フロントガラスの撥水コーティング剤 お手頃でおすすめは「超ガラコ」

日ごろのカーケア

みなさん、“フロントガラスの撥水”って、どんな商品を選んでますか?

少し前までは、フロントガラスの撥水コーティング剤と言えば、「ぬりぬりガラコ」でしたよね。

定番中の定番で、洗車道具と一緒に車に積んでいた人は多かったと思います。

ま~、あまり他に商品も少なかったですし、商品の内容も同じような感じだったので定番の「ガラコ」でええかって感じやったと思います。

でも年々、多くのメーカーからいろんな商品が発売され「ぬりぬりガラコ」を買う人も少なくなったような気がします。

それに、最近売れている撥水シャンプーやフロントガラスOKのスプレータイプのボディーコーティング剤でもガラスの撥水が出来るものがあります。

なので、フロントガラスだけの撥水コーティング剤を買う人も以前より少なくなったかなぁって感じがします。

でもやっぱり、

「フロントガラスは簡単な物や撥水シャンプーでは、すぐ撥水効果が無くなるから、そこそこのガラス用コーティング剤を使いたい」

っていう考えの人も多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

単純に「雨の日に見えやすくしたい」って人に!

フロントガラスの撥水コーティングをしたいと思っている人って、

「雨でガラスがモヤモヤやギラギラになって前が見えにくいのが怖いから」

って単純に“雨の日に視界を見えやすくしたい”って理由が一番多いと思います。

どちらかと言うと洗車やWAXなどは頻繁にやらないから車は汚れてるけど、フロントガラスだけはいつも見えやすくしときたいって感じですね。

とくに仕事や日常の買い物などで毎日車を使う人に多い考えやと思います。

ただ、ガラス用コーティング剤といっても安いもモノからけっこう高いモノまで、いろんな商品(書類)があって何を選んだらいいのか迷っちゃいますよね。

自分の好みや車の使い方(環境)によって好みの商品を選べるようになったのは良い事ですが、“とりあえず”って人には商品選びが難しくなったと思います。

そこで、おっさんがお客様に「とりあえず撥水コーティング」って思っている人の商品選び方のポイントとして説明しているのは、

  • 撥水効果の持続性(耐久性)がなるべく良いモノ
  • 使いやすさ(楽さではなく施工の簡単さ)
  • コスパ(効果や使用回数に対しての価格)

ってところだけです。ちょっと分かりにくいですけど…

簡単に一言で言うと、使いやすくて耐久性(持続性)が良いモノです(^^;)

商品の中には「ノーワイパ」など高速時には雨をはじいて(水玉を飛ばして)、ワイパーの使用回数を減らしたり出来る効果(特徴)があるモノなどもあります。

それに、ふき取りがいらないモノやスプレータイプなどのかなり簡単に施工できるモノもたくさん売られています。

ただ、この辺りは人によっての”好み”になりますので、“とりあえずって人”には商品選びに迷うだけやと思うのであまり説明してないですね。

「超ガラコ」がおすすめ!

上記のような感じで説明しても、好みやこだわりが無いって人ってやっぱり、

「そんな説明はいらんから、何を買ったらええの?おすすめは?」

ってなりますよね。

そこで、おっさんがいつもお客様にピンポイントでコレ!っておすすめしているのが、

「ぬりぬりガラコ」と同じメーカー”SOFT99″で上位商品の「超ガラコ」です。

上位商品と言っても成分自体が違って、「ぬりぬりガラコ」はシリコーン系に対して「超ガラコ」はフッ素系です。

撥水力はシリコン系(油)のほうがありますが、耐久性で言えばフッ素系のほうが圧倒的にあります。

ひと昔前のフッ素系コーティングといえば、価格も高く効果を上げるために下処理も必要なことからプロ(施工業者)がよく使うコーティング剤でした。

それを、誰でも簡単に使える簡易型でお手頃価格にしたのがこの商品ですね。

「超ガラコ」のおすすめの理由

理由としては、単純に「いろいろ使った中でコレがトータルで考えると一番かなぁ」っておっさんが感じたからですね。

もちろん、車屋の目線でお客様にオススメすると考えた時の「耐久性(持続性)」「使いやすさ」「コスパ」「ベタな商品」のトータルです。

正直、効果(撥水能力)でいうと、それぞれの商品に細かい特徴はありますが、基本的なところはどの商品も似たようなモノかなって思います。

って言ってしまうと話は終わっちゃうので、もうちょっと説明していきます(^^;)

実際の耐久性(持続性)は?

