車を売る時の下取りと買取りの違いは?どっちが良い、高く売れる?

自動車の売却

「下取りは安い」「買取りは高い」は大きな間違い!

新車や中古車を購入して今乗っている車の売却を考えた時に

「そのまま下取りに出すか買取専門店で売るか、どっちがいいかなぁ?」

「ネットとかで調べると買取りのほうが高く売れるって書いてあるけど」

って感じで、考えることがあると思います。

おっさんも車の販売をした時の下取りの話の時にお客様からよく聞かれますね。

おっさんの店は販売だけではなく買取りにもかなり力を入れているので、

「うちの店では基本的に下取り・買取は一緒ですね。言い方が違うだけで査定内容も査定額も同じです。どっちにしても高価買取です!」

って感じで答えてますね。

なので「買取り」「下取り」って言い方だけで言うと、どちらが良いとかはないです。

ただ、売るタイミングや車種、買取り・下取りする店(ディーラーや中古車店)によって、買取りが良い場合と下取りが良い場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

買取専門店のほうが高く売れるイメージは勘違い!

車販売店に下取りに出すより買取専門店のほうが高く買ってくれるってイメージを持った人って多いですよね。

ま~、「高価買取!」って感じのCMなんかも多いので、そのイメージなんでしょうね。

たしかに車を買った店に下取り価格を付けてもらって、さらに買取店を何軒も回って査定してもらえば、どこかの買取店が高い価格を付ける確率は上がります。

1件の査定ではなく、査定を何軒も回っているので当然って言えば当然ですよね。

なので、単純に”下取り価格”よりも”買取り価格”のほうが必ず高い価格を付けるってことではないです。

おっさんの店でも下取りする時に買取専門店の査定額より高い価格を付けることは普通にあります。もちろん、低い時(負ける時)もあります。

ようは、車販売店の下取りだからとか買取専門店だからとかは基本関係なく、その店が買取に力を入れているかどうかだけの話です。

ただ、買取専門店は「買取りをするのが本業」なので、交渉次第で高い査定が出る可能性は高いですけどね(^^;)

下取りのメリット!査定額以外の良いところが多い?

次の車を購入する店で下取りに出す一番のメリットと言えば、

  • 次の車と入替えが基本なので納車まで車を乗っていられる
  • 乗り換えが次の車と同時なので楽
  • 多少走行距離が増えたりしても査定額が変わらない

って、ところですよね。

「車は毎日使うから一時的でもなくなったら困る」って人は多いと思います。

それに、登録関係(廃車・譲渡手続き)も次の車の登録の必要書類と一緒に店員が説明・手続きしてくれるので楽ですね。

次の車を購入する店と今乗っている車の売却の店が違うと、車の納車や引取り・書類の手続きが別々になっちゃいますので手間がかかります。

やっぱり、下取りは段取り・手続きが簡単ってところです!

その他にも

  • 下取車に付いている用品(ナビやアルミホイールなど)を次の車への入替えを交渉次第でサービスしてもらえることが多い
  • 下取車が引き渡し後に不調になった場合でも、車屋は次の車を売っているので何も言ってこないことが多い
  • 下取車で、車屋の利益が多かった場合、次の車のアフターサービスが良くなったりすることがある

って感じです。

ま~、この辺りは車屋の商売の考え方やお客様との関係(お得意様など)で大きく違ってきますけど(^^;)

おっさんの場合は、

「車を販売するだけでなく同時に仕入も出来たのでお客様にはより感謝!」

って気持ちになりますね。

なので、気分的に次の車のアフタービスの時のサービス度が良くなったりします。

買取り(専門店)のメリットはやっぱり価格が高い?

