自動車保険は長期契約がお得?車屋の代理店の考え方は少し違う

加入・契約・種類

メリット・デメリットよりも考え方が大事!

自動車保険の契約期間(保険期間)って一般的に1年間が多いですね。

ただ、2年や3年(最長7年)などの契約で「長期自動車保険」という名前どおりの保険期間の長い長期契約もあります。

長期契約が出来るのは、主に「代理店型」の従来の保険会社(東京海上や三井住友海上など)が多いです。

ダイレクト保険(通販型)では、1年契約のみの保険会社が多いですね。

有名どころの「ソニー損保」は1年契約のみですね。

ネットで調べてみると、「長期自動車保険のメリット・デメリット」などの記事が多数見つかると思いますが、内容的にはそのとおりやと思います。

ただ、ほとんどの記事が「保険料」の違いや事故を起こした時の翌年の等級が変わらないなどのメリットなどの内容ばかりです。

もちろん、保険料は保険選びで大事なところの1つやと思いますけど。

しかし、車屋の保険代理店(従来型の代理店)からすれば、「1年契約か長期契約のどちらがいいか?」の考え方(選び方)は少し違うかなぁ~って感じですね。

そこで、長期契約と1年契約の内容の違いや保険料の差・比較などは省略して、代理店(車屋のおっさん)の保険期間の選び方・考え方をお話ししていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車屋の代理店は普通、1年契約をおすすめする!

町の車屋(中古車販売店)や修理工場の保険代理店は、1年契約がほとんどやと思います。

理由としては、自動車保険は1年契約が基本という、そもそもの考え方が昔からあるというのもあります。

それと、車屋には、自動車保険の独特な考え方があります。

定期的に契約内容を確認(見直し)することが大事!

