弁護士費用特約は自動車保険で必要!付けているだけで交渉が有利!

加入・契約・種類

自動車保険には意外と知らない落とし穴がある!

自動車保険には、「示談交渉サービス」が自動付帯されています。

これは事故を起こしてしまった時に、お客様(保険契約者など)に代わり相手側との話し合いや示談交渉などをしてくるというものです。

自動車保険では、保険会社が事故後の相手側との交渉など対応を全てしてくれるのが当たり前になってますよね。

これは、保険の使用率(事故率)が他の保険比べて圧倒的に高く相手がいる場合が多い自動車保険特有のサービスとも言えます。

もちろん、他の保険(賠償責任)などにも「示談交渉サービス」は付いているものはありますが「金額面だけの交渉」など、自動車保険の対応とは全く違いますね。

しかし、自動車事故でこちらが被害者(100%相手が悪い)の場合、こちらの保険会社が相手側と示談交渉など介入することが出来ません。

なぜ、自分の加入している保険会社が介入出来ないかというと自動車保険(対人・対物賠償保険)は相手側への賠償のための保険になります。

なので、こちらに過失がないと保険会社は相手側との示談交渉などは一切できません。

そうなると、相手(加害者)又は相手側の保険会社と話を被害者自身で話をしなくてはいけなくなってきます。

スムーズに話が進めば問題はないのですが、年々交渉などが上手くいかないことが多くなり、示談がすすまないケースが多くなりました。

そこで役にたつのが「弁護士費用特約」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

弁護士費用特約って、どんなもの?

簡単に言うと、事故後の相手側(加害者 過失100%)との交渉時に、

  • 相手側(保険会社)と交渉していても相手のペースになり上手くいかない
  • 個人(素人)だと思って、相手の保険会社がこちらの要望に答えてくれない
  • 相手が自動車保険に入っていなくて、話が進まない・支払をしない(逃げる)

など、個人ではどうしようもなくなった時に、弁護士・司法書士・行政書士などに相談・依頼(訴訟や仲裁・和解)する費用(報酬)を支払うという特約です。

場合によっては、

こちら側も過失があり相手側との過失割合(どちらがどれくらい悪いか)で双方が納得いかず示談交渉が進まない

などのケースにも使える場合もあります。

かかった費用の支払上限は保険会社で若干異なりますが、ほとんどは300万円です。

この特約の保険料は、だいたい年間で1,500円~2,500円程度でお手軽な価格設定です。

ただ年々、事故の時にこの特約を使う人が増えてきているので、毎年少しずつですが保険料も上がってきています。

必ず入っていたほうがいい理由とは

この特約に関しては、保険の窓口になる代理店などによりおすすめ重要度が違いますね。

そもそも、ユーザー(契約者)からすれば

「自動車事故で弁護士に相談・依頼しなくてはいけないほどのトラブルになるのか?、保険会社が上手くやってくれないのか?」

って思ってしまいますよね。

ただ、事故後の対応などで保険会社と話をすることが多い車屋の代理店のほとんどは、お客様に必ず入っていたほうがいいとおすすめしています。

おっさんも必ずおすすめしています。

その理由として

この特約を使う必要がある事例が急激に多くなってきている

一昔前までは、事故後の保険会社の対応は、どこでも一緒という考え方でした。

事故後に関わる保険会社・車屋(修理屋)の、事故後の交渉などで考え方の違いや損害額(車の修理代・人身事故の保障)の見方でトラブルになることは少なかったです。

しかし、保険会社も多くなり保険会社独自の販売方針・事故後の対応が違うようになり、双方の賠償額(保険金)や考え方などが大きくズレることが多くなりました。

なので、「保険会社同士」「個人(車屋)と保険会社」の交渉が困難になり示談が出来ないケースが増えてきています。

それともう1つ、保険に加入していない人が増えてきています。

自動車保険は、強制ではありませんがほとんどの人が加入していると思います。

しかし、景気が悪い・保険料の値上げ・保険会社に断られるなどの理由から自動車保険に加入していない人が増えました。

その場合、相手側本人(加害者 個人)との話し合いになりますのでほとんどのケースが金銭面のトラブルに発展してきます。

上記の理由などから、個人での交渉には限度が出てきて弁護士費に交渉を依頼するケースが急激に増えてきました。

ちなみに弁護士費用特約を使って弁護士に依頼する場合は ↓↓↓

交通(自動車)事故で弁護士に依頼する場合の失敗しない弁護士選び!
年々、交通事故で相手側の保険会社との交渉が上手くいかずモメる(トラブルになる)ケースが増えてきたと思います。 やっぱり、「過失割合」と「保...

保険会社から「裁判」という言葉をちらかせてくる時に有利!

相手の保険会社(加害者側)との交渉の中で、話がまとまらない場合などに、

「裁判していただいても結構です、こちらの意見は変わりません」

などと強気な態度をとってくる担当者がいます。

「裁判」と言う言葉を出せば、相手が弱気になり交渉が有利になると思っています。

実際に「裁判になると費用がかかる」「手間と時間がかかる」などと思う人がほとんどなので、保険会社からすれば効果的な言葉です。

その時に弁護士費用特約を付けていれば、

「そうですか。じゃ~裁判しましょう!」

と簡単に言い返せますね。

もちろん、裁判を本当にする気ではなく、売り言葉に買い言葉って感じです。

それに、保険会社も実際のところ裁判をしたいわけではないので、こちらが、

「弁護士費用特約があるので裁判でも何でも納得できるまでする!」

という態度を見せれば逆に弱気になり、こちらが有利になることがあります。

なので、事故での示談交渉時の強いお守りとしての役割もあります。

まとめ

上記で説明したように車屋の代理店からすれば、この特約は、

「必ずはいっていたほうが良い特約の1つ」ですね。

実際に弁護士に依頼して裁判まで発展するケースも少し増えてきていますが、多くは交渉で示談出来るケースがほとんどです。

なので、この特約の考え方は「裁判したら費用がかかるから…」て感じの考え方ではなく「交渉がモメた時に役に立つ!」っていう考え方が正解ですね。

それに、使わなくても相手側(保険会社)との交渉時にとっても役に立つ特約です。

保険料も特約の中では安いほうになりますので、入りやすい特約とも言えます。

おっさんからすれば、特約などせず基本セットの中に入れたら(自動付帯したら)いいのになぁ~って思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com