新車購入時のボディーコーティング、ディーラーが勧める本当の理由

自動車の購入

ディーラーの営業マンは、新車だからって言うけど…

新車の見積りをした時に何も言わなくても、オプションの欄に「コーティング施工」などが入っていることが多いですね。

見積もり書を見て、営業マンの説明を聞いても

「ボディーコーティングって必要?そこそこ高いなぁ。でも新車やしなぁ~」

って感じで、迷う人も多いと思います。

でも、「新車だから」って理由でコーティングをする人は多いですね。

おっさんも新車を販売する時には、一応「ボディーコーティング」の説明をします。

やっぱり、新車の一番キレイな状態でコーティングするのは効果がありますからね。

ただ、おっさんのコーティングの説明では、あまりする人は少ないでね。

何故かと言うと、コーティングの費用に対してのメリット・デメリットを個々のお客様の乗り方や使い方によって正直に説明するからですね。

おっさんは、中古車屋っていうこともあって、あまり「新車だから」って理由だけでコーティングをおすすめしたりはしないです。

それでは何故、ディーラーが最初から見積り書に入れるぐらい「ボディーコーティング」を勧めるのか、車屋的な考えを話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業マンは総額の値引きが出来やすくなる!

一番の理由は、やっぱり施工価格に対しての利益率が大きいってところです。

施工価格自体も、そそこそこ高く、安い「ポリマーコーティング」でも3万円ぐらいからで、高価な「ガラス系コーティング」だと小さい車でも6万円ぐらいからですね。

しかも、部品ではなく施工になるので原価は、ほとんどが技術料(人件費)と安い材料(数千円のメンテナンスキット)なので利益が出ます。

それと、施工を誰がするのかと言うと、

  • PDIセンター(ディーラー入庫前に点検・整備・オプション取付などをする中間センター)
  • 内製(ディーラーの営業マン・整備スタッフ・パートの兄ちゃんなど)
  • 外注(下請けの施工業者・施工専属の契約スタッフ)

など、メーカーやディーラー(店舗)によって、いろいろです。

一昔前までは、外注(下請け業者)に出すディーラーがほとんどでしたが、最近はPDIセンターや内製(ちょこっと研修を受けた整備スタッフなど)が多いですね。

簡単に言うと、自分達で出来ることは外注に出さず少しでも利益を作るって感じです。

現在のディーラーオプションのボディーコーティングは、利益が出る(原価が安い)商品になってますね。なので、

交渉時に車両とオプションの総額の値引きを大きくすることが出来ます。

営業マンとっては、車両単体の値引きがあまり出来ない場合などは交渉しやすいですね。

それに、値引き交渉が上手くいかない時には、

「値引きが限界なんで、ボディーコーティングをサービスでします!」

なんて、交渉の切り札にもなります。その場合、その営業マンなどが施工することが多いと思いますけど…

ま~、施工価格にあったコーティングなのかどうかは何とも言えませんけどね。

ボディーのキズ消し・納車準備が楽になる

新車はメーカーから直接ディーラー(店舗)に輸送されないで途中にPDIセンターで納車整備(準備)が行われます。

そこで、ディーラーオプション(カーナビなど)の取付やボディーコーティング・洗車、車両の最終確認をしてからディーラーに運ばれます。

その時に小キズなどの不具合があった場合、磨きや補修なども行われ、お客様に渡せれる状態にします。

でも、ディーラーに郵送中の汚れや入庫してお客様に納車するまでに、また汚れることが多いので納車前の洗車などは営業マンがしないといけないのが一般的です。

とくに、コーティングをしていない車であれば、「ボディー保護シートの糊あと」「郵送中などに付いた微妙な薄キズ」などを営業マンがキレイにしないといけないです。

これが、意外と分かりづらく探して消して行くのに時間と手間がかかります。

とくに黒色であれば新車でも「イオンデポジット(斑点や鱗状の白い跡)」の跡が目立つことが多いので、専用のクリーナーなどで消さなくてはいけません。

新車なので、一番キレイな状態で納車するのは当たり前ですし、お客様も気にして納車時にボディーの状態を見たりするので重要な作業ですね。

ただ、営業マンによっては、そんなこと気にせず納車する人もいっぱいいますけど…

でも、納車前にボディーコーティングをしていれば、そういう手間も省けますし、よりキレイ状態で納車出来るので営業マンからすれば楽でお客様にも喜ばれます。

とくに、ディーラー(店舗)で外注(下請け業者)に出す場合は、納車前ギリギリにすれば洗車すらしなくてもいいって感じです。

逆に洗車したら洗車キズが付く場合もありますもんね。

それに、外注に出せば納車後のボディーやコーティングのクレームなども外注の責任に出来るので、より楽ですよね。

内製で営業マンや整備スタッフが施工する場合も納車準備と一緒にするって感じで作業が1回で済むので効率がいいです。

まとめ

やっぱり、ディーラーの営業マンが勧める理由は、上記で説明したように利益(値引きがに出来ること)や納車準備を楽にする為が、ほとんどです。

それに、多くの人は新車購入の時は財布の紐が緩くなるので、費用が7~8万円でも「新車だから」って理由で勧めやすいオプションってところもありますね。

「ディーラーの人が勧めるんやから間違いないか、やったほうがいいやろ~なぁ」

って、多くの人は思ってるみたいですが本当は大きな勘違いです。

たしかに、ボディーコーティングをするならば新車の時にするのが一番良いと思います。

ボディーの状態が良いので下処理の費用も安く出来ますし、仕上がりも一番良い状態に出来ますもんね。

メンテナンスさえしっかりしていれば、長持ちしますし。

しかし、車の事やお客様の使い方を考えて勧める営業マンが非常に少ないと思います。

新車の商談の時には必ずと言っていいほど勧められるボディーコーティングですが、

頭の隅っこに「お客の為に言っているんじゃないんやろ~な」

って考えを持って話を聞いたほうがいいですね。

決して安いオプション(施工)ではないので「新車だから」と言う理由だけでなく、自分の使い方や車の手入れの仕方を考えて選んだ方が良い商品やと思います。

ちなみにおっさんの店でも中古車販売の時に

「ボディーコーティングどうですか?ピカってなりますよ!」

ってお勧めしても、ほとんどのお客様は、

「高いからええわ。自分でWAX(スプレー)かけるわ!」

って感じで終わってしまいますね(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com