残価設定型ローン(残クレ)ってよく勧められるけどこれって得なの?

自動車の購入

新車ディーラーでローンでの購入の話をしているとよく勧められるのが「残価設定型ローン(残クレ)」です。

CMやネットなどでよく宣伝しているやつですね。

「月々の支払が少なくて済む」っていうところが大きなメリットで、残クレなら新車を買いやすいって感じになってます。

ただ、何となく知っている人は多いと思いますが、ローンの仕組みやデメリットなどを詳しく知っている人って少ないんじゃないでしょうか。

おっさんもお客様から「残クレってどうなん?得なん?」ってよく聞かれますね。

ただ、おっさんはいつも、

「勧めるディーラーは得なんでしょうね。でもお客様は、その人によって違いますね」

って感じの返事をしています。

正直、この「残価設定型ローン(残クレ)」は、その人の車の買いかたの考え方や乗り方(使い方)、購入する車種によって損なのか得なのかが大きく違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな仕組みのローンなの?

残価設定型ローンのしくみ

単純に言うと、まずは新車購入時に車の下取り価格を前もって設定(残価設定)します。

そして、ローンの総合計金額から、その残価分を引いて月々の支払い額を設定するっていうローン契約です。

ローン年数の設定は、ディーラーなどで異なりますが3~5年ぐらいが多く、その設定の中でお客様がローン(契約)年数を決めます。

総額から残価分を引いて月々の支払額を計算しますので当然、毎月の支払い額は少なくなりますね。

そして、ローンの終了時(最終支払い月)に残価分(ローン残金)を

  • ディーラーに返却(下取り)して新車に乗り換える
  • 新車に乗り換えず、そのままディーラーに返却(買取りとして手放す)
  • 車を買い取って乗り続ける(残価分を一括返済するか中古車として再ローンを組む)

という、3つの選択肢から選ぶことになります。

これで、残クレの契約は終了(ローン完済)になります。

ま~簡単なイメージとしていうと、「個人リース」みたいな感じですね。

ただ、契約の考え方としては、リースの場合は「車を借りる契約」ですが、この残クレは「最後に残価分を一括で清算するローン契約」って感じです。

あくまでも、ローンを組んでいる金額は、総額(残価分を含んだ額)で、支払い方法が通常のローンと違うというだけですね。

なので、”車を安く買える”とか“通常のローンよりお得”といったものではなく、月々の支払額を少なくするための1つのローン方法です。

なぜ、新車ディーラーは残クレを勧めてくるの?

