車両保険の「一般条件」と「車対車+A」の違いは?どちらがいいの?

加入・契約・種類

自動車保で一緒に車両保険も加入する時、窓口(保険屋)の人に

「”一般条件”と”車対車+A”がありますがどちらにしますか?」

って普通に聞かれると思いますが、

「何それ?何が違うの?」

って感じになる人って、意外と多いですよね。

何となく知っていても、”高いほうの車両保険“と”安いほうの車両保険“ってぐらいの感じや思います。

なので、車両保険自体は何となくは知っているけど、その中の種類や特約など詳しく(ちゃんと)知っている人って少ないと思います。

ちなみに車両保険の簡単な説明と加入の考え方は↓↓↓

車両保険って高いけど入っていたほうがいいの?車屋の保険屋の考え方
車に乗る(買う)なら自動車保険に加入するのは当たり前っていうのが一般的ですよね。 でも、その時に車両保険はどうしようかなぁって考える人は多...

そこで、車屋の保険代理店のおっさんが車両保険の内容と選び方を、ちょっと分かりやすく簡単に説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

違うのは「補償対象(種類の数)」と「保険料」

種類があると言っても車両保険としての「自分の車の補償」っていう基本的な考え方やルール(約款)は一緒です。

車両保険で定めているの補償範囲の全ての損害(被害)が対象になるのが「一般条件(フルカバータイプ)」になります。

そして、補償範囲を限定して、保険料を安くした「車対車+A」などがあります。

基本的にはこの2種類から、保険料や車の使い方、個々の保険に対する考え方で選ぶようになります。

その他に、さらに補償範囲を限定した「限定A」「エコノミー」などの種類もありますが一般的ではないので、保険屋(窓口)からおすすめることは少ないですね。

保険会社によって名前や種類(タイプ)の補償範囲が少し違うので、加入している保険会社に確認したほうがいいですね

ってことで、この車両保険の種類の違いを簡単に例えるなら、

食べ放題に行って、高いけど全種類食べ放題にするか、食べれる種類が少ないけど料金が安いほうにするか

って感じですかね。例えが遠いかな(^^;)

補償範囲

車両保険

出典: アクサダイレクト

一般条件」に入っていれば、「地震・噴火(これらによる津波)」を除くほとんどの車の損害が補償されますね。

なので、「とりあえず「一般条件」の入っていれば、ほとんど大丈夫かな」って感じで思っていてもらってもいいかなぁって感じです。

もちろん、こちら側が100%過失がある交通事故の場合でも補償対象になります。

車対車+A」は、

  • 単独(自損)事故(電柱や壁への衝突、車庫入れ失敗など)
  • 相手が車(バイクはOK)以外の接触事故(自転車や人など)
  • 当て逃げ
  • 墜落・転覆(ガードレールを超えて崖から落ちたなど)

などの、相手(車)がいない”単独の事故”を補償対象外にした保険です。

注意するところは、車との交通事故でも相手が確認出来ない場合は「車対車+A」の補償対象外になります。

例えば、

車との接触事故で、ちょこっとのキズだけだったので警察も呼ばず相手の住所も名前も聞かず、その場の話し合いで終わらせた。

っていうケースは相手確認が出来ず、事故なのか自分で当てたのか分からないので補償対象外になっちゃいます。

「当て逃げ」が補償対象外になるのも自分で当てたのか、当て逃げなのか証明できないからですね。

保険料の差

保険料は、車種や等級(割引率)などの保険契約の内容によってかなり違ってきますが、

補償範囲を限定した「車対車+A」は、一般条件条件の半分ぐらいの保険料

って感じでおっさんは、なんとなく説明しています。

やっぱり”単独(自損)事故“は意外と保険使用率は高いので、これを補償外にするだけで保険料が半分ぐらいになります。

基本のセット(対人・対物・人身)に車両保険を付けると合計で、

  • 「一般条件」は、合計保険料で約1.8~2倍になる
  • 「車体車+A」は、合計保険料で約1.3~1.5倍になる

って感じです。

結局、どっちがいいの?

