チャイルドシート・ベビーシートの選び方!機能よりもサイズが重要!

子供のための用品

チャイルドシートの選び方って「子供のために」が最優先ですよね。

ママさん・パパさんからしたら子供のための用品なので、当然ですけど(^^;)

なので、ついつい“高機能・安全性がさらに良い・素材が良いなど”などを重視してしまうと思います。

って感じで、みなさん、買うならちょっと良いグレードを選んでしまいがちですよね。

しかも、親戚(じいちゃん・ばあちゃん)からのプレゼントになる場合も多いので価格も気にせずに選んじゃったりすると思います。

ただ、上グレードモデル(高機能・高価格)は、全体のサイズ(付属品も含めて)が一般的なサイズより少し大きい商品が多いです。

なので、実際に車に取り付けた後に、

「ちょっと大きいなぁ(汗)、室内狭くなったなぁ」

って感じたことのある人も多いと思います。

そこで、車屋目線で機能などではなく、その車に合ったチャイルドシートの選び方の話しをしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポイントは車の大きさ(室内の広さ)を考えて選ぶ!

取り付ける車が中型車以上や1BOX車などであれば、とくに大きさ(サイズ)が気になることってあまり無いと思います。

でも、ママさんドライバーが買い物などで普段使いするのは小型車・軽自動車(シートが小さい車種)が比較的多いと思います。

そんなことも考えて、高機能の価格の高い商品でも、普通の商品(小型タイプ)とあまり大きさ(カタログ寸法)は変わらないって商品が多いです。

高機能でも小型サイズってやつですね。

ただ、実際に取り付けてみると、やっぱり大きく感じることが多いっていう話をよく聞いたりします。

シート自体(カタログ上の寸法)は小さいけど、付属品などや部分的なところで場所をとるって感じです。

なので、小型車(軽自動車)の場合は、実際にリアシートの大きさに合った物(なるべく小型の物)を選ぶようにしたほうがいいですね。

小型車・軽自動車の場合、他の荷物のことも考える!

チャイルドシートはリア席(後部座席)に取付しますが、小さい車ほどリア席やその足元に荷物を置くことが多くなりますよね。

子供さんが小さければ小さいほど、

「ミルクセット」「おむつセット」「お着替えセット」「暇つぶしのおもちゃセット」

などなど、お出かけするときは山ほど荷物が多くなると思います。

しかも、一番場所をとるベビーカーを最優先に考えて積まなくてはいけません。

ラゲッジルーム(後ろの荷台)に積めればいいんですけど、小さい車はラゲッジルームも狭くリア席の足元に積まなくてはいけない車も多いです。

なので、他の荷物の事を考えて常時固定されているチャイルドシートは場所をとらない比較的コンパクトな物を選んだほうがいいと思います。

サイズ(シートのタイプ)を選ぶポイント?

それじゃ~、「小さい物って言うけど具体的には?」ってなると思います。

選び方で言うと「大きさ」と言うより「シートのタイプ」ですね。

車屋感覚のおっさんの偏った考えになりますがポイントは、

サポートレッグって必要?

サポートレッグとは、チャイルドシート本体の前部から床面(足元)まで支えている補助の棒のことです。

役割としては、前方衝突の事故などの時にチャイルドシートが前方に沈み込むのを防ぎ、子供の頭部移動量が少なくし衝撃を押さえるって感じです。

上グレード(高い商品・高機能モデル)ほど、サポートレッグが付いていることが多いです。

ただこれ、けっこう選ぶポイントとしては重要なところです!

あったほうがイイっていうのではなく、無いほうがイイってところです。

もちろん、付加価値機能としては大事かもしれませんが、けっこう邪魔になるので付いてない物を選んだほうがいいかなって思います。

正直、おっさんは無くても安全性に大きな差はないかなぁって思います。

実際のところ、おっさんの経験では、このサポートレッグの効果(役割)がちゃんとなるように取付け出来ている人っていうのも少ないですね。

とりあえず付いているから取り付けているって感じが多いです(^^;)

それに前方衝突の事故などは、運転の仕方(安全運手)で防げることが多いので、チャイルドシートの機能を過信するよりも運転者の心掛けが大事やと思います。

将来的なことを考えて大きめのシートを買うのは?

