メーター戻し・改ざんをしている中古車販売店ってあるの?本当は?

自動車の購入

中古車を購入しようとする時に、まず欲しい車を中古車雑誌やサイトなどで価格を調べるのが一般的ですよね。

そして、欲しい車の

「年式」「グレード」「走行距離」「修復歴の有無」

などを比較して、その中で気になった車や車両価格の安い車を中古車販売店に見に行くと思います。

その中で、「車両の内容(情報)は、他の店の車と同じぐらいなのに価格は非常に安い」などの車があった時に、

「なんか怪しいなぁ、メーター戻しでもやってるんじゃないの?」

って、思う人は少なからずいると思います。

正直、20~30年前までは普通の中古車店でも地域によって「メーター戻し(改ざん)」を当たり前のようにしている店もありましたね。

ですが現在では、中古車販売という業界も確立され、ルールや中古車販売の考え方などもしっかりされてます。

なので、ほとんどの普通の中古車店では「メータ戻しは過去のもの」になって感じで現在では「メーター戻し」は行われていません。

しかし、残念ながら現在でもほんの1部の悪徳な中古車店で「メーター戻し」が行われているのも事実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、メーター戻しって簡単に出来るの?

答えから言うと車屋なら、やろうと思えば簡単に出来ます。

最近の車のメーターはデジタル表示になっていて、昔のアナログメーターのようにメーターをバラして走行距離を変えられないと思っている人も多いですね。

でも、実は逆に簡単に出来るようになりました。

昔みたいに「メーターを分解してキレイに見た目でバレないように走行距離を戻す」という特殊な技術も必要なく、素人っぽい車屋でも出来るようになりました。

さすがにその内容に関してはお話できないですけど(^^;)

なので、悪質な業者も逆に増え、国も車検証に検査時の走行距離が記載したりして、いろいろ「メーター戻し」の対策をしています。

しかし、この辺りも何とでも出来て、いたちごっごになってます。

メーターを戻している車って見れば分かる?

中古車販売店であれば、仕入した車を商品化して販売するのが基本です。

前ユーザーの使用していた感じ・雰囲気や車の状態などを分からないようにするとこは簡単です。ま~、それが仕事ですから。

なので、メーターを戻しても、一般の人に分からないように車の状態も戻した走行距離に見合った状態にすることも簡単に出来ます。

それに、メーター戻しをして販売する目的であれば車両を仕入する時はメーター戻しをしてもバレないような走行距離に比べて程度が良い車両を選んでいます。

悪い事をする奴に限って、そういうことは一生懸命、努力するんですよね(^^;)

なので正直、一般の人が展示場で車を見るぐらいでは、「メーター戻しをした車」を見分けることは難しいですね。

本当に普通の車屋は「メーター戻し」してないの?

そんなに簡単に出来て儲かるのであれば、

「どこの中古車店でも普通にしているんじゃないの」

って思っちゃいますよね。

しかし、「メーター戻し」に関しては、それぞれの中古車販売店の売り方やとか車屋業界のルールなどの考え方とは違いますね。

普通に仕事として商売としてユーザー相手の小売店の考え方として「普通にダメなこと」「この時代は通用しない」って、ほとんどの車屋が思っています。

なので、「簡単に出来るから」とか「バレないから」「儲かるから」っていう安易な考え方は、どこの店もしていないですね。

メーター戻しをしている店ってどんな店?

プロの中古車販売店からすれば、店の感じや売っている車両の価格や情報を見ればなんとなく分かります。

ただ、なかなか普通の人が見分けるのは難しいかもしれませんね。

しかし、そのような店は、一般的な感じの小売店といったイメージで中古車販売店をしている店ではないと思います。

悪徳な人間が金儲けをするために中古車販売店をしているって感じが多いですね。

なので、店の雰囲気や店員の対応(態度や売り方)などが普通の中古車店とは違います。車屋っぽくないですね。

中古車探しで、何軒か車屋を回っている人であれば、雰囲気で分かるかもしれないです。

おっさんからすれば、ちょっと素人っぽい売り方をしているなぁって思います。

「そんなやり方やったらすぐバレるやろう」って感じですよね。

ま~、そんな店は、すぐバレるんですけどね。

例えば、こんな店があやしい?

「メーター戻し」に関わらず「修復歴をごまかす」などのを当たり前のようにしている中古車販売店は、

  • 店の名前がよく変わる(よく店舗が移転する)
  • 店員が車の説明時に「中古車ですからね~」を連発して言う
  • 契約時に、やたらと念書などのサインする書類が多い
  • 小さな店なのに店独自の保証内容(規約)が決められすぎている
  • 修理屋でもないのに、整備(納車点検)をその店でやりたがる
  • 走行距離が平均的に多くなると思われる車種を多数在庫している

などが特徴やと思います。(おっさんの勝手な意見ですけど。)

しかし、このような店(売り方)は、店舗が複数あって販売ルールが決まっている大手の中古車店にも当てはまるかもしれません。

一概に「あやしい店」とは言えないですが、こんな感じやと思います。

まとめ

中古車を購入しようと考えている人は「メーター戻しの車は絶対に避けい」と思って中古車探しをしていますよね。当然ですけど…

おっさんからすれば、普通に価格を調べて価格相場に見合った車を「何か怪しいと思わない中古車店」で購入すれば、まず大丈夫やと思います。

おっさんは、この時代に中古車を購入する時に一般ユーザー(お客様)が「メーター戻し」を気にすることや頭に浮かぶことが自体が不思議だなぁって思います。

まだまだ、「中古車業界が思っている中古車店の考え方・ルール・販売方法」「一般ユーザーの中古車(店)に対するイメージ」がかけ離れているんでしょうね。

正直、どれだけ車屋業界が頑張っても「メーター戻し」をしているような悪徳な中古車販売店は、この先も無くならないと思います。

悪徳な店が1つなくなっても、またすぐに別の場所で悪徳な店ができます。

でも、ただ1つ言えるのは、「メーター戻し」をしている店は、ただ儲けたいだけの悪徳業者で普通の中古車販売店は、まったく考え方や販売内容が違う小売店です。

なので、中古車屋に行った時に「普通の中車屋ぽくないなぁ」って感じるのであれば、ちょっと怪しんでもいいかなぁって思います。

逆にお店に対して対応や販売方法に違和感を感じることがないのであれば、とくに「メーター戻し」を気にすることはないと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com