自動車保険は、他の保険(火災保険など)とは違い、保障に関わる契約内容(車種や使用状況が年齢・運転者の範囲)が変わることが多い保険です。

それによって、割引などが細かく設定されていて、保険料が大きく変わります。

自動車保険に限らず全ての保険契約では、契約内容に変更があった場合は必ず契約者本人が連絡(申告)するということになっています。

ただ、住所変更や車種変更(乗り換え)などは、みなさん連絡すると思いますが、

「運転する人の範囲・年齢」「使用状況(通勤や日常など)」

などの変更を連絡をする人は非常に少ないですね。

連絡しないというよりも、契約内容を詳しく解っていないということが多いです。

なので、1年に1回の更新時に代理店が契約内容をしっかりお客様に確認して、変更があった場合の手続きをするのが代理店の一般的な考え方になっています。

さすがに、2年や3年に1回の内容の確認や見直しは、期間が長いかなぁって思います。

長期契約でも、年に一回は保険会社から「保険内容のおしらせ」などの書類が郵送されることが多いですが、ちゃんと見ている人って少ないですよね。

おっさんの個人的な考えになりますが、毎年お客様に合った保険内容に見直していくことが無駄のない保険契約になり結果、お得なんじゃないかと思います。

車屋の代理店として役割の考え方

町の車屋(修理屋)の代理店で保険を入っている人は、

「車の事(車検や修理、自動車保険)は、車屋に任せている」

という人が多い(ほとんど)やと思います。

車屋からしても、車両販売や車検修理でのお得意が自動車保険も一緒(ついで)に入ってくれているって感じです。

なので、車種情報や使用状況・乗る人(家族構成など)はちゃんと把握していないといけないって思っていますね。

ただ、全てのお客様の使用状況を保険期間に関係なく、常に把握・管理できるわけもないので、1年毎の更新で確認や見直していくといった考えです。

やっぱり、代理店のそのあたりの役割(責任)は大きいと思いますね。

新車ディーラーは、3年契約をおすすめるすることが多い

今、入っている保険が3年契約という人は新車ディーラーで保険を加入している人が多いと思います。

多くの新車ディーラーは3年契約をおすすめしていますね。

とくに、トヨタのディーラーは「まとめてバリュープラン」などの自動車ローンとセットになった特別な長期契約の保険商品がありますね。

ディーラーの営業マンからは「保険料がお得」「更新手続きが毎年じゃないから楽」などの理由から長期契約をおすすめしますが実際は、ただの会社の方針ですね。

おっさんからすれば、単純に「長期契約にして、他社への保険乗り換えを少なくなる」といった乗り換えの対策やと思っています。

町の車屋や修理屋と違って、保険の勧め方も会社のちゃんとしたマニュアルがあり、営業マンの考えで保険内容などをおすすることは少ないです。

なので、営業マン自身がお客様の使用状況をしっかり把握して判断するなどの、おっさんみたいな考え方はないと思うので、基本的な考え方自体が違いますね。

保険料だけで考えるなら「ダイレクト保険」!

長期契約での一番のメリットは、

「事故を起こしても保険期間は値上がりはしない」

ですね。みなさんもココが一番のポイントやと思ってると思います。

ただ、保険料で考えるのであれば、事故があって保険料が上がったとしても1年契約の「ダイレクト保険」のほうが、トータル的に安いと思います。

「代理店型」の保険料が高い理由の1として言われるのが「代理店があり、その代理店の手数料があるから」です。そのとおりですね。

長期契約にして、毎年の更新手続き(上記で説明した確認など)を省くのであれば、あまり代理店で入る意味(メリット)がないような気がします。

正直、ダイレクト保険でもいいのかなぁ~って思います。

このあたりは、いろいろな考え方があるので、おっさんの考え方は「保険を販売する側の個人の勝手な考え方」でしかありません。

「とりあえず、代理店での加入を考えているが、代理店にそこまで望んでいない。ただ、保険料は少しでも安い方がいい」

って、いう考えの人も多いと思います。その場合、長期契約のほうがお得ですね。

長期契約をするには、保険会社の審査がある!

最近では、長期契約が出来る保険会社で長期契約を申込する時に「保険会社の審査」が必要な場合がほとんどです。

どんな審査かというと、現在の等級や年齢・車種、過去の保険使用率(事故歴)などで判断して「事故を起こさなそうな人はOK、起こしそうな人はダメ」ってところです。

つまり、過去に事故を起こして実際に保険料が上がり、更新時に

「長期契約の保険期間は事故を起こしても保険料が上がらないからお得」

などのような感じであれば、断られる可能性が高いです。

結局、長期契約出来る人は事故をする可能性が極端に低いお客様で、長期契約のメリットがほとんど生かされないことが、ほとんどです。

長期契約した契約者には、あまり徳が無く保険会社は優良な(事故をしない)お客様と長期で契約出来るといったところです。

保険会社からすれば、「そんな簡単にお得になる契約はないよ!」って感じですね。

まとめ

かなり、車屋の代理店(おっさん)の偏った考え方になっちゃいましたが、長期契約が必ずしもお得ではないってところは間違っていないと思います。

自動車保険は、保険内容や保険料・保険会社のサービスだけでは比較したり選ぶには少し難しい保険ですね。

しかも、事故率(使用率)が一番多い保険なので、ちゃんと保険内容を把握しておかなくてはいけない保険やと思います。

個人で保険内容の条件や使用状況などの把握など、しっかり管理できる人であれば長期契約をしてもお得かもしれません。

ただ、おっさんの代理店の経験から言うと、ほとんどの人が「自分の加入している保険の内容を簡単にしか把握していない」と思います。

ま~、自動車保険の内容は意外と簡単そうで難しいので仕方ないと思います。

なので、保険料の事とか毎年の更新(継続)は面倒くさいとか思っても、1年契約で更新時にしっかりと内容確認と見直しを代理店と一緒にしたほうがいいと思います。

かなり個人的な考えですが、少しでも参考にしてもらえたら幸いです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com