自動車保険の「同居の親族」の範囲って、どこまでを言うの?

加入・契約・種類

「同居の親族」の範囲はちゃんと定義されている!

自動車保険を契約(更新)する時に、

  • 「運転者家族限定割引」
  • 「運転者年齢条件」

などや、いろいろな特約の被保険者の範囲(補償の対象となる人)に「同居の親族」という言葉がよく出てきますね。

おっさんも保険代理店をしているので、お客様に保険の内容を説明する時にはよく「同居の親族」という言葉を使いますね。

しかし、「同居の親族」の説明をしても内容がややこしいので、実際にはちゃんと理解しているお客様は少ないと思います。

おっさんのお客様に関わらず世間のほとんどの人は、そのままの言葉の意味で「一緒に住んでる家族でしょ」って思っていると思います。

たしかに一般的に多い家族構成や家屋であれば、とくにちゃんと「同居の親族」の範囲を分かっていなくてもあまり問題ないことが多いと思います。

ただ、二世帯住宅や親戚との同居、敷地内に家屋が多数ある場合などは要注意ですね。

「同居の親族」の範囲はちゃんと定義されていますので、その範囲を外れてしまうと保障の対象外になってしまいます。

そこで、ちょこっと説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「同居の親族」の定義(解釈)って共通?

「同居」については、ほとんどの保険会社で同じような内容になっていますね。

ただ、全ての保険会社で統一されているってことじゃないので、保険料がかなり安いダイレクト保険などは、独自の定義にしているかもしれません。

そういった保険会社で加入している場合は、ちょっと確認が必要ですね。

「親族」の範囲については、保険だけの用語ではなく法律(民法)で定義されています。

なので、保険会社独自の定義ってわけでもないので、内容的には分かり易いと思います。

やっぱり、「同居」の範囲については、保険会社(業界)での解釈になるので個人で判断するのは少しややこしいですね。

同居の解釈

「同居」とは、同一家屋に居住している状態

  • 生計の同一性や扶養関係等の有無または、住民票記載の有無は問わない。
  • 生活の拠点(実際に住んでいる家)の確認方法は、公共料金やクレジットカード、携帯料金の請求書が送付先や生活用動産(家具や衣服等)の所在によって判断。
  • 同一家屋とは、建物の主要構造のうち、外壁、柱、屋根、小屋組、はりのいずれも独立して具備したものを1単位の同一家屋とする。

って、ほとんどの保険会社はこのような解釈(定義)になっています。

ただ、これだけでは判断が難しいので具体的なケースも説明されています。


一般的に同居と判断されるケース

  • 台所等の生活用設備を有さない「はなれ」、独立した建物である「勉強部屋」等に居住している場合
  • 短期間の出稼ぎなどで一時的に別居の状態
  • 二世帯住宅で玄関を共有しており、寝室を除く生活用設備を共有している場合

一般的に別居と判断されるケース

  • マンション等の集合住宅で各個室の区分が明確な場合
  • 同一敷地内であるが、別家屋の住居の場合(生計の同一性は問わない)
  • 単身赴任・就学のために下宿している子
  • 二世帯住宅で生活用設備を共有していない場合

上記のような一般的なケースを判断材料にして「同居」の判断をします。

しかし、保険会社ごとの少し内容が違う場合もあるので、保険会社に具体的な状況を説明して「同居」になるのかを確認する必要があります。

とくに住民票記載とは違う生活の拠点(実際に住んでいる家)の確認方法(保険会社への証明)は、難しいので要注意です!

「親族」の定義

親族とは「6親等内の血族」、「配偶者」および「3親等内の姻族」をいいます。

「親族」の定義は、説明分のそのままですね。

具体的に説明すると、

■ 血族は本人を基点として算定

  • 1親等の血族 「父母・子」
  • 2親等の血族 「祖父母・孫・兄弟姉妹」
  • 3親等の血族 「曾祖父母・ひ孫」 等

■ 姻族は配偶者を基点として算定

  • 1親等の姻族 「舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)」
  • 2親等の姻族 「配偶者の兄弟姉妹」
  • 3親等の血族 「曾祖父母・ひ孫」等

といった感じです。一般的な考え方の親族であればこの範囲内って感じですね。

配偶者の範囲

単純に配偶者は「結婚(婚姻)している相手」って簡単ですが、保険での保障範囲は、けっこうややこしいですね。

保険では、婚姻の届出をしていない事実上婚姻関係(内縁関係)も配偶者に含まれます。

ただ、保険会社ごとに条件があり、多くの保険会社が、

■ 範囲

  • 婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者
  • 戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある者

■ 要件

  • 両者が婚姻意思を有すること
  • 同居により夫婦同様の共同生活を送っていること

っていうのが基準(条件)になっています。

ただし、婚約者は配偶者には含まれません。(同棲していてもNG)

それと、家族限定などの特約を付ける契約時(更新時)や事故が起きた場合に事実確認の資料(証明)などが必要に場合が多いです。

この辺りの対応(確認作業)は保険会社や事故の内容によって、かなり違いますね。

保険会社によって定義の内容や内縁関係の考え方が少し違ってきますので、加入する(している)保険会社の確認が必要になってきます。

おっさんの経験では、事実上婚姻関係(内縁関係)を配偶者とみなして保険契約する場合は、保険会社にしつこいほど確認したほうがいいと思います。

保険会社は、契約の時にはマニュアルの条件に合致していれば、簡単に「大丈夫ですよ。配偶者とみなされます。」などの返事が返ってきます。

しかし、実際には事故を起こした時などにトラブルになるケースが多いです。

ちなみに「内縁関係」については ↓↓↓

自動車保険の配偶者には内縁関係(事実婚)も入るけど、どんな定義?
定義はあるけど、けっこうあいまい... 自動車保険は、その車を運転する人の条件によって保険料が変わってきます。 大きく保険料が変わっ...

まとめ

自動車保険では、保障の対象者(被保険者)を決める「同居の親族」は重要なところなので定義(解釈)があります。

ただ実際には、判断する時は、あいまいなところが多いですね。

保険加入・更新の窓口(代理店など)では、マニュアルでの判断になることがほとんどなので、上記で説明した内容を満たしていれば基本的には「同居の親族」になります。

しかし、人によっていろいろなケースの同居があるので、マニュアルだけでの判断が出来ない場合があります。

その場合は、保険会社の担当(支社)がいろいろ調べて個々の判断(解釈)になることが多いですね。

仮に、その判断が間違っていても保険会社として一度OKをしているので、保障が適用されないことはないと思います。

なので、自分が住んでいる家の状況で「同居の親族」について不安を感じることがあれば、個人で調べたりして判断せずに必ず保険会社に確認するべきですね。

もちろん、保険契約中に同居の状況が変わったのであれば、そのたびに保険会社に連絡して「保障の対象者」を確認する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com