代車を事故や自分でぶつけてしまった時の代車の損害はどうなる?

おっさんの独り言

店によって対応(対処)はかなり違う

車検や修理などで車屋や修理でサービス代車を借りるのはよくありますね。

万が一、借りた代車で事故を起こした時に相手への損害賠償や搭乗者のケガの補償に関しては、とりあえず自分の保険や代車の保険でほとんどが対応出来ると思います。

関連ページ↓↓↓

代車で事故を起こしてしまったら?代車は保険に入っているの? 
正直、車屋や修理屋によっていろいろ 車検や修理の時に車屋や修理屋がサービスで貸してくれる代車ってありますよね。 車を所有しているので...

しかし、もう1つ気になるのは「事故を起こした時や車をぶつけた時(傷つけた時)の代車の損害はどうなるのか?」ですよね。

レンタカーの場合は、自動車保険に車両保険も付いていて車の損害は車両保険で対応してお客様は決まった金額を負担するといった約款があります。

しかし、車屋が貸し出すサービス代車の自動車保険に「車両保険」を付けていない車屋が多いので代車の保険での対応というのは少ないと思います。

お客様が加入している自動車保険に車両保険が付いていれば「他車運転特約」を使い、お客様の車両保険で対応してもらうことがほとんどやと思います。

その辺は、保険料が上がるので負担の損害金額によりますけどね。

ただ、お客様の自動車保険に車両保険が付いていなければ、修理代金(損害金)はお客様との話し合いになることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大きな店と小さな店では対応が異なる

車屋業界では貸出した代車の損害については、「こんな対応(対処)の感じが一般的」みたいなものはあまりありませんね。

ほんとに店によって、それぞれって感じです。

ただ、新車ディーラーや大きな中古車店、大型カー用品店などは、ちゃんとルール(約款)を決めていることがほとんどです。

ルール(約款)の内容もよく似た感じやと思います。

しかし、個人で経営していることが多い小さな町の車屋や修理屋では、店それぞれで対応(対処)が違う感じですね。

新車ディーラーや大手の中古車店などは

お客様が多いの大きな店では、いろんな人(一見さんなど)にも代車を貸出すことが多いので、店ごとに代車の損害に対してのルールを決めているところが多いです。

とくに、新車ディーラーや高級車を扱う車屋の代車は、店のイメージなどもあるので年式の新しいキレイな車が多いと思います。

そのような代車には車両保険も掛けていることが多く、免責金額や損害のお客様負担分の上限を決めていることが多いです。

どちらかというと、レンタカーのような対応(対処)に近いと思います。

ただ、店によっては、保険でカバー出来ない損害は全額お客様の負担と決めている店もあります。

その場合、代車を貸出す時に説明して代車を借りるか借りないかはお客様に決めてもらうって感じが多いです。

やっぱり大きな店では、店員も多く担当の営業マンやその時に窓口になった店員に代車の損害に対する個人的な判断が難しいといことですね。

町の車屋や修理屋では

おっさんの店もそうですが小さな町の車屋や修理屋は、貸出す中の損害に関してはその時々にお客様との話し合いにする場合が多いと思います。

そもそも、町の車屋や修理屋などはお得意様の率が多く、あまり一見さんに代車を貸すということが少ないです。

なので、代車での事故などがあった時のルールなどを決めていない店が多いですね。

簡単に言うとお客様によって対応が変わるということです。

お客様を区別しているわけではないですが、昔から車の事は任せてもらっているお得意様とたまに仕事を依頼されるお客様とでは、やっぱり対応が変わってくると思います。

それじゃ~、どのような対応なのかと言うと店によっていろいろなので、ここからはおっさんの店の話になります。

多いのは、代車を貸してバンパーなどに擦り傷や凹みをつけて戻ってくることですね。

ま~、キズや凹みの大きさにもよりますが、

お客様 「バンパーぶつけてもうたぁ。ごめんなぁ~」

おっさん 「いいっすよ。代車やから。後で筆塗りしときますわぁ」

って、感じで終わってしまいます。

お客様に貸すための代車なので、ちょっとしたキズや凹みぐらいであれば、仕方がないなぁ~って思ってます。

そもそも、町の車屋や修理屋が代車にしている車は、下取りや無料の引取りなどで入ってきた車両がほとんどです。

売り物にするのはイマイチやけど調子がいいなどの車が多いです。

もともとキズがあったり新しくない車両などがほとんどなので、キズや凹みぐらいはあまり気にしないですね。

問題は、絶対に修理しないといけない損害や全損になった時ですよね

ここで、「お客様によって対応が変わる」ってところです。

付き合いの長い、これからもお世話になっていくと思うお客様であれば、お客様が納得してもらえるぐらいの修理代の一部を負担してもらうか、なにも請求しないかです。

付き合いの長いお得様であれば、こちらから何も言わなくても気を使ってくれて、これからいろいろと仕事の話を作ってくれますし。

やっぱり、そのお客様との今までの付き合いが一番大きいです。

そんなことをふまえて、その時に考えるってことですね。

それに、代車を貸して何か問題が起こった時に

「お客様と話し合いをするのが難しい」「車屋側が損害を負担するのが出来ない」

って思ってしまうようなお客様には、そもそも代車を貸さないですね。

おっさんの考え方ですが、ほとんどの町の車屋や修理屋は同じ考え方やと思います。

まとめ

ほとんど車屋側の考え方の話になってしまいましたが、実際のところこんな感じです。

ただ、お客様の中には

「仕事を出しているのだから、その代りの代車に何かあっても店側が損害を負担するのは当たり前」

って思っている人もたまにいます。

しかし、それは大きな間違いで車屋側からすれば無償で貸し出す代車(サービス代車)に関しては、あくまでも店側のサービスです。

車検代や修理代に代車費用が隠れて含まれているわけではないです。

車屋としての基本的な考え方は、貸出中の損害はお客様の責任(自己負担)が原則です。

あとは、車屋の商売の考え方とお客様との付き合いに応じてといった感じですね。

もし、車検や修理で代車を借りる時に事故や自分でぶつけた時のことが気になるようでしたら、その時に店員に聞くのが一番です。

代車の損害に関して決まり事(ルール)がある店ならば、聞かなくても貸出す時に説明が必ずあると思います。

決まり事がない店(町の車屋など)は聞けばなんとなくですが簡単な説明してくれると思います。

おっさんは、お客様から聞かれたら… … よく考えたら聞かれた記憶がないです。

聞かれたら何て答えようかなぁ~~~。

やっぱり、個々のお客様で言い方が変わるかなぁ(^^;)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おっさんの独り言
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com