年式の新しい中古車を買ったらメーカー保証継承は必須の手続きです!

自動車の購入

新車を購入すると、不具合(故障)が起きた場合に無償で修理してくれる「メーカー保証」っていうのがありますよね。

ただ、年式の新しい中古車購入したり個人での売買(譲渡)で車の名義が変わった場合、基本的にそのままではメーカー保証は受けれないんです。

コレ、メーカー保証期間がかなり残っている新しい中古車を買った人でもけっこう知らない人って多いんですよね。

でも、ちゃんと新車ディーラーで手続きをすれば、その車の保証期間内のメーカー保証を受けれるようになります。

その手続きの事を「メーカー保証継承」と言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本的なメーカー保証の内容

まずはメーカー保証の内容ですが、「一般保証」「特別保証」の2種類があります。

それぞれの保証の対象(範囲)としては、

  • 一般保証 消耗品(タイヤなど)や油脂分(オイル類)を除くほとんどの部品
  • 特別保証 「走る」「曲がる」「止まる」など重要な機能を果たす部品

そして、保証期間は、

  • 一般保証 新車登録日から3年間または60,000キロのいずれか早い方まで
  • 特別保証 新車登録日から5年間または100,000キロの早い方まで

で、どのメーカーも同じような内容になっています。

乗用車であれば、「1回目の車検までは、ほとんどの故障」「2回目の車検までは、エンジンや足回りの重要なところの故障」って覚えておくのが覚えやすいですね。

ちゃんと保証書があります

メンテナンスノートと保証書

新車の保証書

けっこう知らないって人も多いんですが、保証書もあって新車購入時に保証を受けられる人が記載されてあるんです!

ちなみに保証書はメンテナンスノート(整備手帳)と一緒になっていて、最初のほうのページが保証書欄になっています。

そして、大事なポイントでメーカー保証は、基本的に新車を購入した人(保証書に記載されている人)に対しての保証になります。

保証書の記載

この写真のトヨタの保証書にも「上記の(記載されている)お客様に対して・・・」って書かれています。

全てのメーカーの保証書に同じような事が書かれています。

メーカー保証継承とは?

「保証継承」とは、車(車検証)の名義が変わった場合に、新車ディーラーでメーカー保証を引き継いで受けられるようにする手続き(作業)のことです。

この手続きによって保証書は書き換えられ、新しく保証を受けられる人(車検証の名義人)が記入されます。

保証書 二次保証

ちなみに保証書にも、名義変更などをした場合の新しい名義人を記入する空白のページがちゃんとあるんですよね。

保証継承は12ヵ月点検が必要

保証継承するには新車ディーラーで12ヵ月点検をしてもらい、その時点で車両に問題(不具合)が無いかの確認が必要になります。

ほとんどのディーラー(メーカー)では書類上の保証継承には費用はかからないですが、点検の費用などはかかります。

っていうか、「保証継承の手続き(作業)=12ヵ月点検」って感じですね。

そして、12ヵ月点検の費用は、メーカーやそのディーラー(店舗)によって異なりますが、だいたい10,000円~15,000円ってところです。

この点検費用が、一般的に言われる保証継承の費用ってやつですね。

ただ、点検(整備)なので、その時にオイル交換や消耗品の交換をするのであれば、部品代や工賃がかかります。

ユーザーする保証継承のやり方(手順)

保証継承の手続き(作業)には、その車のメーカーの新車ディーラーに車を持ち込んで手続きをしないといけけません。

手続きするディーラーは、その車を販売した店舗(会社)とかは関係なく、どこでもOKなので近くの店舗に持って行くのが一番楽ですね。

ただ、12ヵ月点検をしないといけないので、いきなり持っていってちょっと待っていれば終わるって感じでも無いです。

新車ディーラーのサービス(整備課)って忙しいところがほとんどなので、車を数日預けないといけないとか予約が必要って場合が多いです。

なので、まずは持って行くディーラーに電話して作業にかかる時間や費用などを聞いたり、予約などをしたほうがいいです。

あとは、車を持っていって点検が終わった時には保証書の名義が変わっていて保証継承は完了って感じですね。

中古車購入時に中古車店がやってくれないの?

