自動車保険の配偶者には内縁関係(事実婚)も入るけど、どんな定義?

加入・契約・種類

定義はあるけど、けっこうあいまい…

自動車保険は、その車を運転する人の条件によって保険料が変わってきます。

大きく保険料が変わってくるのは「年齢条件」で、「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」など、若い人が乗るほど高くなるってやつです。

その他に運転者の範囲を限定する、

  • 「家族限定割引」
  • 「本人・(配偶者)限定割引」

っていう保険料が安くなる特約があります。

保険の加入や更新の時に必ず確認してその車の使用状況に応じて決めていく項目ですね。

その中で「本人・(配偶者)限定割引」の配偶者って簡単に言えば結婚(婚姻)している相手(夫・妻)です。

それと「内縁関係」も条件に当てはまれば配偶者に入ります。

ただこの「内縁関係」の定義って保険会社ごとに定められていて、それを確認する方法や証明なども一般的な法律家(行政書士など)が考えるものとは少し違います。

これがまた、あいまいな定義や確認方法なんですよね!

そこで、保険代理店をしているおっさんが、実際に今まで「内縁関係」で対応してきて思ったことや考え方を説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険でいう「内縁関係」とは

保険会社によって定義(説明)の書き方は違いますが、

  • 婚姻の届出はしていないが、事実上婚姻関係と同様にある者
  • 婚姻の届出をしていないために法律上の夫婦と認められないものの事実上婚姻関係と同様の事情にある方
  • 戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある者

って感じが多いです。

要件(条件)としては婚姻届けはしていないが、

  • 婚姻意思を共有している(同性の場合は夫婦同様の関係を将来にわたり継続する意思)
  • 同居で夫婦同様の共同生活をしている

のいずれもを満た場合っていうのが基本になります。

ようは「結婚していないが実際は夫婦の関係」ってところです。

もっと簡単に言うと「事実婚」「同性のパートナー」です。

運転者の範囲の内縁関係の定義(考え方)については、とくに難しいこともなくどこの保険会社でも一般的に思われているイメージと同じやと思います。

ただ、保険会社内のマニュアル(代理店や窓口がが見るもの)には、これぐらいの事しか書いていないので、個々の状況によっての判断が大きいと思います。

それに「内縁関係」の状況など具体的な例などの説明も無いので、その定義(解釈)はすごくあいまいにしているところがありますね(^^;)

婚約者は配偶者には含まれません。(同棲していてもNG)

確認方法や必要書類

一般的に行政(役所)や企業(仕事先)に生命保険会社(保険金受取人)に内縁関係を証明出来る書類などであれば、その確認(提出)で問題ないです。

普通に、内縁関係=配偶者って認められます。

ただ自動車保険では、そこまでちゃんとした証明は必要ないことが多いですね。

この辺りは保険会社によってかなり違ってきますので、一般的に必要な書類って感じではなく、加入する保険会社に確認する必要です。

おっさんの所属している保険会社の確認方法・提出(取付)書類は、

  • 住民票 (「配偶者(届出なし)」や「未届の妻」など表記の確認 提出不要)
  • 健康保険証 (被扶養者の確認 提出不要)
  • パートナー関係に関する自認書兼同意書 (同性の場合、提出)

などが基本になります。その他にも、

  • 住結婚式を挙げていれば、その証明や明細書など
  • 同居の確認できる公共料金の領収書や同住所宛の郵送物の送り状の控え

などで、同居していることが証明出来ればOKな場合も多いです。

証明出来ない場合は?

内縁の妻(夫)って聞くと、

「ま~、人それぞれ、いろんな事情や考え方があるんやろ~なぁ」

って、なんとなくおっさんは思ってしまいます。たぶん、みなさんもそうじゃないんかなぁって思います。

なので、マニュアル(定義や解釈)などを読んだりした時に

「世間って、内縁って分かるような証明を出せる人のほうが少ないんじゃないの?」

って疑問に思ったりします。

実際、おっさんのお客様で内縁関係にある夫婦の人もいますが、

「書類的に結婚出来たらしてるよ、出来へんから内縁(事実婚)やねん」

というような感じのケースもあります。

実際に、証明を簡単に出せる人って少ないと思います。

ただ、相続や生命保険の受取り人など法律的な事案の場合は証明が無いとダメかもしれませんが、自動車保険の場合はOKなこともあります。

そんな場合、代理店などの契約の窓口では判断が出来ないので所属支社やその上の支店などに相談(確認や承諾)することになります。

保険会社の契約時など営業側の判断は「公的書類などの確認」よりも「実際の状況(実態)」を優先する傾向にあります。

なので、確認書類が少なくても(中途半端でも)、契約者(お客様)の申告(実態)を優先して内縁関係を承諾する場合もあります。

この辺りは保険会社によってと言うよりも、窓口やその所属している支社(支店)の決定権のあるエライさんの判断ですね(^^;)

あくまでも契約者の責任

ココ、けっこう重要なポイントです!