気になる耐久性(持続性)は説明書きに約1年って書かれてます。

ただ、ガラスの下処理もせず普通(個人使用)に使った感じで言えば実際は3~4ヶ月ぐらいかなぁってところです。

3か月ぐらいで完全に効果がなくなるってわけではないですが、それぐらいから「そろそろ、また塗らなアカンかな」って感じになってきますね。

あんまり車に乗らない(使わない)って感じでも、屋根付きの車庫でなければ6か月ぐらい持てば良いかなぁって感じです。

それでも「ぬりぬりガラコ」などのシリコン系の商品と比べるとかなり耐久性(持続性)があると思います。

使いやすさ(施工方法)は?

同じような塗るタイプの商品で比較すると、塗る時はどれも同じ(塗るだけ)ですが、拭き上げ(取り)はけっこう楽ですね。

「ぬりぬりガラコ」などの成分がシリコーン系の場合、簡単に拭き取れるといっても、やっぱりそこそこちゃんと拭かないとキレイに拭き取れないです。

テキトーに拭き上げると油っぽいモヤモヤの拭き残しが出るって感じです。

でも、フッ素系の場合は油ではなく固まった粉のようになるので、ささっと拭き上げるだけで簡単に拭き取れるので楽です。

そんなに大差はないですけど、洗車した時に「ふき取り楽やから、ついでにガラコ塗っとこか~」って思えるぐらいの差はあると思います。

コスパはそこそこ良い

定価(希望小売価格)は高いですが、実売価格は、1,300円~2,000円ぐらいでフッ素系ではそこそこ買いやすい価格帯で売られています。

ネットやホームセンターは、けっこう安く売られていますが、カー用品店などの店頭ではもう少し高いかなぁって感じです。

一応、1本で“普通車のフロントガラス約5枚分”ってところなので、単純に早めの3か月ごとに塗っても1年以上は持つ計算になります。

なので、「ぬりぬりガラコ」に比べると倍以上の価格ですが、耐久性(使用頻度)や作業の手間で考えるとコスパは良いと思います。

それと、他メーカの本格的なフッ素系コーティング剤と比べれば耐久性は落ちますが、価格は安くお手頃って感じですね。

けっこうどこでも売っている

やっぱり、“メーカーの知名度と買いやすさ”っていうのもお客様におすすめするポイントの1つですね。

メーカーは車の用品ではベタで有名な“SOFT99”なのでカー用品店はもちろん、ホームセンターなどでも普通にこのメーカーの商品を取り扱っています。

超ガラコも“ベタな売れ筋の商品の1つ”って感じなので普通に売っていると思います。

なので車屋としても、どんなお客様にもおすすめしやすい商品ですね。

まとめ

今回は、「とりあえずコーティング」って人に「とりあえず、これにしときなはれ!」って感じのおすすめの商品のお話でした。

でも、「ガラスのキレイを保ち、もっとコーティングの耐久性を良くしたい」って人にもおすすめです。

施工前のガラスの下処理(油膜の除去や鉄粉・ウロコ除去)をしっかりすれば、さらに効果(耐久性)は上がります。

ネットなどで売られている価格の高いフロントガラスコーティング剤のセット(プロ用)などの商品のような考え方でも使えると思います。

そういう意味でいえば、いろんな車の使い方や車に対する考え方の人に対応したオールマイティーな撥水コーティングの商品って言えますね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのカーケア
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com