中古車購入時に車(展示車)の修復歴(事故歴)って見分けられるの?

自動車の購入

正直プロでなくては、なかなか難しい

中古車を買おうかなぁって時に

「修復歴車(事故車)やったらどうしょう?ダマされへんかなぁ?」

「軽い事故やったらいいけど、ちゃんと説明してくれるかなぁ?」

って、考えたりする人は多いと思います。

中古車の説明表示の中にも「修復歴」の項目がありますが、イマイチ信用できないなぁって人もいますね。

まだまだ、中古車屋の信用がないところの1つですね(^^;)

おっさんの店でも中古車を見に来たお客様が「修復歴車」じゃないかと車のいろいろな箇所を注意深く見ていたりすることがありますね。

しかし、車屋から言わせれば、あまり意味がないことかなぁって感じですね。

正直、普通に人(プロではない人)には大事故車を簡単に直したような車以外の一般的な修復歴を見分けることは非常に難しです。

やっぱり、修復歴の事は自分で判断するのではなく素直に店員(店側)に聞くのが一番正解かなぁって、おっさんは思うのですけど。

そこで、店員との修復歴の話の中でポイントとなることをお話ししていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも修復歴の見方が違う!

中古車雑誌や専門のサイトや個人ブログなどで「修復歴の見分け方」「事故車はここを見る!」などの記事が多くありますね。

みなさん、たぶんこのような記事を参考に修復歴を見ていると思います。

しかし、基本中の基本のこと(基本ですらないこと)しか書いて無く、車屋からすれば修復歴の見方を知らない人が書いているなぁって感じます。

もちろん、修復歴を見るポイントとしては、一番最初に見る箇所ですが、あくまでの「その個所から見始める」だけでそこで判断はしないです。

そんな見方で判断するのであれば、多くの車が「修復歴」になってしまいますね(-.-;)

修復歴の見方としては、車種ごとの「本来(新車)の塗装・取付の感じ、溶接(シーラー)の具合」などが分かっていないと難しいです。

簡単に言う「経験」がないとちゃんとした見分け方は出来ないですね。

中古車を長くしているおっさんでも、あまり取り扱っていない外国車などの修復歴の見分けは、正確に出来ないと思っています。

なので、普通の人(素人)が雑誌やネットで調べただけで、ちゃんと修復歴の見分けが出来ることはまず不可能やと思います。

とくに修復歴と分かっていても事故の度合い(大きさ)の見分けは無理ですね。

店員(店側)がどこまで詳しく説明が出来るか!

車の修復歴の有無は、雑誌やネットで調べてる時に分かりますよね。

修復歴車でも事故の程度は軽く安かったら気にしないってお客様も多くいると思います。

ただ、一番気になるのは「どれくらいの事故だったのか」「ちゃんと直っているのか」ってところですよね。

これは普通に店員に聞けば分かります。

ここでポイントになるのが「どこまで詳しく教えてくれるか」です。

中古車の店員であれば、修復箇所を見ればどれくらいの事故だったのか・ちゃんと修理できているかなど、ある程度は経験から分かると思います。

これが分からないような店員であれば、店選びから考え直さなくてはいけないですね。

店員の説明の例えとして、

「これは、左フロントを修理した跡があって、たぶん相手の車が大きかったのでバンパーだけではなく、ヘッドライトからフェンダーを交換してます。

「そして、ボンネットにもキズがあったのでボンネットは外して塗装してますね。そして、ヘッドライトの裏を少し鈑金してます。」

「なので、修復歴車になりますが、乗るのには全く問題ないですね。」

とか、

「右側のドア前後交換していますが、センターピラーやリアフェンダーなどは修理していませので事故の程度は小さいですね。」

「交換する必要もなかったと感じがしますが、新車ディーラーで修理したか保険修理だったので新品に交換したんやと思います。」

「ただ、ドアを修理じゃなく交換にしていますので、車としての商品的な価値が下っているので安くお得感があります。」

など、あくまでも経験上の想像ですが、これぐらいは普通に答えてくれます。

逆に「よく分からないけどちゃんと直ってます。」「小さい事故だったと聞いてます。」などの店員本人の判断じゃない答えが返ってきた時は、要注意です。

本当に修復歴が分からない店員なのか、本当のことを言いにくかどっちかですね。

修復歴の内容を言いにくい場合は、「ちゃんと直っていない」「直しても支障が残っている」などの場合が多いです。

なので、店員が詳しく教えてくれるほど「たいした修復歴ではない」「ちゃんと修理されている」「これから乗るのに問題はない」といった判断が出来ると思います。

店自体が修復歴車を隠していたら?

そもそも、お客様で修復歴を見分けようと思っているのであれば、店側は信用されていないということになりますよね。

ま~、世間では中古車屋はイメージが悪いというのが今でもあるのでしょうね。

正直なところ、まだまだ悪い中古車屋もあるとおっさんも思います。

ただ、普通の中古車屋(おっさんも)は、そんなことは隠したりしないですし、普通に修復歴車として仕入して普通に修復歴車として売ります。

現在は修復歴としての商品も確立していて相場もあるので、隠す理由はないですね。

なので、あまりこの辺は心配しないで店員に聞けばいいと思います。

修復歴のある車を隠して売るようなところは、全体的な店の雰囲気や店員の対応でなんとなく怪しい感じがするはずです。

直感で「この店、うさん臭いなぁ~」って感じるのであれば、その車を調べるのではなく、その店からの購入をやめるって判断が正解ですね。

まとめ

年々、修復歴のある車は多くなってきています。

最近の車は外装が潰れることによって衝撃を室内に伝えないようにしたり、相手側の損傷を抑えられる設計になっています。

少しぶつかったぐらいでバンパーが割れたり中の骨組みが曲がったりします。

なので、バックで駐車しようとしている時に壁に軽くぶつけても「修復歴のある車」にすぐなってしまいます。

車屋からすれば、「こんなん事故車でもなんでもないのになぁ」なんていう車もたくさんあります。

ただ、一応「修復歴の基準」がありますので、その基準にそって修復歴かどうか判断して表示をしています。

お客様には「修復歴のある車」=「事故車」=「程度が悪い車」というイメージを持った人が多いと思います。

逆に車屋には「修復歴のある車」=「価値が下がる」という感覚しかないです。

なので、お客様にも修復歴のある車は程度に問題なく価格に影響するぐらいの気持ちで車を見てほしいと思います。

かなり話がずれちゃいましたが、結論から言うと

「普通の人は修復歴を見分けるのは難しい」「店員に聞くのが1番いい」「あまり気にする必要はない・気持ちと価格の問題」

という、単純な考え方でいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com