中古車の賢い選び方や探し方!失敗しない為に、まずネットで下調べ!

自動車の購入

実際に車を見に行くまでの流れ

中古車を購入しようする時の理由として、もっとも多いのやっぱり価格ですよね。

新車では高くて買えない車種でも年式や程度によって手が届くからです。

ま~、当たり前ですけど(^^;)

でも、売っている中古車って数が多すぎてどれを選んだらいいのか迷いますよね。

しかも、中古車は同じ車種でも年式・グレード・程度(走行距離・修復歴の有無)などにより一台一台内容が全く違うので、その中から選ぶのは難しいものです。

そこで、実際に欲しい車を見つけて店に車を見に行くまでの簡単な車両の選び方・探し方を説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはネットで希望の車種を探すのが一番!

一昔前では、中古車情報誌を買って車に積んで土日に中古車を何軒か見てまわるということが定番でした。

その他に、何も調べずに近くの大型の中古車店にとりあえず見に行くって感じでした。

ただ、最近ではネットで車を探しメール見積もりを取り、希望の中古車を数台に絞りこんで店に現車を見に行くことが多くなっていますね。

ほとんどの中古車販売店は、中古車情報サイトに掲載しているので、ネットで全ての中古車を探せると言ってもいいほどです。

しかも、ネットなどでは車の複数写真(内装)など情報が多く、車の入庫からネットに載るまで数時間から遅くても数日程度と最新の情報が載っています。

やはり雑誌では、車が入庫(販売)されてから、掲載されるまで2週間前後かかりますので雑誌がでるころには車が売れていることもあります。

やっぱり、中古車を探すにはネットが一番効率が良いですね!

希望車種がなければ全メーカーの車種をチェック

欲しい車種が決まっているのであれば、中古車探しもとくに難しいことはないですね。

ただ、中古車を購入の場合、

「車の使い方(用途)や予算は決まっているけど車種はとく決めていない」

って人のほうが多いと思います。

その場合、「コンパクトカー・1BOX・RV車などの形状」「通勤に使いたい/遊びに使いたい」など用途で選ぶなら全メーカーの車種をチェックしてみて下さい!

例えば、コンパクトーであれば、

「トヨタ・ヴィッツ」「日産・マーチ」「ホンダ・フィット」「マツダ・デミオ」

など大きさ・装備・排気量など同じ車種があります。

しかし、新車の価格がほぼ同じでも中古車になれば価格が全く違う場合あります。

それは、中古車になると価格の決め方が「年式・グレード・程度が同じで」あれば人気の度合いになるからです。

車種にこだわらなければ、人気の低い車種を選べば同じクラスの他の車種に比べて安く購入することが出来ます!

ネットの一括見積りサービスを活用する!

ネットである程度の車種が絞り込めても、まだまだ台数がかなり多くあると思います。

なかなか1軒1軒見に行ったり、メールのやり取りをして見積りを出してもらい総額などを比べるのは大変ですね。

そこで、中古車情報サイトの「一括見積り依頼サービス」を使うのが便利で楽です!

「一括見積り依頼サービス」は、1度の作業で複数の店から見積りが出来るサービスです。

ほとんどの中古車情報サイトで、このサービスがありますね。

やっぱり、中古車は乗り出し価格(諸費用込の総額)が一番の条件と考えている人が多いので、見に行く前に複数の店から見積りが出来るのは便利ですね。

それだけで、さらに台数の絞り込みが出来て見に行く手間が省けます。

それに、おおまかな諸費用の内容や相場も分かりますので、店選びのポイントとしても役に立つと思いますね。

一括見積りも出来る、定番の中古車情報サイトと言えば、

「カーセンサーnet」「goonet(グー)」ですね! ↓↓↓





一括見積り依頼をする時(した後)のポイント・注意点

一括見積をする場合、名前・住所・メールアドレス・連絡先電話本号・下取りの有無などをいろいろ入力しないといけないですね。

必須の項目もあれば、任意の項目もあり、いろいろです。

ただ、「多くの情報を入力する=お客様の本気度が高い」と、見積依頼された店側は判断することが多いです。

すると店側も本気になってメールが何度も来たり、電話番号など入力すると電話がかかってきたりすることが多いです。

なので、とりあえず見積もりだけと思っている人であれば、最低限の情報だけ入力しといたほうが良いと思います。

その場合、後々何かメールが来たりすることはあまり無いと思います。

店によっては、自動で何度かメールを送るところもありますけど。

そして、メールが来た時の見積りの内容が

  • 「見積りが入っていない・店の紹介ばっかり」
  • 「総額価格があるが諸費用などの詳細がない」
  • 「やたらと店のHPに誘導する内容ばっかり」

などの店は正直、要注意です。

諸費用の内容が複雑で高い店ほど、書面での見積りの詳細を見せるのを嫌がります。

よくある車両価格は安いが総額になるとかなり高くなるパターンです。

とりあえず、店に来てもらって上手い事説明すれば何とか売れるだろうって店側の売り方ですね。

おっさんの個人的な意見ですが、そのようなメールの内容の店は車両が安く気に入ってたとしてもヤメといたほうが良いと思います。

おっさんの店も情報サイトに掲載していますが、このやり方は「メール見積りの意味がないんじゃないか」って情報サイト会社に文句を言ったことがあります。

しかし、そういう事をしているのは大きな店(情報サイト会社からすればお得意様)がしていることが多いので曖昧な返事が返ってきました…

見に行く車が決まったら店に必ず電話すること!

一括見積サービスなどを利用して、ある程度の総額なども分かり希望の車種(中古車)絞れたら、最後は現車を見にいくだけですね。

ただ、最近では中古車情報サイトが多くなり店舗もいろいろ形態です。

事務所だけがあり車置き場が別の場所にあったり、店舗に店員がいない場合など、本当にいろんな店のやり方があります。

なので、必ず見に行く少し前に店に連絡しといたほうが良いです。

あらかじめ電話して行く日を伝えておけば、店側もお客様に見ていただく為の準備も出来ますので

「行ったけど休みじゃないのに店が閉まっていた」「車がそこになかった」

などの空振りをせずにすみます。

一番多いのは、すでに売約済になっていることです。

自分にとって欲しいと思う車は他の人にとっても欲しいと思う車になりますね。

在庫確認の為にも必ず連絡していたほうが良いです。

それに、平日(土日はたぶん無理です)であれば、見に行くまでの2~3日(次の土曜日の午前中まで)は商談中にしてくれる店も多いです。

なので、すぐに見に行けなくてもとりあえず連絡はしといたほうがいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com