はい、答えから言うと、単純に売る側(ディーラー)が得だからです。

ま~、得というか、新車を売るっていう商売として、いろいろメリットがあるからですね。

商売として利益が上がる勧め方(売り方)をするっていうのは当たり前だからです。

正直、勧める側からすれば、お客様は得なのどうかは、2の次3の次って感じですね。

それでは、勧める側(ディーラー)にどんなメリットがあるというと、

単純に売りやすくなる

ローンで購入を考えている人は、“月々の支払い額”が一番気になるところですね。

とくに、頭金(現金)も少なくローン金額(残金)が多い場合は、ローン年数を増やしても月々の支払額はけっこうな額になっちゃいます。

そんな時に「月々の支払が少ない方法があります!」って言われれば、買っちゃおうかなぁって思いますよね。

詳しく残クレの仕組みを知らない人にとっては、「月々の支払い額が安くなる」=「安く買えた、お得」っていう単純な思い込みで新車が売れやすくなります。

もちろん、営業マンはしっかりと内容を説明していると思いますが、ちゃんと理解して納得して残クレにしている人は少ないと思います。

定期的に新車の乗り換えが望める

これ、残クレを勧める理由の中で一番大きなところやと思います。

ローン契約終了時に車(残価分)をどうするかっていうのでいくつか選択肢はありますが、一番多いのは「新車に乗り換える」です。

また、残クレで新車を買うって感じですね。

正直、「買い取って乗り続ける」って人はかなり少ないと思います。

そもそも、最後に残価分を支払って乗り続けるのであれば、初めに頭金を入れてローン額を少なくしていたほうがいいです。

乗り続けるために再ローンを組む場合も、初めから長いローン年数にして月々の支払額を少なくすればいいだけです。

それに再ローンの場合、“中古車ローン”になるので、金利も通常よりも高くなる場合が多く、たぶん“損”です。

もう1つの「車を返却する」って選択もありますが、これも少ないですね。

ただ、今の車を売って(返却して)他の車種(メーカー)の車に乗り換えるなどの考えの人も多いと思います。

しかし、残クレ終了時には購入したディーラーに行って車(残価分)の相談をしないといけないので、その時に同ディーラー販売車種をかなり勧めてきますね。

乗り換えるにしても、他の車種(メーカー)と迷っているのであれば、値引きやサービスなど良い条件を出してきます。

それに、車にキズや事故歴があって返却する時に追金をしないといけない場合も、「返却」「同じディーラーで乗り換える」で条件を変えてくることがあります。

なので結局、同じディーラーで、また新車を買うようになることが多いです。

ディーラーからすれば、とりあえず残クレにしとけば必ず定期的にお客様と新車の交渉できる機会がありますし、乗り換えてもらう可能性が非常に高くなります。

ディーラーにとってはメリットしかないですね。

残クレってどんな人が得なローンなの?

上記の説明では、売る側(ディーラー)しかメリットが無さそうな書き方ですが、もちろん買う側(お客様)にもメリットはあります。

ただ、「残クレにするほうが絶対得って人」は意外と少ないかなぁって思います。

おっさんが思う残クレにしたほが良い人って、

  • 毎回、ローンで新車を買うけど、すぐ新しい車が欲しくなり定期的に新車を乗り換える人
  • とくに車種にこだわりが無く、いつも新型で人気でお得に買える車を買う人
  • メンテナンス(オイル交換や点検)・修理など、全てディーラーに任している人

って感じですね。

そもそも、通常のローンであってもローン途中で下取りに出してローンを一括返済して乗り換えるって人であれば、残クレのほうが条件が良いと思います。

とくに車種にこだわりが無ければ、残クレ独自の「低金利キャンペーン」や「期間限定のお買い得車」を選ぶことによって、お得な買い物が出来ます。

それに残クレって、ディーラー(メーカー)によって、いろいろな付加サービス(カードのポイント還元など)があります。

やり方によっては、かなりお得なローン方法かもしれませんね。

残クレをおすすめしない人

ま~、上記で説明した人に当てはまらない人ってところですね(^^;)

正直、「月々の支払が安いから」ってだけで、他のことを考えずに残クレを選ぼうとした人は“損”やと思います。

最後(ローン終了時)に「あれ、失敗したなぁ…」ってなる事が多いと思います。

新車はディーラーで買うけど、修理や売却時は、自分の知っている車屋(修理屋)でするって人は、おすすめ出来ないかぁって感じです。

おっさんもお得意様から聞かれることが多いですが、そもそも行きつけの中古車屋に聞くぐらいなので、「NO」って答えしかないですよね(^^;)

まとめ

上記で説明したように、この“残価設定型ローン(残クレ)”は、ローン支払いの方法の1つです。

決して、通常のローン(オートローン)よりもお得なローンってことはないです。

どのローン方法にするのかは、お客様の考え方次第ってところが大きいです。

ただ、単純に通常のローンと比較して決めるっていうのもなかなか難しいですね。

ネットで検索してみると、いろいろ比較しているサイトがあるので、じっくり調べてみてはいかがでしょうか。

けっこう、通常ローンと金利や総支払額の比較をしているサイトもありますが、一般的すぎて自分にあてはまるかどうかは微妙ですけど(^^;)

でも、新車は高い買い物なので、面倒くさがらす、失敗しない自分に合った支払い方法を見つけるのは大事やと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の購入
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com