未使用車(新古車)は新車より安くて得なの?本当は?中古車屋の本音

自動車の購入

みなさん、ネットや雑誌で中古車を探したり見ていると「未使用車」や「新古車」っていう車両を見かけると思います。

とくに軽自動車を探していると、かなり多く「未使用車」が出回ってます。

ほとんどの人が、

「未使用車(新古車)って安いなぁ。新車買うんやったら未使用のほうが得?」

ってイメージを持っていると思いますね。

っが、しかし!

ひと昔前までの安く大量に未使用車(新古車)が出回っていた頃と違い、現在の未使用車の事情は少が変わってきていますね。

そこで、中古車屋のおっさんが未使用車(新古車)について勝手な考え方を話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

未使用車とは?新古車と違うの?

数年前までは未使用車ではなく「新古車」って呼ばれていました。

車自体は「新車」だけど、訳あって1度登録されているので書類上では「中古車」という車を略して「新古車」って読んでましたね。

1度、登録されてしまうと新車として新車ディーラーで販売出来ないので、中古車販売店が仕入れて新車よりも少し安く売るって感じです。

ただ、「新古車」というのは車業界が中古車と区別するために勝手に言っていただけなので、ちゃんとした定義がありませんでした。

中古車屋によっては「距離が少ない新車みたいな中古車」も新古車として売っていたりしてユーザーからすると、よく分からないあいまいな言葉でしたね。

そこで、「自動車公正取引協議会」が車の程度を表現する言葉としては不適切ということで新古車という言葉を商法上で使用が禁止するようにしました。

「goo」や「カーセンサー」などの情報サイトで使えなくなったので、同じ意味で使われていた未使用車という分かりやすい言葉に統一されたって感じです。

なので、前までは「新古車」、現在は「未使用車」と呼んでいるだけで基本的には同じ意味の言葉です。

ただ、おっさんもそうですが、言い慣れた呼びやすい「新古車」って言葉を今でも使っている車屋は多いですね。

なぜ、未使用車って出来るの?

いろんな理由がありますが、一番多いのは、新車ディーラーの「台数稼ぎ」「ノルマ達成のため」ですね。

その他に「キャンセル車」や「展示車」「キズ有車」などで新車としてユーザーに売りにくい車を処分するってところです。

ほとんどが、新車ディーラー(販売会社)側の事情です。

とくに軽自動車は登録するのが簡単で車庫証明も要らず、すぐ出来るので未使用車が大量に出回っていますね。

ひと昔前は、新車ディーラーは利益が無くても損をしても販売台数を稼ぐために未使用車を作るって考え方でした。

しかも、営業マンや営業所単位ではなく販売会社自体で未使用車を作っていたので、ものすごい数が流通していました。

本来は間違った販売方法なのですが、メーカーもかなりの台数が稼げるので販売の方法に関しては暗黙の了解でした。

しかし、未使用車を作れば作るほど損をしますし、新車が売れにくくなり「自分で自分の首を絞める」ことになって潰れるディーラーも出てきました。

そりゃ、そ~なりますよね。普通に考えたら。

そこで、やっとメーカー側もディーラーに台稼ぎのためだけの未使用車作りを禁止するようになりました。

ディーラー側も損をしてまで台数を稼ぐほど、元気がない(資金がない)ので、販売会社ぐるみで大量に未使用車を作ることをしないようになりました。

なので現在では、ひと昔前までみたいに大量に未使用車が出回っていませんし、ディーラー(営業所)が大きく損をしてまで作らないです。

作ったとしても、営業所で数台ぐらいで少し損をする程度の価格って感じですね。

新車と比べて本当にお得?

お待たせしました。ここから本題に入りますね(^^;)

おっさんの考え方ですが、答えから言うと

「正直、未使用車だからと言って必ずお得とは言えません」

「新車を値切りまくったほうが総額で安いかも」

って感じです。

おっさんの店も数年前までは、スズキやダイハツの軽自動車の未使用車を多く売っていましたが、現在は全く売っていません。

理由は簡単で、「ディーラーが大量に安く作らなくなったので、仕入れ価格(原価)がかなり高くなった」ってとこですね。

仕入れ出来ないことはないですが、販売しても「新車に比べて、お得感がかなり少ない」ので、お客様におすすめする理由があまりありません。

「未使用車 専門店」などの店も数多くありますが見積を見て値段だけで言うと正直、安いって感じることはないですね。

それに、未使用車の価格は新車価格ではなく、中古車流通価格で決めるので人気車種やグレード・色(パールや黒)で、新車よりも総額で高いこともあります。

なにより、新車の値引きも交渉次第でかなりありますので、実際の新車と未使用車の総額を比べると、どちらが安いのかよく分からないって感じですね。

未使用車は、必ず総額で考えること!

中古車情報サイト(中古車情報誌)や新聞チラシなどで、未使用車が安い価格で載っていることが多いですね。

車両価格で言えば、新車を値引きした額よりも安いです。当然ですけど…

おっさんが見ていても魅力のある価格だなぁって思います。

ただ、車の購入は総額(諸費用やオプション、サービス)で考えるものです。

中古車販売店は諸費用やサービスに統一された価格(定価)が無く、「諸費用(手数料など)は利益」って考え方が一般です。

とくに未使用車の場合は、仕入れ価格(原価)が高いので車両に利益を乗せると販売(表示)価格が高くなってしまうので、諸費用で利益を取る店がほとんどです。

なので、未使用車の車両価格が安いからといって、そのまま新車の車両価格と比較して考えるのは大きな間違いですね。

おっさんの経験上、車両価格を安くしている店ほど、諸費用が高いってイメージです。

なぜなら、未使用車の仕入れ価格(原価)の相場は、程度で大きく変わる中古車とは違い、ほぼ決まっているので安く仕入れて安く売るってことが難しいからです。

同じ未使用車(登録月も一緒で同じ内容)であれば、どこの店でも仕入れ価格はよく似た価格と考えていいですね。

まとめ

未使用車を検討する時の考え方としては、

「乗ったら中古車になるので新車より少しでも安かったら未使用車でも良い」

「少ししか安くならないのなら、新車のほうが気持ち的に良い」

など、人それぞれの考え方が大きく、正直どっちが得って言いにくいです。

それに、新車ディーラーや未使用車を販売している車屋それぞれの購入時のサービスや買ってからのアフターサービスもかなり違いがあります。

その辺りも購入の時の大きな判断材料になりますもんね。

ただ、価格面だけで言うと、未使用車だからといって新車と比べて安いってイメージは、

「ひと昔前のイメージのことで、現在ではあまり価格の差はない」

っていうのが正解やと思いますね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com