チャイルドシートの取付ってちゃんと出来てるの?けっこう揺れるけど

子供のための用品

しっかりと固定出来ないのは、取付の問題じゃない!

おっさんの店のお得様にも車にチャイルドシートを付けている方が数多くいてます。

おっさんも子育て中ということもあって子供用の車用品について、いろいろと話をすることが多いです。

その中でママさんドライバーから、よく聞くのが

「チャイルドシートが正しく取付出来ているのかよく分からない」

ってとこですね。

取付に関しては、取扱説明書をちゃんと読みながら取り付ければ難しいことはないですし、ちゃんと取付は出来ていると思います。

(取付に慣れていないと時間がかかるのと面倒くさく思うかなぁ。)

しかし、説明書どおり取り付けても説明書に書いてあるようにガチっと取付出来てないって思うって感じのママさんが意外と多いです。

ママさんドラバーからすれば、チャイルドシートを押したり引っ張ったりするとけっこう揺れるのが心配になるみたいです。

ただ、これは取付け方(方法・手順)の問題というよりも車(リアシート)とチャイルドシートの相性の問題やと思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車種や商品によって揺れは多少あるが問題なし

ほとんどのチャイルドシート自体は3点式シートベルトの乗用車(乗用タイプのバン)であれば、車種問わず取付OKになっています。

なので、多少揺れても安全さには問題ないと思います。

ま~、説明書には揺れないようにしっかりと取付って書いてますけど…

逆にほとんどのチャイルドシートが車種専用ではなく、一定の安全基準に対応した形状になっているため、すべての車種に同じようなガッチリ感があるわけでもないです。

説明書どおりにちゃんと取付してもチャイルドシートがしっかりと取付出来てないなと思ってしまう理由としては、

車のシートの大きさ(形状)に対してチャイルドシートの大きさ・形状が合っていない

ってところが大きいですね。

このような疑問は、軽自動車や小型普通車に多い

チャイルドシート 大きさ

出典:ブレ55のアメ車奮闘記

やっぱり、車とチャイルドシートの組み合わせも大きな理由の1つですね。

軽自動車(小型普通車)などはシート自体が普通車に比べると全体的に小さいです。

そして、ハイグレード(高機能の高い物)の大きめのチャイルドシートは小型されているといっても、やっぱり少し大きいですね。

この組み合わせだと、どうしても取り付ける台座(車のシートに設置する部分)がシート1人分の場所からはみ出したり合わなくなる場合が多いです。

説明書どおりの取付さえちゃんとしていれば安全に問題はないのですが、シートとの間に隙間ができたり背もたれの部分の設置面積が少なかったりする場合があります。

これが、しっかりと(ガッチリと)取付出来ていないと思う理由です。

もちろん、チャイルドシートのメーカーもシートの大きさを考えて設計しているので、取付に関してあまり心配することはないと思いますね。

ただ、車屋としては、商品の性能や取付方法などではなく車種(リアシートの大きさ)に合った大きさのチャイルドシートを選ぶのが1番いいかなぁって思います。

車(車種)に合ったチャイルドシート選びは? ↓↓↓

チャイルドシート・ベビーシートの選び方!機能よりもサイズが重要!
ついつい価格の高い(大きい)物を選びがち? チャイルドシートの選び方としては「子供のために」が最優先ですよね。 ママさん・パパさんか...

きつく取付をしても意味がない

チャイルドシート取付

出典:カーセンサーnet

おっさんも軽自動車に乗っているのでこのような経験があります。

はじめてチャイルドシートを取付る時に説明書に

「ぐっと膝などでシートに押し付けてシートベルトで固定する」

みたいな説明があるので、そのとおり取付しても取付後にまだ緩みがあると思い、さらにかなり強い力で押し付け取付しました。

しかし、緩み(ガチっと固定しない)は変わらず、車のシート側がすごく凹んでいただけでした。

何回か試してみましたが結局同じだったので、車のシートが気持ち凹む程度(数年後に取り外した時にカタが残らないかなって思う程度)にしました。

ちょっと心配はありましたが、特に子供を乗せた時には問題はありませんでしたね。

もちろん、安全性なども問題なさそうな感じです。

なので、普通に取付けてもガチッっとならないからといって、どんどんキツく締め付けたりしても、あまり意味がないと思います。

シートが、どんどん凹んでいくだけですね(^^;)

どうしても気になる人はこんな対策を!

ただ、「大丈夫かもしれないけど、でも心配」ってママさんも多いと思います。

そういうママさんに、おっさんがおすすめなのは「シート保護マット」ですね。

「シート保護マット」の一番の目的は、チャイルドシートの取付によって車のシートの汚れやキズ、カタ崩れを防ぐものです。

でも、ズレ対策やシートの安定性にも効果がありますね。

おっさんも「シート保護マット」を使っていましたが、どちらかと言うとチャイルドシートを使わなくなった時の車のシートのカタ崩れを防ぐためでした。

ただ、チャイルドシートのズレや揺れの対策にはあまり期待していなかったんですが、思っていたよりもしっかりと取付出来るようになりました。

なかなか一石二鳥の商品ですね。

いろんな商品が販売されていますが、おっさんが使っていたのはアップリカのシート保護マットです。

ちなみにチャイルドシートはコンビですが、メーカーの組み合わせはあまり関係ないと思いますね。

おっさんが使っていたのは、もう廃版になっていて今はこの商品になっています。 ↓↓↓

アップリカ シート保護マット 98645

他のメーカーにもいろいろな商品がありますので、1度調べてみてはどうでしょうか。

まとめ

ほとんどのママさんは、はじめてチャイルドシートを取り付けた時に同じようなことを思うと思います。

とくにはじめての場合は、乗せるのが赤ちゃんのことが多いので心配になりますよね。

ただ、

取付自体がかなり間違っていない限り、多少の揺れやズレなどで事故につながることはありませんのであまり心配する必要はない

って、おっさんは思います。

チャイルドシートメーカーもその辺は考えて設計されていると思うので。

おっさんの経験からすれば、このような心配をして何回か取付をやり直したりする人のほとんどは、ちゃんと取付されていますね。

逆に説明書も読まずに、「とりあえずガチっと取り付けていればOK」と思っている人も多いです。

だいたい男の人(パパさん)って感じですね。

その場合、取付自体が間違っていて「危ない取り付け方やなぁ~」って思うことがちょくちょくあります。

でも、なかなか「ちゃんと取付出来ている!」って思っている人に、間違っているってツッコめないですけどね~(^^;)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子供のための用品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com