免許取り立ての人が初めて乗る車は安い中古車が良いっていうのは逆!

自動車の購入

おっさんの考え方は逆!

車の免許を取り立てで初めて車を乗るって場合、

「初めての車は練習用やと思って安~い(ボロい)中古車でいいよね」

っていう考えの人って多いと思います。

とくに息子(娘)さんが免許を取って、運転を忘れないうちに車に乗させようって思っているお父さん(お母さん)が多いですね。

自分(家)の車は大きいから危ないし、新しい(キレイ)車だから当てられたくないって感じでもう一台安~い練習用の車を買おうって感じです。

それに年々、免許を取ったら自分の好きな車をお金を貯めて買おうって人も少なくなり、「家の車を乗っていればいいか~」って考えの人が多くなりました。

なので、お父さん(お母さん)が子供用に車を買ってあげるってケースですね。

おっさんもお得意様から、こんな感じの車の購入の相談をよく受けます。

ただ、おっさんは、ほとんどの人に逆の考えで

「初めて乗る車は高い車や新車はもったいなけど、安い(ボロい)車は止めといたほうがいいですね。」

って感じの答え方をしています。

そこで、おっさんが中古車屋をしてて経験から思った考え方は…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車を丁寧に乗るって心掛けがなくなる

安~い車って言っても、他の物に比べるとやっぱり高い買い物になりますね。

なので、自分でお金を出して買う場合は、車の価格に関係なく大事(丁寧)に乗る人って多いと思います。

免許を取って初めて自分で買ったっていう、思い入れもあると思いますし。

でも、自分で練習用と割り切って安い車を買ったという考えとか、親に買ってもらったって場合は、大事に乗ろうとしないって感じの人が多いですね。

ちなみに、おっさんが思う丁寧に乗るっていうのは ↓↓↓

キレイに乗っている車とか程度の良い車って思う、車屋の見方と考え方
個人(ユーザー)と車屋では車の見方が少し違う みなさんは、「キレイに大事に乗っている車」「程度の良い車」って、どんな使い方や管理(メン...

おっさんは、車っていうは車両の価格や買った時の程度(キレイさ)に関係なく、乗る(所有する)ならば「大事に乗ることを心掛けること」って考えです。

運転が上手いとか下手だとか、洗車(掃除)やメンテンスをよくしているなどよりも、「大事に乗る」って気持ちのほうが車を調子よく維持出来ると思っています。

車って不思議なことに乗る人の扱い方(車に対する考え方)によって、機関的(エンジンなど)な調子や内外装の程度が大きく変わってくるもんです。

でも、やっぱり中古車で「とりあえず練習用で安い車」って感じで買っちゃうと、なかなか“大事に乗る”って気持ちにならないですよね。

それに、初めて乗る車の扱い方(車に対する考え方)って大事で、これから先に新しい車を買っても知らず知らずに同じような扱い方になっちゃいます。

なので、初めての車だからといっても、乗る人が「定寧に乗らないとアカンなぁ」って思えるような車を選んだほうが良いですね。

当て癖(擦り癖)がついてしまう

よく安い車を買う理由として、

「どっちみち、ちょこちょこ当てるやろうからキズがある安い車でもええやん」

って、初めは運転に慣れてないから当てるのが前提って考える人が多いですね。

でも、これって大きな間違いです!