とりあえず、保険料は2の次って考え方であれば、何も考えず「一般条件」です。

補償内容が充実しているのほうが良いに決まってます。

でも、単純に保険料のことを考えずに「そやね」ってなる人は少ないですね(^^;)

なので、車種や保険(契約)の内容・車の使い方などで、その人その人で”どっちがいい”っていうのは変わってきます。

ただ、本人が「保険料によって決めたい」って考えであっても、個人で考える(計算)するのは難しいかなぁって思います。

っていうのも、自動車自体でそうですが、

  • 車の車種や年式
  • 現在の保険の等級(割引率)
  • 年齢や運転者の範囲、使用目的・免許の色

で、保険料が大きく変わってくるからです。

しかも、自動車保険は使うと翌年から等級(割引率)が下がり数年(1事故につき3年)の間は、さらに保険料が高くなります。

大きな事故(損害)の場合は、翌年から保険料が上がったとしても保険を使わなければ仕方がないですし、そのための保険ですよね。

でも「バックで壁にぶつけた」ぐらいの損害であれば、翌年からの保険料の事を考えると保険を使ったほうが損をする場合があります。

損害額が少額の場合は、自腹で修理代を払ったほうが良いってケースですね。

こういうケースは”単独(自損)事故”も補償範囲の「一般条件」の場合で、高い保険料なのに入っている意味がないって感じになることもあります。

そうなると、”単独(自損)事故”も補償外で保険料が安い「車対車+A」でもいいかなぁってなると思います。

なので、この辺りの計算を個人でするのは、なかなか難しいので保険屋(車屋)と相談して自分に合ったほうにするっていうのが良いと思います。

例えば「車対車+A」をおすすめする1つのケース

・若い人が、はじめて車(新車)を買って新規で保険に加入する場合

若い人(年齢条件は無制限)で新規(割引率はなし)で加入したすると、基本(最低限)のセットだけでも1年はびっくりするぐらい保険料が高いです。

でも、運転も慣れていないし新車なので、とりあえず車両保険は入っておきたいってなりますよね。

ただ、”単独(自損)事故”も補償の「一般条件」にしてしまうと、保険料を払うために働いているのかって感じになるぐらい高くなります。

かなり悩んでしますケースですね。

でも、そんな時に、おっさんはお客様に

「車対車+Aで、いいんじゃないですか」

って、安いほうをおすすめしています。その理由と説明はこうです。

若い人の新規の保険加入の等級の場合、「ちょっとぶつけてしまった」って感じの損害であれば、保険を使ったほうが損になることがほとんどです。

仮に10万~20万ぐらいの損害で保険を使っても翌年からの保険料が割増しになって数年で、それ以上の額を余分に払うことになります。

っていうか、翌年から払えないぐらいの保険料になっちゃいます…

ってことは、「ちょっとぶつけてしまった」って感じの損で車両保険を使うことは、ほとんどないってことです。

上記で説明したように、やっぱり「一般条件」に入っている意味がないですね。

それと!

安全運転での予防や予測できない交差点などの相手がいる事故や盗難などは、自分ではどうしようもないので新しい車は車両保険に入っておくべきです。

それに自然災害なんで、本当にどうしようもないですよね。

ただ、単独事故などは安全運転をより心掛けることで予防出来ます。

運転が慣れてないから(下手だから)、車をぶつけてしまうっていうのも少し違って、慎重に丁寧な運転をしていれば防げると思います。

なので、車との接触事故や盗難・いたずら、自然災害の事を考えて車両保険に入るって考えでいいんじゃないかと思います。

まとめ

実際のところ、ここまで考えて車両保険の種類を選んでないと思います。

ま~単純に保険料(自分の予算)で選んでいる人が、ほとんどやと思います。

「合計の保険料が高くなるから車両保険は安いほうにしよう」

「等級(割引率)も高くて、合計の保険料も安いから一般条件で!」

って感じですよね。

たぶん、それが一般的で1つの正解の考え方やと思います。

正直、おっさんも車両保険に入っていますが保険料重視の考えたです。

ただ、それが全ての人に合った自動車保険(内容)の選び方っていうのは微妙で、やっぱりいろいろな考え方の選び方があると思います。

最後に何が言いたかったっていうと、

車両保険の選び方は簡単そうで難しい!プロ(車屋)に相談するのが一番!

ってとこです(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com