取や下取りの査定の時に、店員から車も情報をいろいろ聞かれますね。

そんな時に

「あんまり査定額のマイナス評価になる事は言いたくないなぁ~」

って思うこともあると思います。

おっさんも査定をしている時にお客様にいろいろと聞きますが、「なんとなく隠していいるなぁ、とぼけているなぁ」って思うことがあります。

ただ、基本的に店員に聞かれることは正直に答えたほうがいいですが、買取店によっては何でもかんでも車の内容を聞いてくる店員がいます。

そのような店ほど買取後に車に不具合があった場合、お客様に責任を押し付けてきたり、売買契約書に告知義務違反などの項目が多かったりしますね。

お客様からすれば、「プロが査定しているんやから、車を見て勝手に判断したらええやん!」って思うかもしれないです。

おっさんも査定する側の車屋ですが、そう思います。

素人が査定しているわけではないので、ある程度はプロの感と経験で故障や不具合に関係することは車屋(査定員)が判断しないといけないと思います。

しかし、査定時に店員に聞かれなくても必ず言わなければいけない事と聞かれたら正直に答えないといけない事ってあるんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必ず言わないといけない事・隠してはいけない事

査定の時に必ず言わないといけないことは、車屋(査定員)が見て触って確認しても分からない箇所・項目です!

キズ・汚れは当たり前ですが、見て分かるオイル漏れや動かして分かるエアコンの故障などは、お客様が必ず説明しないといけない項目というわけではありません。

店員に聞かれれば正直に答えたほうがいいですが、この辺りは査定するプロからすれば確認する基本の項目になります。

なので、見落としがあったりして、売却後に発覚してもお客様の責任(説明しなかった責任)にはならないと思います。

おっさんからすれば、ただの車屋の査定ミスになりますね。

それでは、何を必ず言わなくてはいけないのか詳し説明していきます。

「メーター交換・戻し」と「冠水車」など

聞かれなくても必ず言わなくてはいけないのが

  • メーターの取替えで走行距離が不明、またはメーター戻し(改ざん)
  • 冠水(浸水)した事がある車(災害にあった車)

の場合です。

メーターの故障などで交換した場合、走行距離を合わせての交換や記録簿などに交換時の走行距離が記載されている場合は、査定額にさほど影響はありませんね。

ただ、必ず言わなくてはいけない項目です。

冠水した場合は、冠水・浸水した程度は関係なく室内に少しでも浸水した場合や「冠水したかな?」と思ったら必ず言ったほうがいいですね。。

冠水車に関しては ↓↓↓

災害で車が冠水(水没)してしまったら修理するべきか売るべきか?
一昔前までの車の冠水(水没)と言えば、一部の洪水が多発する地域や事故により池や川に落ちたなどの特殊なケースだというイメージがありました。 ...

この2つの項目は、かなり査定額に影響される(買取自体が出来ない場合がある)のでお客様からすれば、黙っていたいと思うかもしれません。

しかし、この2つの項目に関して、業者間の売買では必ず告知をしないといけないことになっています。

偽って売ると言い訳や理由など関係なく返品できるルールになっています。その他に「ペナルティー料」を支払わなくてはいけないです。

ユーザー買取(お客様からの買取・下取)でもこのルールは同じような考え方なので、ほとんどの車屋(買取店)で売買契約書に告知義務などが明記されています。

この項目は、普通の場合ではあまり無いことなので車屋(店員)はあまり聞いてこないですが、「聞かれなかったから言わなかった」は通用しない項目です!

車屋も経験から「ちょっとこの車、怪しいなぁ」と思うと、とりあえず聞いてきますが必ず正直に答えないといけない項目になっています。

仮にこの項目に該当しているにも関わらず告知しないまま売却して買取後に発覚した場合、お客様の責任になることがほとんどです。

買取額の返金はもちろんのこと「それまでにかかった費用」「キャンセル料」なども請求されることも多いです。

エンジン内部の故障、走らないと分からない不具合

査定の時に車屋(査定員)は必ずと言っていいほど

「どこか気になっているところや故障しているようなところはありますか?」

って感じの事を聞くと思います。

これは、お客様の説明をそのままうのみにして査定の基準にするわけではなく、査定の判断材料の1つとして聞くことが多いです。

このような車屋の質問に「いや~、よく分からないなぁ」などと、とぼけるお客様がいますが、故障・不具合の箇所により売却後にトラブルになる可能性があります。

もちろん、お客様が把握していない不具合や分かっていない故障などはよくあります。

それに、ちょっとした故障や不具合なんて、車を乗っていればはよくある話なので車屋も査定の時に、さほど気にすることはないですね。

しかし問題なのは、

「オーバーヒートしていた」「エアコンのガス漏れ」「走っていると警告灯がつく」

などの修理代が高額になるケースです。

プロでも、なかなか査定の時には症状が分からない故障・不具合ですね。

このような故障・不具合の場合は、ほとんどのお客様が分かっていて何も言わないことや隠していることが多いです。

後で故障などの症状を確認出来れば、車屋ならばお客様が本当に分かっていないのか隠しているのかは、すぐに分かってしまいます。

なので後日、お客様に契約のキャンセルや修理代を請求する車屋も多いです。

本当に分からない場合はどうする?

中古車を購入した場合などで、その車を査定してもらった時に「修復歴」「冠水車」「メーター戻し」が発覚する場合があります。

たま~にある「中古車をダマさて購入してしまった」ってやつですね。

査定の時に車検証や整備手帳などを見たり、お客様から聞いたりしてその車を中古車で購入した事が簡単に分かります。

その場合は必ず「お客様は知っていない事があるかも」と思いながら査定することがほとんどです。

なので、ちょっとでも怪しい箇所があれば念入りに確認しますので、不具合箇所を見逃して後々トラブルになることは少ないです。

車屋が怪しい箇所があっても不具合を断定できなく、お客様も本当に分からない(知らない)場合、査定は車屋の判断になるのでお客様に責任をなることはないと思います。

このように中古車を購入して査定の時に車屋から知らない不具合箇所を指摘された時は、「中古車を買ったので分からない」と本当の事を答えればいいと思います。

後は査定をする車屋の判断に任せればいいです。

ただ、そういう場合、車屋も査定に自信が持てなくで査定額(買取り額)は安めの感じになることが多いですね。

まとめ

ほとんどの車屋(買取店)は同じような、お客様が必ず言わないといけない項目、聞かれたら正直に答えないといけない項目ってルールがあります。

しかし、その他の項目(修復歴など見て分かる項目)などは車屋それぞれで買取りの内容・判断が異なると思います。

おっさんの場合は、なるべく自分の判断で査定をして買取額を提示しています。

自分がおかしいと思う箇所があればマイナス評価をしますし、お客様が「ここが調子悪いねん」って言ってきても自分の判断で大丈夫と思えばマイナス評価はしないです。

一番大事なのは、買取後にお客様とトラブルを起こさない(迷惑をかけない)ように責任をもって査定することやと思います。

せっかく、査定(買取り)させてもらっているんですから。

ほとんどの車屋は同じような考えやと思いますので、お客様も最低限の必ず言わないといけない項目は正直に説明してほしいと思います。

後々にトラブルにならないように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の売却
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com