ハイブリッド車にするメリットって燃費だけ?新車選びに迷ったら!

自動車の購入

燃費で選ぶのは3の次!

新車(普通車)の購入を考えていて、車種(グレード)などがまだ決まっていない時、

「やっぱり、これからはハイブリッド車がええんかなぁ」

ってことを、お客様からよく相談されます。

頻繁に車を使わない(乗らない)人が悩むポイントですよね。

そりゃ~、これからはハイブリッドが主流で、燃費が良くエコで環境に良いっていうのは、みなさん分かっていると思います。

ただ、やっぱり悩む理由は“ガソリン車との車両価格の差”ですよね。

「そんなに車を使わせんし、価格が高い分、ガソリン代で元が取れるんかな?」

って感じで、ハイブリッド車を買う意味ってあるのかなぁって思う人が多いです。

おっさんは、そんな時に、

「迷うんやったら、ハイブリッド車にして間違いないです!」

って、きっぱり答えてますね。

そこで、おっさんの車屋としての考え方をお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

費用(購入費や維持費)で考えると?

ハイブリッド車の費用(維持費)からみたメリットと言えば、1番に“燃費が良くガソリン代が安く抑えられる”ってとこですよね。

それだけではなく、他に

  • 購入時の取得税が非課税になる
  • 車検の時の重量税が2回目まで免税(そのあとは、その時の国の制度によって減税?)
  • 毎年5月に納税する自動車税が安くなる(その時の国の制度によって変わる)
  • 自動車保険の「エコカー割引」などで保険料が少し安くなる(割引がある)
  • 整備費用で、消耗品の交換頻度が少なくて済む(減り・劣化が少ない)

などなど、細かいところで、意外といろいろな費用面でのメリットがあります。

ただ、新車の場合、ガソリン車でも車種やグレードによって税金の免除・減税(エコカー減税)はあるので、税金に関してはそんなに大きな差は出ません。

減税の詳細な内容は、詳しく説明しているサイトも多数あるので、ここでは省略です。

逆に、デメリットと言えば、車両価格が高いこと!

同じ車種の同グレード(装備)で、ハイブリッド車とガソリン車がある場合、車両価格の差って“40~50万”ぐらいあります。

燃費はかなり良くてメリットがあるって言ってもかなりの差ですよね。

正直、車を通勤などに使わず、遊びや買い物程度の使い方の人は単純に、

「高っ!けっこう差があるなぁ、維持費で元なんか取られへんで…」

って感じになると思います。

正直そのとおりで、この辺りの計算で、新車ディーラーの営業マンのよく言う説明では、

「一般的に年間1.5万Km(月1,000Km以上)乗るのであれば、お得ですね」

って感じです。

年間1.5万Kmって、毎日使って、そこそこ走らないとそこまでいかないですけどね(^^;)

ってところで、普通(買い物や遊び程度)の使い方で、ガソリン代や税金などを考ると、

車両価格の差は、維持費では元を取れない!

って、おっさんは思います。

なので、維持費などの比較を選ぶポイントにはしないほうがいいですね。

一番は気持ちの問題!

ひと昔前のハイブリッド車のイメージとしては、「標準はガソリン車で、よく乗るのであればハイブリッド車」ってイメージでしたよね。

でも今は逆で、新車購入の場合「ハイブリッド車が標準で、価格が安いのはガソリン車」になっています。

メーカーもハイブリッド車の設定がある普通車はハイブリッド車として車作り(設計)をしていて、“ガソリン車もとりあえず”って感じになっていると思います。

何よりも、国(世界)が、ガソリン車は古い!って流れになってますもんね。

その流れで、ディーラーの営業マンも車両価格が高くてもハイブリッド車を勧めますし、実際にハイブリッド車のほうが売れていますね。

車屋からすれば、売れているってとは人気があるってことで、それが標準的な車の価格帯になっていて、一般的におすすめする車種(グレード)になります。

なので、仕事など用途や価格で選ぶなら別話ですが、個人で普通に新車選びなら、

「その時代に主流(人気)の構造や装備の車種(グレード)を選ぶのがベタ!」

って、おっさんは思いますし、お客様にもこんな感じで説明しています。

正直、この辺りは車の用途(必要性)や価格対よりも気持ち(考え方)ですね。

やっぱり、よく売れているハイブリッド車(車種やグレード)は、いろんな考え方の人にも納得できる作り(機能や装備の内容)になっています。

なので、価格帯や車の使い方(用途)でハイブリッド車にするか迷っているのであれば、自分の気持ち(欲しさ)や人気を優先して選んだほうがいいですね。

売る時の考えたら損はしない!

ここからは、完全な中古車屋の考え方(意見)です。

一般的な個人の使い方(程度や走行距離)であれば新車価格(車種やグレード)に応じて、それなりに買取り(下取り)価格がつきます。

でも、中古車の価格って車種(グレード)の人気度が一番反映されるんですよね。

新車がどんだけ高くても人気のない車種であれば、中古車の価格(相場)は新車価格に比例せず、売れる価格帯(安い価格)になります。

車に限らず、何でも中古品の相場って”人気”で価格が決まりますよね。

初期のハイブリッド車は古くなれば、バッテリーの劣化で燃費がガソリン車とあまり変わらず、ハイブリット車のメリットが少ないってイメージでした。

しかも、駆動用バッテリーの寿命もイマイチで、交換するにしてもすごい費用がかかるので中古車の相場としては新車価格に比例せず安い感じでした。

なので、売却する時は「元がとれるほど高く売れない」って感じでした。

でも年々、技術が進歩して駆動用バッテリーの性能も上がり、年数(走行距離)が経ってもハイブリッドのメリットである燃費も大丈夫になりました。

今では逆に中古車でも“ハイブリッド車はガソリン車より高い!”っていうのが当たり前になってきて買取り相場も高くなっています。

ま~、単純にハイブリッド車のほうがガソリン車よりも人気があるってことですね。

なので、売る時の査定価格(中古車相場)の事を考えて新車の時にハイブリッド車にするかどうか迷うのであれば、ガソリン車よりも元は取れると思いますね。

逆に、これからはガソリン車のほうが中古車になった時、主流グレードではなくなり相場(価格帯)が安くるって感じやと思います。

まとめ

とりあえず、新車を購入する時に迷ったら

同車種・同グレードでハイブリットの設定があるならハイブリットが良い!

って、意味もなく思っていても正解やと思います。

あとで、「ハイブリッド車にして失敗した…」ってことはないと思います。

これから、世間一般的にも、もっともっとこんなイメージになっていくと思います。

って言うか、乗ってみたらハイブリッド車って、なかなか良いですけどね~

乗りごごちも静かでいいし、気持ち的にも「環境に良いエコカーになっている」って気分になりますしね~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com