ワイパーゴム・ブレードの交換時期の目安は?視界が悪くなってから?

日ごろのメンテナンス

おっさんの店では、車検や定期点検などの時に、ほとんどと言っていいほどワイパーゴム(ブレード)を交換しています。

実際のところ、ワイパーを点検をして「大丈夫だから交換の必要なし」っていうのはけっこう少ないですね。

なので、おっさんは定期的に(期間を決めて)ワイパーゴムを交換している人って、ほとんどいないんだなぁって思ってます。

っていうのも、

  • 「ゴムが裂けてきた、見た感じ悪くなっている」
  • 「ワイパー動かした時の音がおかしい・かなりビビる」
  • 「雨が全然とれない、視界が悪くなっている」

などの末期症状が出てから交換しても遅くないって考えの人が多いからやと思います。

それと「ワイパーのゴムの事なんて全く考えていない」って人もいますよね(^^;)

普通の乗り方であれば、遅くても2年に1回の車検時に他の消耗品と一緒に交換していれば最悪の状況になることはないと思います。

例えば、ゴムがちぎれてワイパーが使えなくなったり、ガラスに大きな擦り傷が残ったりって感じの状況ですね。

なので、あまり気にする必要もなくエンジンオイル交換みたいに本人(お客様自身)で管理して定期的に交換するといった考え方は少ないと思います。

そこで、おっさんがワイパーゴム(ブレード)交換時期について、お話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴムの交換は早めの半年に1回の交換がおすすめ

おっさんはお客様にワイパーの交換時期を説明したりする時、

「出来れば、ワイパーゴムの交換は半年に1回がベストですね」

って感じで、おすすめしたりしています。

でも普通で考えると「それは、ちょっと早いんじゃないの?そんなに早くアカンようになる?」って思われるかもしれませんね。

ただ、車屋(中古車屋)目線の考え方かもしれないですが、早いって思わるような交換サイクルでも、それなりの理由はあります。

状況によってゴムが劣化し始めるのは意外と早い

ワイパーゴムに関しては、ほとんどの製造メーカーで「1年に回の点検・交換」が推奨になっていると思います。

つまり、一般的には“使用期間1年が交換の目安”になります。

ただ、この目安はあくまでも“一般的な環境での使い方で”ってところなので、全ての使い方でって訳ではないです。

なので、季節や環境(使い方)によって、実際には半年ぐらいから性能が落ち始めていることが多いです。

性能が落ち始めたって症状としては、

  • 部分的にスジが入るようになった
  • 水ハケが悪くなってきている
  • ワイパー後に、にじみが出てきている

などで、ゴムの劣化(固くなっている)や傷みが原因になります。

視界の悪さなどの話でいえば、あまり気にする必要がない程度かもしれないですがフロントガラスにとってはこれぐらいからキズがつく心配がでてきます。

車のことを考えるのであればこれぐらいから交換を意識するのがいいと思います。

フロントガラスのことを第一に考える

上記で説明したように一般的な普通の乗り方をしている車でも半年使っているワイパーを見ると意外と劣化していることが多いです。

見た目だけでは分かりづらいですが、新しい物と比べるとぜんぜん違いますね。

視界の悪さにはさほど影響しないかもしれないですが、ゴムの硬さ(柔らかさ)はフロントガラスにとっては大きく影響します。

ゴムが固くなったり変形したりすると、フロントガラスにきれいに密着しなくなり、動きもスムーズさがなくなってきます。

そうなると、フロントガラスの汚れ(砂ぼこりや小石、とくに黄砂)などをワイパーがキレイに取れなくなってきます。

そして、引きずるようになってしまい線キズや全体にボケたようなキズになってしまうことが多いです。

しかも、フロントガラスのキズなどは修理(磨き)をしてもなかなか治らないのでキズを付けないようにするのが一番の対策になります。

価格も安く、自分で取替れる!

