暑い時期の車内での熱中症対策!子供の守る方法と対策カー用品!

子供のための用品

対策のポイントは2つ!

ゴールデンウィークや夏休みは子供さんと車で遠出することが多くなりますよね。

暑い時期に長時間、車に乗っていることが多くなると思いますが、

「車内の暑さに子供は大丈夫なのか?熱中症にならないか?」

って心配になりますよね。

とくに夏休みの暑い時期は日中の日差しも強く、エアコンを付けていても車内がモワァ~っとして常に暑さを感じると思います。

もちろん、水分を補給する・こまめに休憩する(高速ではサービスエリアなど)などの「暑さ対策」「熱中症対策」は、みなさん考えていると思います。

しかし、小さな子供さんや赤ちゃんの暑い時期の車内での暑さ対策としては、それだけでは不十分と考えている人も多いと思います。

個人で気をつけて出来る対策以外に出来ること言えば、やっぱり車にする対策ですよね。

車で出来る対策と言ってもいろいろありますが、大きく効果があるのは「日差し対策」「車内の体感温度を下げる」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とくにチャイルドシート使っているのであれば要注意!

小さな子供さんや赤ちゃんがいる場合はチャイルドシートを使ってますよね。

その場合、ほとんどの人は後部座席に置いていると思います。

ただ、後部座席は前の座席に比べエ空気の流れが少ないので暑く感じます。

とくに小型車など、後部座席用にエアコンの吹き出し口のない車は前席のエアコンの風もあまり届かず、空気の流れがないので温度が2~3度高くなっちゃいます。

その状況で、小さな子供さんや赤ちゃんはチャイルドシートにずっと固定されているので、かなり心配になりますよね。

実際、夏場などで長時間、子供を乗せていると

「っわ!チャイルドシート、汗でベチョベヨやん(>o<)」

って、なってたことを経験したママさんも多いと思います。

その場合、やっぱり車(カー用品)での暑さ対策が必要になってきます!

一番の対策は、エアコンの効きを良くすること

車内の温度01

車に出来る対策として一番は、やっぱり「車内の温度を下げる」ことですね。

車内の温度を下げると言うよりもエアコンの効きを良くするといった感じです。

ただ、車種(排気量)でエアコンの性能は変わってきます。

大きい車ほどエアコンの効きは良く、逆に小さい車(軽自動車など)は、あまり効きはよくないですね。

これは、どうしても仕方のないことです。

なので、方法としては窓ガラスからの日差しを遮るのが一番有効で、リアガラスに「カーフィルムの施工」「カーテンの取付」です。

これだけで日差しの強い日などは、エアコンの効きが悪い小さな車でも、かなりエアコンの効きが良くなりますね。

最近は、ほとんどの乗用車のリアガラスはプライバシーガラス(スモークガラス)になっているので、リアガラスの対策をする人は減ったと思います。

しかし、純正はどうしても色が薄いので日よけ効果としては少ないですね。

ママさんドライバーや女性の人に多いのは、「カーテンの取付」

簡単に出来る対策と言えば「カーテンの取付」やと思います。

何と言っても費用も安く誰でも簡単に取り付けられるといったところですね。

それに、カーテンの種類(生地の厚さやガラ)なども選べて、すぐに外せるといったお手軽さも人気の1つやと思います。

日差し対策としてチャイルドシートを置いている側の窓だけカーテンをするといった部分的に取り付けられている人も多いですね。

通販では、こんな商品が人気 (楽天)↓↓↓

ただ、カーテンの場合は、物(商品)にもよりますがカーテンをした窓ガラスは外がほとんど見えなくなるというデメリットもあります。

車屋としては、安全面が一番重要と考えているので、リアサイドの窓ガラスが見えないのは不安と感じる人にはおすすめできませんね。

車屋のおすすめはやっぱり「カーフィルム張り」

車屋が車内のエアコンの効きを良くする方法としてお客様に勧めるのは、やっぱり「カーフィルム張り」ですね。

カーフィルム張りと言えば、見た目や車内を見えにくくするといったイメージがあると思いますが「暑さ対策」としても効果は大きいです。

仕事などの箱バンなどは、室内が広く窓ガラスが大きいので夏場はエアコンが効きにくくカーフィルム張りをする人は多いです。

仕事用の箱バンでは、定番のエアコンの効きを良くする方法ですね。

ただ、施工費用もそこそこ高いです。軽自動車クラスでリア5面、15,000~20,000円ぐらいしますね。

それに、夜などは車内から外が見えにくくなるといったことから、「暑さ対策」だけでカーフィルムを張る人は少ないと思います。

しかし、車屋としては「効果が大きい」ということと「フィルムの濃さを調整すれば、外が見えにくいことはない」といった理由からおすすめしています。

車内に空気の流れを作る

7人乗りの1BOXカーなどは、後部座席付近に風の吹き出し口があることが多いですが、小型車や軽自動車はほとんどないです。

その場合、運転席や助手席は空気の流れがありますが、後部座席はあまり風が届かず空気の流れが少ないです。

これが、後部座席が暑くなる原因ですね。

こういう場合の対策としては、「車内用のミニ扇風機」などが効果的です。

この扇風機だけで涼しくなるわけではないですが、目的は空気の流れを作る事なのでかなり効果的ですね。

空気の流れがあるかないかで車内の温度は変わってきまし、なにより体感温度がかなり変わってきます。

後部座席でじっとしている小さな子供さんには大事なところですね。

車用のミニ扇風機は価格も安い物からあって、電源もシガーソケット(12V)に挿すタイプで取付方もいろいろあるので、お手軽アイテムです。

カー用品店やホームセンターなど、いろんな所で売ってますし、ネットショップでは数多く売られています。

こんな感じのミニ扇風機ですね ↓↓↓

まとめ

その他に、いろいろな「暑さ対策カー用品」がたくさん売られています。

ただ、今までの経験やお客様の話を聞いての感想としては、あまり大きな効果がある商品は少ないと思いますね。

やっぱり、車用品でも対策は「車内を涼しく感じられるようにする」ためにエアコンの効きを良くする用品や施工が一番やと思います!

しかし、車に出来る暑さ対策だけでは、この時代の猛暑には対応できなくなってきていると思います。

当たり前ですが、熱中症対策は「水分補給」などの個人で出来る対策が一番大事です。

そして、車(カー用品)でする暑さ対策はその次の対策や同時というように思ってもらったほうがいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子供のための用品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com