子供さんが大きくなった時の考えて、ジュニア(~11才)まで対応する大きめのシートを考える人もいると思います。

ただ、おっさんはあまりおすすめ出来ないですね。

子供さんが大きくなれば、それなりのジュニアシートがあるのでその時に新しく買い直したほうが良いと思います。

金額面で考えても、そのほうがトータルで安いと思いますし、何年も経てばもっといい製品が出てます。

何よりもチャイルドシートって、けっこう汚れるんですが、なかなか掃除(洗い)が出来ないので数年で買い替えるのが理想ですね。

それに子供さんが大きくなった時には、「車の大きいのに乗り換えようかなぁ」って思うことも多く、シートも汚くなっているので新しく買うって人が多いです。

なので、その時にどうするか、もう1度考えるのがイイと思います。

ベビーシート(新生児用~1才児ぐらいまで)は必要?

ちょっと個人的な意見になりますが、ベビーシートは全体のサイズが思った以上に大きく使用期間が短いので、あまりおすすめ出来ないですね。

回転式などは赤ちゃんに対する利点はありますが、小さい(室内が狭い)車では不便さのほうが勝っているかなぁっておっさんは思います。

もちろん回転式などの機能は、おむつ替えや着替えなどシートの中で何かをする時には便利やと思います。

でも、シートの周りに荷物があれば片付けたり、前席のシートを前にしないといけないとか、回転させるのに準備が必要になったりする場合も多いです。

なので結局、面倒くさいっていうのもあって、その機能を使わななくなる人が多いっていう話をちょくちょく聞いたりします。

なので、サイズ的にも使用期間的にも「新生児~4才児」ぐらいのモデルがちょうどいいのかなって思います。

それにママさんドライバーとの話の中で、子供さんが3~4才ぐらいになるとチャイルドシートを嫌がってジュニアシートに変えるって人も多いです。

それに、ジュニアシートにすれば座席に固定しなくてもよくなりますので、小さいくて軽くてすぐに移動できます。

小さい車であればリア席が広くなるのでママさんドライバーにとっても楽になります。

やっぱり安全性・機能面で問題はないの?

選び方を大きさや使い勝手だけで選ぶのは心配って思うママさんもいると思います。

でも、最近のチャイルドシートはかなり優れていますよ!

チャイルドシート全体の基準もかなり厳しくなっていますし、有名どころの商品は安いグレードでもかなり基準を上回った性能になっています。

それに車自体の安全性も昔に比べると大幅に向上しているので、子供さん(あかちゃん)にとっても全く問題ないと思います。

上グレードモデルはメーカーにとっての技術の成果なので、それは良い製品だとは思いますが近年では過剰の性能なような気がします。

それと、チャイルドシートは子供用品と言うより車に取り付ける自動車用品です。

シートのグレードや機能よりも、取り付ける車に合った物を選ぶのが一番いいんじゃないかとおっさんは思います。

ちなみに室内の狭いコンパクトカーや軽自動車におすすめなのは、

コンビ ウィゴー エッグショックLG(参考:新生児~4才頃) メーカー商品HP

こんな感じのベタなシンプルのタイプがいいと思います。

この商品はおっさんがお客様に何気に聞かれたときにおすすめしている商品ですね。

価格もお手頃ですし、メーカーも「コンビ」なので信頼感もあります。

ま~正直、定番のメーカーであればどこでもいいと思います。コンビはおっさんの好みですね…(^^;)

これぐらいの大きさであれば、室内での使い勝手もかなりいいと思います。

まとめ

おっさんのお得意様のママさんドライバーでも高そうな(上グレードモデル)チャイルドシートを付けている方ってけっこういますね。

でも使っているうちに、

「ええの買いすぎた」「大きすぎて邪魔やわ」「2人目は小さいのにしよ」

っていう声も多く聞いたりします。

やっぱり、そういうママさんドライバーの車は小型車や軽自動車がほとんどです。

正直「チャイルドシートが車に合ってませんわぁ」ってところです。

でも、やっぱり子供のことを思って購入したと思うのでそんなことは口が裂けても言えませんよね(^^;)

そんな時は「チャイルドシートは価格や機能じゃないですよ~」って軽~くコンパクトなチャイルドシートを勧めています。

ママさんドライバーからは「そやなぁ、2人目の時はそうしようかなぁ~」などの答えがよく返ってきます。

なので、チャイルドシートは自動車用品と考えるおっさんなりの車屋の考え方も1つの正解なんかな~って思ったりします(^0^)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子供のための用品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com