個人賠償責任保険って、どの保険に特約で付けるのが本当はいいの?

加入・契約・種類

「自動車・火災・傷害」などの損害保険の特約やクレジットカードなどのオプション(サービス商品)としてあるのが「個人賠償責任保険(特約)」です。

この保険(特約)は「日常生活での損害賠償事故の保障」という保険対象が「決まったものに対する保険」ではなく個人用の保険ですね。

ただ、すべての賠償事故が保障されるわけではありません。

自動車保険のように自動車事故のためにある専門の保険があれば、個人賠償責任保険では、自動車事故の損害は対象外になります。

詳しくはこちら ↓↓↓

個人賠償責任保険(特約)ってどんな保険?自動車保険で必要な特約?
自動車保険の特約で自動車の事故に直接関係がない特約があります。 それが「個人賠償責任保険(特約)」です。 この保険は、一般的に「自動車保...

ただ「個人賠償責任保険」は、自転車の事故で発生した損害賠償も対象になります。

なので、自転車事故での多額の損害賠償責任が発生してきてる今、「自転車事故のために個人賠償責任保険」って考える人も増えてきてますね。

でも、この保険は特約なので、個人賠責単体で加入することが出来ないんですよね。

それでは、「個人賠償責任保険は自転車事故のため」と考えている人であれば、どの保険の特約とし付帯(加入)したらいいと思います?

保険代理店をしている車屋のおっさんのおすすめは、

「車屋の保険代理店から加入しているのであれば自動車保険」

です!ポイントは車屋の保険代理店」ですね。

べつに「車屋の代理店から加入した保険」でなければ、とくに自動車保険の特約にする必要もないと思います。

車屋の代理店が取り扱う保険商品=自動車保険という考えで、自動車保険に特約として付帯するのがおすすめって感じです。

その理由を車屋の考え方で詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自転車の事故は交通事故

損害賠償責任が発生するケースで最も多いのが「自動車の交通事故によるもの」ですね。

そのため「自動車保険」という車の専門の保険があります。

保険の加入先(加入窓口)も車販売店(新車ディーラー・中古車店など)の保険代理店が多いですね。

自動車保険は他の損害保険とは全く違う考え方と言っていいほど、事故が起きてからの流れ・対応・交渉が独特のものになります。

それは自動車事故は交通事故になり警察に連絡をしたり、事故の度合い・相手のケガや車の損傷により対応・交渉が個別に必要になってきます。

他の保険のように「損害の請求をしてもらい保険で支払って完了(示談成立)」のように簡単に終わらないです。

自転車での損害賠償責任が発生した場合も、交通事故になる可能性が非常に高いので、自動車保険と同じ感じで考えなくていけません。

しかし、個人賠償責任保険では「示談交渉サービス」が付いていますが、自動車保険のように事故全体の対応・お客様のフォロー・交通事故の個々の対応などは難しいです。

そこで、役に立つのが「車屋の保険代理店」

車屋の保険代理店は、車屋が本業なので車両の事故修理などで交通事故に関わることが多いです。(当たり前ですけど)

なので、交通事故などで相手にケガなどを負わした時の損害賠償額(お金の話)以外の対応(事故全体的な流れ)などの知識が豊富です。

今までの経験(実際のお客様との話など実体験)から個々のパターンでも、いろいろとアドバイスを出来ることが多いです。

ここは、保険会社のお客様窓口や保険専業の代理店に比べて圧倒的な経験値が違います。

自動車保険(保険商品)だからと言うよりも事故が起きた時の代理店(加入窓口)としての対応力が大きいですね。

主契約の保険の期間は短いほうが良い!

個人賠償責任保険は特約になりますので、保険期間は主契約の保険の期間と同じです。

火災保険や傷害保険にこの特約を付帯している人が多いと思いますが、火災保険などは長期契約が多いので古い保障内容になっていることがほとんどです。

保険の種類・保障内容は、その時代にあった内容に定期的に変化(改定)していきます。

しかし、契約中(契約期間)は契約時の内容のままになりますので、長期契約ほど古い保障内容になってしまいます。

もちろん、特約も主契約の保険の契約時の内容のままです。

個人賠償責任保険で言えば、昔は「示談交渉サービス」がほとんど付いていませんでしたが、現在はほとんどの保険会社のこの特約に付いています。

このようなことから、保険期間が短い(1年~3年)自動車保険で付帯していれば、更新時に新しくなった(改定になった)保障内容も確認出来ます。

もちろん、更新時に特約自体も見直すことが出来ます。

注意するポイントは自転車事故が保障外になるかもしれない

最近は、いろいろな保険会社で「自転車保険」が新発売されています。

ただ、どこの保険会社も「傷害保険」と「個人賠責保険」を組み合わせた既存の保険商品を「自転車保険」としているだけです。

それに、まだまだ保障内容や保険料が保険会社でバラバラですし、すべての保険会社が取扱いしているわけでもないです。

しかし、自転車保険の需要が多くなり自転車保険に加入するのが当たり前のようになれば、自動車保険のように専門の保険商品が出来るかもしれません。

そうなれば、自転車事故は個人賠償責任保険の保障外になると思います。

そうなると、個人賠償責任保険に入っている意味がなくなりますので、定期的に保険内容を確認することが大事になります。

まとめ

専業の保険代理店からすれば、この記事は車屋(おっさん自身)の偏った意見になるかもしれません。

しかし、実際にお客様からのお問い合わせなどで

「自転車保険は自転車屋か車屋から入るものでじゃないの?」

って感じの意見も多いのもたしかです。

これは自転車事故も自動車事故のように代理店も保険会社も対応してくれると思っていて自動車保険に付帯するのがいいと思っているのかもしれません。

ただ、自転車も自動車と一緒で交通事故であれば他の損害保険での一般的な対応では不十分だということもいえます。

上記の理由から、自転車事故のためという考えて個人賠償責任保険に加入しようと考えている人であれば、自動車保険に付帯するのがいいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com