バンパーの角を擦ったり、内輪差でドアをぶつけたりするのは、運転に慣れてないから(ヘタだから)っていうよりも

「初めは、ちょっとぐらい当ててもしょうがないって」

っていう気持ち(心構え)のほうが大きいです。

不意な事故や気の緩みでぶつけてしまったというのは誰にでもあると思います。

でも、運転の技術に関係なく丁寧さで防げることってありますよね。

これは、免許取り立ての初心者や運転が下手って言われる人でも同じやと思います。

例えば、細い交差点で普通は何回か切り返さないと行けないのに「ま~いいかぁ」って行ってしまって擦ってしまうってケースです。

これって、運転技術よりも気持ち(考え方)の問題ですよね。

たぶん、キズのない外装のキレイな車(新車)などや借りた車に乗っていると「ま~いいかぁ」って思う人はいないと思います。

でも、安くてキズ(凹みや擦りキズ)が多い車だと、運転する時の気が緩んでしまう人が多い(ほとんど)と思います。

運転初心者の時に、こんな感じの運転(車の扱い方)をしていると「当て癖」がついてしまって直らなくなってしまいます。

運転歴は長くなっても、「車は凹みや擦りキズだけらで運転が下手やなぁ」ってイメージの人になっちゃうと思います。

実際にそういう人って、車を当てて(擦って)凹みやキズが付くことにあまり抵抗がなく、軽い接触事故などもちょくちょくしてしまうって感じです。

大事故は無いけど、軽い物損事故で保険をよく使うって人ってやつですね。

なので、初めて乗る車を買う時になるべくキズの少ない(外装がキレイな)中古車を選んだほうがいいです。

やっぱり、初心者の時に「当てないように慎重に丁寧な運転する」っていうのが大事なポイントやと思います!

中古車は、価格=程度(安心感)

中古車は価格は、車種(人気車)や年式、走行距離・外装の程度っていう情報や見た目が大きく反映されます。

もちろん、その通りですが「それだけ」って思っている人が多いですね。

安いのは、「人気がないから」「古いから」「キズがあるから」って感じですよね。

でも車屋からすれば、「価格=乗っての安心感(故障率)」っていう考えもあります。

年式が古い、走行距離が多い、内外装の程度がイマイチ(前オーナーの使い方)は価格に比例しますが、故障する率にも比例します。

運転歴(所有歴)のない初心者ほど、トラブル(故障)が起きた時に対処に困ってしまうので車屋としては、ちょっとでも安心感のある車をおすすめしたいです。

ってことは、やっぱり「乗れたらいいから安い(ボロい)車」っていう考え方は、ちょっと違うかなぁって思います。

それじゃ~、どんな中古車がおすすめ?

安心感があるからと言っても、初めから新車や中古車でも高い車(高級車)はやっぱり、もっていないし贅沢やと思います。

「軽は事故したら危ないし、初めから普通車の大きさに慣れといたほうがいい」

って思う人もいますが、とくに用途(使い方)で普通車が必要なければ、おっさんは軽自動車でいいって思います。

事故を起こした時の話をすると、当てられた場合は小さい車ほど危ないと言えば危ないですが、正直その辺りは運やと思います。

どれだけ大きい車に乗っていていも大型トラックなどに突っ込まれたら同じですから…

自分の運転で起こす事故のケガの確率で言えば、小さい車ほどスピードが出にくいので事故の被害(ケガ)と車の大きさは比例するから一緒っていう考え方です。

逆に初心者で大きい車に乗っているほど、事故率は変わらないですが事故をした場合のケガの度合いは大きいかなぁっていうのが経験からしたイメージですね。

ってことで、おっさんがおすすめする中古車の感じと価格帯は、

”軽自動車で総額(諸費用込み)50万前後ぐらいで外装がキレイな車”

ってところですね。

高くもなく安くもなくっていった感じです。

軽自動車で言うと、中古車らしい中古車の価格帯で、年式や走行距離・全体的な程度も普通ぐらいの中古車です。

ま~、この価格帯の軽自動車の中古車は人気(需要)があるので、程度の良いものを探すのはなかなか難しいですけどね(^^;)

まとめ

この買い方の考え方は「車は何でもいい」って人に向けての話です。

「免許を取ったら乗りたい車がある、好きな車がある!」って人には、あまり関係ない話ですね。

やっぱり初めての車は用途(乗る目的)よりも趣味的は「好きな車種や乗りたい車」って感じで選ぶのが一番やと思います。

好きでその車に乗っていると自然に「大事に乗ろう」ってなると思いますし。

実際に、おっさんの店のお得様でも

「若いころは好きな車を大事に乗ってたけど今は乗れたら何でもいいわぁ」

って、車に愛着がなくなったような感じの人もいますが、車を見たら「そのわりにはキレイ(丁寧)に乗ってるなぁ」って感じることが多いです。

でも年々、若いころ(初心者)から「車はただの足」って感じでそういう人って少なくなってきましたよね。

若い人の車離れってやつで、車屋としては寂しくなったと思います…

ただ、初めて乗る車の乗り方(扱い方)の考え方っていうのはかなり大事で、その人の今後の車の乗り方の基本なるんじゃないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com