洗車の仕方(初級編)基本3つのポイントを覚えておくだけでOK!

日ごろのカーケア

手洗い洗車の基本・初級編 難しいことは一切なし!

中古車屋をしていると、自分で洗車をあまりしない(したことのない)お客様から

「自分でする手洗い洗車ってどうするの?道具は何を使ったらええの?」

って、ちょくちょく聞かれることがあります。

意外と「洗車は難しくて手間」「ちゃんとした洗車をしないといけない」って思ってる人が多いですね。

ネットで洗車の仕方など調べてみても、いろいろと洗い方・手順などが出てきますが、

「ま~、細かく難しく書いてあるなぁ。はじめの時(あまり分からない時)は、もっと単純で簡単でいいのになぁ」

って、おっさんは思ってしまいます。

なので、おっさんはお客様に洗車の仕方・道具など聞かれた時は、はじめに必要最低限の道具と基本で大事な3つのポイントだけ説明していますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とりあえず、洗車道具は安いものでOK!

基本の洗車道具

はじめて自分で洗車してみようって人であれば、まずは洗車道具が必要ですね。

洗車道具と言っても、いろんな物があって種類もいっぱいあって何を買えばいいのか、はじめての人は分からないと思います。

基本(最低限)必要なのは、「水(水道)・ホース」「バケツ」「カーシャンプー」「洗車スポンジ」「拭き取りタオル」「脚立(背の高い車)です。

この中で、とりあえず買ったほうがいいのは、「カーシャンプー」「洗車スポンジ」ぐらいです。その他は家にあるもので代用出来るなら、それでいいと思います。

「カーシャンプー」「洗車スポンジ」と言っても、価格が安い物から高い物まで多くの種類があって迷いますよね。

高い物は良いに決まってますが、洗車に慣れていなければ使っていても良さがイマイチ分からないと思うので、最初は安い物でいいと思います。

カー用品店やホームセンターなどで洗車用として売られている物で、「とりあえず安いからコレでええかな」って感じで選べばいいと思います。

その他にも、いろんな洗車グッズが売られていますが、ある程度洗車に慣れてきて自分の洗い方に必要と思ってから揃えたほうがいいと思いますね。

ポイントその①「シャンプー・スポンジは常に泡泡」

カーシャンプー、スポンジを泡泡にする

バケツでカーシャンプやスポンジでボディーを洗う時は、常に「泡泡」しておくってことが基本ですね。

これは、「泡で汚れを落とす」「洗いやすい」などの意味もありますが、基本は「泡でボディーに洗車傷を付けるのを防ぐ」っていうところです。

とりあえず、スポンジもボディーも「泡泡」にしとけば、洗い方(こすり方)などを気にしなくても目立つ洗車傷などは付かないと思います。

ただ、無理やり泡立てたカサカサの泡ではなく、ほどよくしっとりした(粘り気のある)泡泡がベストですね。

簡単に例えるなら日焼けした体を洗う時にボディーシャンプーを多めでタオルを泡泡にすれば、擦ってもあまり痛くないって感じですね。

説明も例えも、ちょっとおかいしかな。ま~、そんなニュアンスです。(^^;)

ちなみに、理想の泡泡になりやすいカーシャンプーのおすすめは↓↓↓

「シュアラスター カーシャンプー1000 S-30(1000ml)」ですね!

とりあえず試しでって感じで買うには、価格は高くはないですが安くもないですいし量も多いかもしれませんが、なかなか良い感じの理想の泡立ちになりますね。

ただ、、コレを使っちゃうと「ええやん、コレで十分やん」って人が多いので、初めからコレを買っておいてもいいと思います。

ポイントその②「水は思ったよりタップリ使う」

よく聞く洗車の手順で、

「はじめにボディーに全体に水をかける」→「スポンジで洗う」→「最後に汚れ・泡を水で流し落す」

って感じで水をはじめと終わりだけ使い、スポンジで洗っている時は水を止めて必要最低限しか水を使わない洗い方をする人は多いですね。

無駄に水をかけまくったり、出しっぱなしにするのは「もったいない・無駄になる」って考え方が一番多いと思います。もちろん間違ってはないですね

しかし、ボディーを傷つけないようにするのと汚れをちゃんと落とすには、水をタップリ使うことが大事(必要)なことです。無駄ではないと思います!

