災害で車が冠水(水没)してしまったら修理するべきか売るべきか?

おっさんの独り言

一昔前までの車の冠水(水没)と言えば、一部の洪水が多発する地域や事故により池や川に落ちたなどの特殊なケースだというイメージがありました。

車屋でも特殊なケースにあたる冠水車は、

「基本、修理せず国内では再販もせず輸出や廃車・部品取り」

といった考えが多かったです。

しかし、近年では異常気象で大型台風やゲリラ豪雨などが多く発生して車が冠水(水没)するといった被害がどこの地域でも増えてきました。

とくにフロアカーペットぐらいまでの冠水車の数が増えてきました。

数が増えたことによって車屋も修理をおすすめることが多くなり、災害車専門の修理工場も多くなりましたね。

お客様からすれば、廃車や売却(乗り換え)しか選択がなかったのが、修理するかを選べるようになったので、便利になったともいえます。

しかし、冠水してしまった車を修理するかどうかの判断は非常に難しく、間違った判断をする可能性も増えたといえます。

そこで、中古車屋の目線で冠水車のことを話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冠水車の定義ってあるの?

車の業界で統一された「冠水車の明確な定義」っていうものはありません。

各オートオークション会場での基準や各業界団体の基準、保険会社の基準などで少し変わってきますが、ほとんどの車屋は一般的には、

室内に水が浸入し、フロアカーペットが濡れるレベルから冠水車の扱い

っていう考え方です。

フロアカーペットの下にはコンピューターや配線がある車が多く故障や火災の原因になるので、そのまま何もせずに乗り続けるのは不可能(危険)ですね。

修理したとしてもほとんどの場合、冠水の跡が残りますので車は冠水歴のある車の扱いになることがほとんどです。

そして、室内(フロア)まで浸水した時点で、車の価値(査定額)や程度(状態)が大きく変わります。

なので、修理して乗り続けるか売却(買い替え)するかを考えるポイントになります。

冠水の程度(レベル)によって大きく変わる

車が冠水したとしても、

冠水の程度・地域・状況・車の使い方・車の年式や程度・自分のお財布ぐあい

によって、修理して乗り続けるか売却(買い替え)をするか悩みますよね。

とくに室内のフロアカーペット(フロアマット)が滲みているぐらいの感じの浸水が悩むところやと思います。

「室内に水入ってしまったか~」ってところですね。

正直、車屋(修理屋)でも車種によって修理を勧めるか売却をすすめるか難しいところやと思います。

修理代がどれくらいかかるのかで大きく異なりますが、お客様に修理した場合のメリット・デメリットを説明して、お客様の判断に任せることが多いです。

そこで、おっさんがお客様に修理して乗り続けるか売却を勧めるかのポイントとして、

「真水(雨水・泥水など)」か「海水」

冠水した場合、

「真水(雨水・泥水・汚水)」なのか「海水」なのか

で、大きく修理内容や修理した場合の後々のリスクが変わってきます

塩分が含まれる海水は、真水よりも電気を通しやすいのでショートによる故障・火災や配線の腐食のリスクが非常に高いです。

なので、海水による冠水部分の電気関係部品は全て交換にしないとかなり危険です。

雨水や泥水でもリスクが高いですが部品の状況(浸水の程度)や車屋の判断により清掃などでいける場合があります。

仮に海水での冠水車を全ての部品交換をして完璧に修理したとしても、後々に故障や不具合が起こる可能性も残ります。

それに、ほとんどの店は海水での冠水車の保証はなかなかしてくれないと思います。

なので、高い修理代を払っても不安要素を残しながら車を乗り続けることになりますね。

って感じで、おっさんは「海水による冠水」は程度に関係なく売却(乗り換え)をおすすめします。

真水による冠水であれば、冠水の程度・修理代・車の年式などにより、どちらのほうがいいか考えることになると思います。

シート(お尻の部分)まで冠水したらほぼアウト

浸水の程度

シートの半分ぐらい(フロアから30cm程度)まで冠水してしまったら、ほぼ完全な修復は無理と考えていいです。

まず、全ての冠水部分を交換するには費用的に合わないので(かなり高額になってしまうので)、部分的に清掃や修理になることがほとんどです。

その場合、必ず残るのは「臭い」です。

どれだけ、キレイに丁寧に清掃しても必ず臭いは残ります。

しかも、想像以上にかなり臭いです。

浸水しているのは、汚泥やゴミ・川水・海水なので、さまざまなものが入り混じった泥水です。

この独特の臭いを消すのは、ほぼ不可能といっていいぐらいです。

「安く直るのであれば臭いが我慢できる」

「乗っていれば少しずつ消えていくだろう」

って思っている人もいるでしょうが、そんなあまいものではないです。

たぶん、臭いで嫌になり車を手放すことになると思いますね。

しかし、そこまでの臭いがする車であれば国内での再販は難しいので、査定額が付かない場合がほとんでです。

それに、エンジンや電気関係の部品も清掃や修理で直ったとしても、安心して乗り続けれるといったこともないです。

故障や火災の不安を持ち続けて乗らなくてはいけないです。

なので、車屋(修理屋)が

「中古部品を使ったり清掃や部分修理などで、なんとか修理出来ます」

って感じで言われても、修理せずに売却(買い替え)をしたほうがいいとおっさんはアドバイスします。

売る時の注意ポイント!

少しでも、水に浸かってしてしまった車を売却する時は、必ず告知しないといけません。

買取店(業者・車屋)に売却する時の契約(約款)には、冠水の程度や修理を有無に関係なく告知しないといけない項目になっています。

「室内に少しだけ水が入っただけやし、修理もしているから大丈夫やろ」って軽く思って告知せず、後で発覚した場合、

告知違反で契約取消し、返金と違約金の発生

になるかことが多いです。

この冠水車の判断は、売主(個人)が決める事ではなく、発覚した場合も双方で話し合いって感じでもなく、一方的に決められてしまいます。

なので、少しでも水に浸かってしてしまった車の場合、後でトラブルにならないように売却時には必ずその事の説明をするようにして下さい。

・水没車の買取なら、専門店がいいかも ↓↓↓

まとめ

結論から言うと、おっさんがお客様にアドバイスするのであれば、

「海水以外で、フロアカーペットぐらいまでの冠水(浸水)であれば修理を考える余地あり」

ってところですね。それ以上であれば、基本的には買い替えをおすすめします。

この考え方は、どっちかと言うと中古車販売店の考え方で修理屋の考え方と違うかもしれません。

中古車販売店をしていると、どうしても車の価値(中古車相場)などを基本に考えてしまいます。

「修理代・車の相場価格・修理した後の車の価値」を全体的に考えてアドバイスしちゃいますね。

「修理して乗ったほうが得なのか、修理せずに現状で高く売ることを考えるのが得なのか」が基本になってしまいます。

なので、冠水してしまった車の持ち主の環境や状況などで、この記事は全く参考にならないかもしれません。

ただ、修理をしてもらう目的とした説明やアドバイスよりも、少しは参考になるかなぁって思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おっさんの独り言
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com