「新車から1~2年落ちの中古車」「未使用車」などを販売した場合は、保証継承をしてお渡しするっていうのが普通(多い)かなって思います。

もちろん、おっさんの店でもそういう車両の場合は必ず保証継承はしています。

とくに「未使用車」などの場合は、メーカー保証は付いている(保証継承はしている)っていうのが当たり前って感じです。

この費用に関しては店によって違って、「通常の整備費用に含まれる」とか「保証継承費用は別途」とかいろいろやと思います。

でも、この手続きは車屋(販売店)がやらないといけないって事は無いので、「保証継承はお客様でやってね」って店もあります。

保証継承を店側でやらない理由としては、その店の中古車販売の考え方(やり方)とか単純にディーラーに持って行くのが面倒くさいとかですね。

それと、そもそも保証継承自体が出来ない車両(冠水車や改造車などの訳あり車)って場合もありますね(-0-;)

ただ、遠方(他府県)のお客様に販売した場合、お客様のお近くのディーラーでご自身で保証継承をやったほうがいいかもって説明させてもらうこともあります。

これから、保証修理などで持って行くであろうディーラーが近くにあるのであれば、そこで保証継承をやったほうがいいかなぁって考え方です。

その店舗で、はじめに証継承をやっているから修理なども気持ち的に持って行きやすいかなぁって思います。

って感じで、中古車屋で保証継承に対する考え方(売り方)とかが違うので、年式の新しい中古車を購入する時には、

「保証継承はやってくれるのか?諸費用に含まれているのか?」

って聞いたほうがいいですね。

どれくらいまでの年式なら保証継承をするべき?

基本的には、費用がかかる手続きなので、その車の状態やその人の考え方次第ってところが大きいです。

なので、おっさんの考え方(販売している車にやっている事)でお話していきます。

基本的に最長で5年10万Km(特別保証)っていうのが保証の範囲なので、新車登録日からの年数やその時点の走行距離で考えで、

  • 未使用車 一般保証に期間が長いので100%する
  • 1年~2年 一般保証に期間がまだあるので100%する
  • 2年~3年 一般保証の期間があるから基本はするけど、車種や車両の状態で少し考える
  • 3年~4年 費用、車種や車両の状態・これからの使用状況でお客様と相談
  • 4年~5年 あまりやらないけど、その車両に不安があったら考える

ってところで、新車登録日から~2年ぐらいまでの車両は「一般保証」が残っているので絶対って感じで、3年~からはその車両の状態などで考えます。

それと、~2年ぐらいまでの車両の販売に場合は、どっちみち納車整備(1年点検程度の整備)をするので、ディーラーで12ヶ月点検をしても費用面では一緒かなってところです。

ただ、3年~経っている中古車の場合、走行距離も多い場合もあって、そこそこの整備(車検整備や部品交換)も必要なってきます。

部品交換もある整備などをディーラーに12ヵ月点検と一緒に依頼すると費用もかなりかかっちゃうので、別の作業になってしまいます。

ちゃんと整備(納車整備や車検整備)をしているのに、保証継承のためにまたディーラーで12ヶ月点検費用をかけるのはどうなんかなぁってところです。

なので、車両の状態や走行距離、お客様のこれからの車の使い方や費用面での考え方で、どうするか判断するって感じです。

ま~、残りの保証期間の間に保証修理の可能性がどれだけあるのか、その為に費用をかけたほうがいいのか、どっちがいいの?ってところの判断ですね。

まとめ

とりあえず、年式の新しい中古車(店からでも個人売買)でも、メーカー保証継承はやっておいたほうがイイって話です!

っていうか、新車から~2年ぐらいの車であれば、絶対に必要な手続きです。

ただ、他で買った中古車を新車ディーラーに保証継承だけやりに行くって気持ち的に抵抗があるって人もいると思います。

でも、ディーラー側もよくある普通の作業(手続き)なので、嫌がるとか面倒くさがるって事は基本的には無く、気にするところでは無いです。

逆に、その店(販売会社)のお客様(ユーザー)に登録されるので、車に不具合(保証修理の事案など)があった時など店側としても対応しやすくなると思います。

なので、個人売買や中古車屋で買った車でも保証継承されていない場合などは、保証継承をして下さいね!

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com