カーシャンプーのおすすめは?って聞かれれば「シュアラスター」かな

日ごろのカーケア

自分で洗車をする時必要になる道具の1つが「カーシャンプー」ですよね。

でもカーシャンプーって、自分でいろいろ調べて自分の車に合った商品を決めてから買うって人はけっこう少ないんじゃないかな。

カー用品店やホームセンターに買いに行って並んでいる商品の中で、その時に価格や容量などを見て比べて、

「安くて良さそうやから、コレにしようかなぁ」

と、何となく買っているって人のほうが多いですよね。

っていうのも普通に洗うだけなら、カーシャンプーって「泡泡」になって洗いやすくて汚れが取れたら、どれも同じって思っている人がほとんどやと思います。

おっさんも同じような考えで、とくに洗車道具にこだわりが無ければ、何でも同じかなぁって感じです。

正直、洗車ばっかりしている中古車のおっさんからすれば洗車は道具より洗い方!ってところですね(^^;)

それじゃ~、話は終わってしまうんで、ちょっとおっさんが思うおすすめのカーシャンプーの簡単な選び方を説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーシャンプーは普通の商品でコスパ重視で選ぶべき!

お客様と洗車の話をしていると、

「普通(洗うだけ)のカーシャンプーってどれがいいの?何を使ってるの?」

って聞かれることがあります。

まず説明するのは、車を普通に洗うってことを前提に、

「水アカ取り」や「撥水」の付いた商品ではなく、普通(液性が中性)が基本!

ってところです。

カーシャンプには、いろいろと種類(効果の違い)がありますが、付加価値(撥水など)のある商品は使い方(目的)や使える車種が違ってきます。

なので、単純に車を洗うってだけの簡単な考えかたであれば普通(中性の全色対応など)の商品を選んだほうがベタでいいですね。

ただ、おっさんは車屋(プロ)なので、いつも使っているのは業務用(大容量)なので、市販品はあまり使わないので正直よく分からないです。

しかも、洗車道具の専門業者(卸業者)のおまかせ(ベタな商品)を持ってくる物なので、とくに製品の内容(特徴)などは気にしたこともないです。

単純に、おっさん(車屋)がカーシャンプーに求めているのは、

  • 泡立ちやすい、泡が長持ちする
  • 希少タイプで、希釈率(薄める割合)が高く、自分で濃(泡泡の度合い)を作れる
  • いろんな車(ボディーカラー)に使える、(液性は中性)
  • 安い(コスパ)

ってところで、業者もそれなりに車屋から文句を言われないような物を持ってきます。

ようは、車屋からすれば製品の特長じゃなく、使いやすくてオールマイティーに使えるってところがポイントですね。

なので、商品の内容(特徴)の説明はお客様に、

普通(中性タイプで全色対応)のタイプで希釈率(50倍以上)のコスパが良い物

ってような感じで説明しています。

おすすめは、シュアラスターカーシャンプー1000

市販品の中で「コレが一番おすすめ!」っていうのは正直ないですが、どれが良い?って聞かれれば、

シュアラスター カーシャンプー1000 S-30[1000ml]

ワックス(洗車道具)メーカーでは定番で有名な「シュアラスター」のスタンダードなカーシャンプーですね。

車種(ボディーカラー)やコーティングの有無は関係なしに、とりあえず「洗いやすいく汚れを落とす」っていう基本的な商品です。

商品の特徴(売り)の説明も

「キメ細かくクリーミーな泡が汚れを包み込んでホコリ汚れを落とす」

ってところで、カーシャンプーの基本のところを重視していますね。

容量は少し多めの1000mlで、売られている価格は600円~800円ぐらいです。

商品説明には、この1本での使用回数目安は「中型車約20台分」って書いています。

売っている価格だけに関しては“高くも安くもなく”って感じですが、内容的(コスパ)に見たら安いかなぁって思います。

他に安い商品から高い商品までいろいろありますが、トータルで見るとコレはおすすめかなぁって感じです。

おすすめのポイント!

おっさんが思う、市販品のこの商品のおすすめのポイント(特徴)は、

「泡立ちが良い(クリーミー)」「希釈率が高くコスパが良い」「売っている店が多い」

ってところです。

他に商品ごとに比べるところ(特徴)はあると思いますが、やっぱりカーシャンプー選びはこの2つが大きなポイントやと思います。

そこで、ちょこっと説明すると、

イイ感じの泡立ち

泡泡で洗車

やっぱり、洗車する(スポンジでこする)時にボディーにキズが付かないように「泡泡」で洗うってのが一番のポイントです。

なので、カーシャンプーは“泡泡”で、“やわらかい感じの泡”になる物のほうが、より洗いやすくキズも付きにくくなります。

泡立ちや泡の質(やわらかさ)でいうと、この商品は「なかなかイイ感じ」で、洗車のやり方(上手い下手)関係なくオススメかなってところです。

泡の質(やわらかさ)っていうのは、なかなか洗車の数をこなさないと分からないかもしれませんが、誰が使っても泡立ちに対する不満っていうのは無いと思いますね。

希釈率が高いのでコスパが良い!

お買い得って思う安い商品って、けっこう希釈率(水で薄める割合)が低い物が多く、泡泡にしようとすると1回使用料が多くコスパが悪いです。

この商品は「本液50ml(キャップ約4杯)を水4L」って割合で約50倍の希釈率なので、けっこうコスパが良いと思います。

それに、もっと薄めても普通の感じでは泡立つので、1本買うとそこそこ長持ちしますね。

つまり、1回の使用料で考えると安い商品ってことです!

使用回数の目安は、「中型車約20台分」ってなっていますが、実際はもっとイケるんじゃないかなぁって感じはします。

それと、希釈率が高いと汚れの度合いで薄め具合を調整できるってところもポイントです。

「けっこう洗車してなかって汚れがひどいから、しっかり泡泡にして洗おう」

「あんまり汚れてないから、シャンプー使うけど軽く洗うぐらいでいいかぁ」

って感じで、洗車のやり方によって濃さを調整できます。

この辺りは、ちょっと車屋目線の考え方ですが、状況に応じた使い方(洗い方)の範囲が広いっていうのはいいと思います。

定番メーカーなので売っている店が多い!

自分(ユーザー)が買う消耗品や洗車道具選びは、買いやすい商品っていうのが大事です。

シュアラスターは定番のベタなメーカーなのでネットはもちろん、大型カー用品店やホームセンターなど多くの店で商品が置かれています。

とくにこのカーシャンプーは基本の定番商品なのでシュアラスターを扱っていれば、ほとんどの店に置いてあるって言ってもいいぐらいです。

やっぱり性能(内容)や価格も大事ですが、洗車道具に関しては“どこでも気軽にすぐ買える商品”を選ぶっていうのもポイントですね。

まとめ

ま~、「自分がいつも使っているから!」みたいな説明をしましたが、おっさんがいつも使っているのはプロ用の業務用シャンプーです(^^;)

でも、この商品を使ってみて思ったことで、お客様におすすめして実際に使われて、

「これええやん!他のより泡泡なるから何となく洗いやすいわぁ」

っていう感じの感想が多いので、まあまあ正解の事を言ってるかなぁって思います。

ただ、

「ちょっとボトル大きいから車の後ろ(荷台)に積んでおくには邪魔になるわ!」

っていう人もいますね。

そこは、知らん! 以上です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのカーケア
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com