加入時(更新時)に保険会社に内縁の状況を説明して配偶者と認められるってOKをもらったとしても正直、絶対OKってわけでもないです。

そもそも、OKをもらったとしても証券に内縁関係(相手の名前)や状況などが記載れれるわけでもなく、他の書類(明細書など)にされるってこともないです。

ただ、その保険会社の内縁の定義に当てはまるかどうかの確認をするだけです。

なので「申請して承諾してもらったから間違いない」っていうものではないです。

保険会社(窓口の人)は、自分の会社の定義をしっかり説明して最後はお客様に判断してもらうっていうのが実際のところですね。

これは、保険契約全体でも基本で申込書の記載(項目)や保障内容・割引項目は、最終的にお客様に確認してもらって署名してもらうって流れになっています。

もちろん、署名することによって「ちゃんと説明を受けて重要事項説明書も読んで納得(理解)しました」ってことになります。

事故の時「配偶者の範囲」でトラブルになったとしても事故を担当する「損害部」は保険会社の定義に従っての判断します。

なので、契約時(更新時)の窓口の話(確認した内容)などは、二の次ですね。

しかも、事故の時にはその都度、その時の内縁関係の書類などを確認提出しないといけないことがほとんどです。

保険会社の考え方としては、保険を使う時(事故の時)に保険会社の定義に当てはまっているかどうかが重要ってところです。

実際のところ、運転者限定を付けても大丈夫?

ここからは、おっさんの勝手な考え方になります。

正直、おっさんはおすすめしていないです。どっちかと言うと「内縁関係であれば限定は付けないほうがいい」って考えです。

保険商品を販売する者(保険募集人)は

「保険内容をしっかり説明して割引が出来る項目に当てはまれば適用する」

っていうのが原則です。必要以上の保障内容で保険料の過剰払いを避けるってやつです。

ただ、配偶者の範囲「内縁関係」に関しては、個々のお客様の内縁関係のケース(状況)が違いすぎて、あいまいな定義では判断出来ないと思っています。

それとおっさんは過去に内縁関係の夫婦のお客様に「運転者限定」を付けて、内縁の方が大事故(加害者)を起こした時、保険会社(損害部)から

「ちょっと配偶者とは認められないですね。保障外になるかも…」

って言われ、すごい騒ぎになったことがあります。

もちろん、契約時には自分(代理店)の判断ではなく支社などに問い合わせ確認してもらってOKをもらっていました。

結局、いろいろな書類を提出したり、損害部とケンカしたりして保険金は出るようになりましたけど(-o-;)

でもお客様には、けっこう迷惑をかけてしまいました…

っていうことがあって、おっさんはおすすめしない事を心に決めました。

正直、限定を付ければ保険料は少し安くなりますが、事故が起きた時のリスクを考えると、こんなあいまいな定義ではおすすめ出来たものではないですね。

まとめ

年々、「事実婚」や「同性パートナー」の事も取り組んでいこうって流れになってきていますが損害保険業界では、まだまだって感じです。

「行政や企業など内縁関係(同性パートナー)に対して取り組んでいるから、とりあえず保険会社もその流れに乗っていこう」

っていうのが、保険会社(定義を作るエライ人)の今の考え方やと思います。

だから、自動車保険の配偶者の定義もちゃんとしているようであいまいなんですよね。

最後に、ちゃんとした証明が出来る内縁関係であれば、まず限定(割引)を付けても問題ないです。

ただ、「他(行政や企業)では認められないけど自動車保険ではOKみたい」って感じの内縁関係の状況であれば、限定を付けないほうが良いと思います。

やっぱり最終的にはお客様の判断(状況や考え方)になりますが、現場の窓口のおっさんの考え方はこんな感じですね(^^;)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com