一般的な乗用車のワイパーゴムの価格は、1本500円~1,500円ぐらいですね。

カー用品店などであれば普通のグレードのゴムで、800円ぐらいで買えると思います。

フロントは2本セットで交換するのが基本ですので、単純に計算すると1,600円ぐらいで取り替えれます。

しかも、取替は簡単で自分で出来るので部品以外の工賃などもかかりません。

売っているところもカー用品・ガソリンスタンド以外にもホームセンターの自動車コーナーにもありますので、手軽に購入出来ます。

ただ、カー用品店などは、上グレードのモノしか売っていなかったりするので、普通のグレードであればホームセンターのほうが安く売っているような気がします。

ネットショッピングなどでは安く売っていますね。(ただ送料がかかりますけど…)

なので、自分で簡単に交換出来て、買いやすさや価格的に考えてもワイパーゴムは早めの交換をお勧めしています。

ちなみに、ワイパーゴムの種類・選び方は ↓↓↓

ワイパーゴムの種類・選び方 ノーマル/グラファイト/撥水?
ワイパーゴムやブレードを交換しようと思って買いに行ったりネットで調べた時に、 「種類とかいろいろあるなぁ、どれにしたらええんやろ~?」 ...

ワイパーブレードは2年に1回がおすすめ

ワイパーブレードとゴム

カー用品などで、ワイパーゴムのコーナーを見ていたら、ワイパーブレード(ゴムとセット)も多く売られていますね。そんな時、

「ワイパーブレードも交換が必要なの?」

って思った人も多いと思います。材質もゴムではないので劣化なんてしないのに消耗品なの?って感じですよね。

しかし、ブレードも消耗品扱いでです。ちゃんと交換したほうがいい理由もあります。

ブレードの役割は、ゴムの取付部分になりますが、長いゴムをフロントガラスに均等に密着させるいった重要な役割を持っています。

ワイパーゴムを交換したのに「きれいに水がハケない」「ゴムがビビって音がする」「スジが残る」などの症状の場合は、ブレードが原因かもしれません。

この症状はブレードの劣化・変形・たわみなどがある場合に起こります。

なので、ゴムを定期的に交換して何回かに1回にはワイパーブレードごと交換するのをおすすめしています。

売り方もゴムとセットになって売っているので選び方などもゴムと一緒です。

価格もワイパーゴムとセットになって、ゴムの価格より数百円高いだけなので価格面でも、それほど高くはならないです。

おっさんの店では、車検などの時にはワイパーブレードごと交換させてもらっていることが多いですね。

それに、なにより、見た目もキレイになるのでいいと思います。

意外とワイパーブレードを替えるだけで、ちょっと車が良くなった感じがしますよね。

ただ、車種によってはブレードが車種専用になっている場合があるので、その場合はゴムのみの交換にすることが多いです。

ブレードがおかしく交換しないといけない場合は純正部品の交換になるか、車種専用のブレードがあればその商品になります。

でも、そういうブレードは汎用品ではないのでそこそこ高くつきますね。

まとめ

ワイパーゴム(ブレード)の交換時期に関しては、車屋・修理屋・カー用品店・ガソリンスタンドで意外と考え方がいろいろ違います。

「水ハケが悪くなったら交換」というのは基本でどこでも一緒ですけど。

その前の定期的な交換時期に関しては、人それぞれといって感じのになると思います。

ただ、ワイパーの交換時期が気になってこの記事を読んでくれた人であれば、おっさんがおすすめする半年に1回がいいかなぁって思います。

それと交換時期は、春の前(黄砂が多くなる時期の前)と秋ぐらいがいいんじゃないかと、おっさんは勝手に思っています(^^;)

もちろん、洗車の頻度や地域、車の使い方でまだまだ大丈夫っていうこともあります。

最後に、長い目で見ればワイパーゴムの交換時期(交換サイクル)によって車のフロントガラスのキレイさに必ず差がでてくると思います。

ま~、ワイパーのメーカーの人からは「1年に1回でも大丈夫やって!」ってツッコまれるかもしれませんけどね(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com