まずは、はじめにボディーに水をタップリ勢いよくかける

水をプシャ~ってかける

スポンジで洗う前にボディーに水をかけるってイメージはみなさんあると思います。

ただ、「ジャ~」って感じでボディーを濡らして終わりって人が多いですね。

でも本当は、スポンジで洗う時に大きな擦りキズにならいないように埃や砂(ちっちゃな石など)を落とすための作業なので、濡らす程度ではあまり意味がないです。

なので、ホースの先をつまんで「プシャーッ」って水をかけて埃や砂を水圧で飛ばします。ここは少し時間をかけて念入りにすることがポイントですね。

スポンジで洗った箇所は部分的にすぐ洗い流す

部分的に洗い、すぐ流す

車全体を洗ってから最後に水で洗い流すのではなく、「ドア1~2枚洗ったら水で流す、天井は左右2回に分けて洗う」って感じで、部分的に洗って流していくのが良いです。

思った以上にシャンプー(泡)は乾くのが早く、乾いたシャンプーは水だけでは洗い流せない(またスポンジで洗わないといけない)ので、すぐ水で流すことが大事です。

スポンジで荒い終わったら、最後に念入りに水で洗い流す

ほんどの人が最後に車全体の泡や汚れの残りを水で洗い流しますね。

ただ、人の洗車を見ていると、おっさんはいつも声を大きくして言いたくなるのは、

「それぐらいじゃ、泡や汚れがキレイに流せてない、まだまだ残っている!」

ですね。

パッと見てキレイに流せてると思っても、けっこう泡や汚れは残っているもです。

なので、パッと見で判断するのではなく、もう1回車全体(部分的)を念入りに水で洗い流すことが大事ですね。

ま~、これぐらいすると「何回も同じところを流して、水を使いすぎなんちゃう?」って思ってしまうかもしれないですが、洗車では大事なポイントです!

ポイントその③「隅々まで洗い、洗い残しをなくす」

隅々まで洗い残しがないように!

スポンジでボディーを洗う(こする)時のポイントは、ただ単に「洗い残しをしないようにする」だけです。

よくスポンジの使い方で「一定方向でやさしく洗う」などありますが、この洗い方は、けっこう疲れるので洗車に慣れてないと同じ洗い方が持続せず洗い残しが多くなります。

なので、最初はスポンジの使い方(ボディーの擦り方)などは、あまり気にすることはないですね。普通に洗うって感じでいいと思います。

どれだけ、正しい手順や洗い方をしても洗い残しがあったら意味がないので「洗い残しをしないようにする」って意識して洗うことが大事です。

正直、スポンジを泡泡にして洗えば、洗い方(方向)や擦る強さはあまり関係なく、ボディーに目立つ洗車傷が残ることはないと思います。

洗い方(スポンジの使い方)などを気にするのは、洗車に慣れてきて自分に合った洗い方が分かってきてからでいいんじゃないんかなぁって思いますね。

まとめ

はじめての時や洗車に慣れていない時期は、この3つの基本のポイントさえ抑えておけば十分ですね。

これで、「洗車してキレイになった!」って感じなると思います。

そして、洗車に慣れてくれば、車の汚れ具合や天気(外の温度)、洗い場所(環境)などで状況に合った洗い方が分かるようになっていきます。

そこから自分に合った道具選びや細かい洗車の仕方を覚えていけば、より車をキレイな状態で維持していけると思います。

ただ、基本のポイントと言っても説明したことをちゃんとするのは難しい事はないですが、時間がかかり面倒くさい作業かもしれないです。

最後に短く簡単に例えて説明すると「髪の毛をキレイに洗う要領で!」って感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのカーケア
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com