やっぱり買取りのメリットと言えば、

「買取店(専門店)を何軒も回れるので、自分の車の相場が分かり高く価格を付けてくれる店を見つけやすい」

ってところですね。

上記で説明したように「買取り(専門店)は必ず高い」ってことは無いですが、何軒も査定が出来るってところは、高く売るポイントとしては大きいです。

正直、買取専門店に一回(1つの店舗)査定してもらうぐらいであれば、あまりメリットは無いんかなぁって思いますけど。

人それぞれの考え方がありますが「査定額(売る価格)が一番大事!」って思う人は、買取りのほうが良いかもしれませんね。

実際に、買取専門店に売るほうが高かったって話はよく聞きます。

新車の購入時の下取りの場合は少し考え方が違う!

買取専門店や中古車販売店は、下取り・買取り(仕入れ)するのはその車を再販して利益を出すことが目的ですよね。

ま~、商売として当たり前の話ですけど(^^;)

なので、査定額で他店と競合しているからといって

“買取しても利益がでない、確実に損をするような査定はしない”

っていうのが、基本の考えです。

ただ、中古車販売店などは長期在庫車を売りたいために下取車の利益は無くてもいいから他店よりも高い価格を付ける場合もあります。

買取専門店もその店が目標にしている買取台数(ノルマ)を達成するために時期や状況によって無理をすることもあります。

しかし、新車ディーラーは、そもそも下取りに対する考え方が違います

下取りをするのは、あくまでも「新車を売る」っていうのが目的なので、下取り車で利益を出すって考えは少ないです。

逆に新車が売れるなら下取車で利益はいらない、少しぐらいの損をしても構わないって感じですね。

新車ディーラー(販売会社やメーカー)ごとで、下取り車の考え方は違いますが、中古車屋や買取専門店などと、根本的な考え方が違います。

なので新車を購入する時の、「下取りと買取りのどっちがいい?」って単純に比較は出来ないですね。

詳しくは ↓↓↓

新車購入時の下取りはディーラーに出した方がお得?査定額も高い?
新車を購入する時に、 「今乗っている車っていくらで売れるかなぁ、ディーラーで下取り出すよりも買取専門店のほうが高く買ってくれるかなぁ」 ...

まとめ

「結局、どっちがいいの?」って話ですが、おっさんは”下取り”ですね。

中古車屋側のかなり偏った意見になりますが車の入替え時であればトータル的に考えて下取りのほうが良いと思います。

ま~、他の店の買取価格より極端に安い下取価格を付ける店は別ですけどね。

おっさんの店で車(新車・中古車)を販売しても今乗っている車を下取りではなく(当店で査定せず)買取専門店に売るお客様もいます。

ただ、後で聞いたら買取価格もさほど高くなく、車も先に引き渡して車の無い期間があり、部品の取外しも有料だったってケースが多いですね。

「うちでも同じような価格付けれたし、納車と入替えやから手間かからんかったのになぁ。言って下さいよ~」

って、なっちゃいますね。

やっぱり、世間の「下取りは安い・買取りは高い」ってイメージは大きいです。

たしかに、買取りに力を入れていない中古車屋などの下取り価格は安いかもしれません。

実際に、そういう店もいっぱいあると思います。

ま~、おっさんが思う、車を入替えの場合で今の車の売り方で一番良い方法は、

  1. とりあえず買取専門店を何軒か回って査定してもらい買取り額を調べる
  2. その価格を次の車を買う店(下取りする店)に伝えて、「それ以上の価格で下取りして!」って交渉する
  3. そして、めいいっぱいの下取価格を出してもらう。その他、下取価格以外のサービスが出来るか店員に相談する
  4. そこから、自分が一番良いと思う店に車を売却する

で、いいんじゃないかと思いますね。

車屋よっては嫌がるかもしれませんが、お客様が少しで高く売るために努力していると思えば相談にのってくれる店は多いと思います。

お客様からすれば「なんか天秤にかけているようで、相談しづらいなぁ」って思うかもしれませんが、全く気にすることはないです。

車両売買をしている車屋は、それが商売ですから!

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の売却
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com