交通(自動車)事故で弁護士に依頼する場合の失敗しない弁護士選び!

事故対応・保険修理

弁護士によって保険金がかなり変わる?

年々、交通事故で相手側の保険会社との交渉が上手くいかずモメる(トラブルになる)ケースが増えてきたと思います。

やっぱり、「過失割合」と「保険金(賠償額)」で相手側と意見が異なり交渉が前に進まないってケースが多いですね。

なので、自分や自分の保険会社では上手く交渉が進まない場合、弁護士などに交渉(示談)を依頼する人も増えてきました。

自分(こちら側)の自動車保険の弁護士費用特約に加入している人が多くなり、簡単に弁護士に依頼できるようになりましたもんね。

ただ、弁護士を自分で探して依頼する人は少なく、自分の保険会社に弁護士を紹介してもらうことが多いです。

知り合いに弁護士がいたり、いつも頼んでいる弁護士がいるって人は少ないですもんね。

しかし、弁護士次第で、交渉の内容や保険金(賠償額)が大きく変わってきます。

なので、弁護士選び(探し)は、かなり重要なポイントです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険会社に紹介してもらうのは、ちょっと待った!

弁護士費用特約を使って弁護士を依頼する場合、まず自分の保険会社に連絡して特約を使う手続きをします。

その場合、ほとんどの保険会社は、

「知り合いなどに弁護士がいなければ、こちらの提携している弁護士事務所に依頼させていただきますが。」

って感じになると思います。

依頼の手続きなども保険会社がしてくれて簡単で楽なので、そのまま保険会社に任せる人は多いですね。

・・・っしかし、ちょっと待った!

保険会社の紹介だからといって、紹介された全ての弁護士が同じように交通事故の交渉を上手くするわけではないです。

「自分の交渉の考え方や希望を前もって直接、その弁護士に相談せずに決めてしまうのってどうなの?」

って、おっさんは思ってしまいます。

なぜなら、おっさんは車屋で保険代理店なので、お客様や車屋から保険会社が紹介する弁護士ってイマイチって話をたまに聞いたりするからです。

その「イマイチ」って理由は大きく2つあって、

仕事が遅い?やる気がない?

保険会社が紹介する弁護士ってイマイチって話の中で、理由としては「1つ1つの仕事が遅い」「やる気がないように見える」って聞くことが多いですね。

他の仕事の合間合間にやっている感じで、本気で相手側と交渉していないような感じ、流れ作業の1つで仕事をされてるっていう意見が多いです。

理由としては、実際のところは分からないですが、提携している保険会社と決めいている報酬額(費用)がかなり安いからかもしれないです。

そりゃ~、保険会社からすれば、少しでも保険金を安くしたいですもんね。

全ての仕事でそうかもしれませんが、「仕事の数を出す(依頼する)から安くして!」って感じなんでしょうね。

とくに仕事が少ない(できない)弁護士に安く提携(依頼)しているのであれば、「イマイチ」って言うのも何となく分かりますよね。

依頼者は本人?保険会社?

保険会社の紹介であっても依頼者は本人(ユーザー)なので、その本人の意見や希望などを弁護士はちゃんと聞いて交渉しないといけないのが本来ですね。

ただ、その辺りも中途半端でイマイチっていう話もよく聞きます。

やたら、保険請求の過去の事例や事故裁判の判例などばかり本人に説明して、

「いったい、誰の味方なん?保険会社の窓口の人みたい」

って感じる人が多いみたいです。

たしかにそう言われると、保険会社から紹介されているってことは、他の保険会社とも提携しているかもしれないですね。

交渉する相手も提携している(仕事をもらっている)保険会社なら、無茶な交渉や一方的な要求は出来ないですよね。

弁護士からしても、書類上の依頼者はユーザーですが、実際には仕事をもらっているのは保険会社なので保険会社間の暗黙のルールの範囲で交渉するでしょうし。

弁護士はネットで探すのが一番!

それじゃ~、保険会社に頼まず自分で弁護士を探すにはどうしたらいいかと言うと、

「ネットなどで探して依頼するのが楽で簡単で確実!」

ですね。ま~正解やと思います。

自動車保険の「弁護士費用特約」で交渉を弁護士に依頼する人が多くなったので、弁護士事務所も交通事故の依頼に力を入れるようになりました。

交通事故専門のHP(サイト)を作っているところなどは、やる気満々やと思います。

たぶん、報酬が保険会社に請求なので儲かるんでしょうね(^^;)

もちろん、本人(ユーザー)からの依頼なので、本人の希望などもちゃんと聞いてくれて有利に交渉を進めるように努力もしてくれます。

それに、HPなどで宣伝している弁護士事務所は保険会社と提携などはしてなく基本は「個人からの依頼」などがメインなところがほとんどです。

なので、保険業界の暗黙のルールみたいなのはものに左右されず「依頼の内容によっては保険会社は敵」って考えで動いてくれると思います。

実際にそのような話が多い!

車屋で保険代理店をしていると、実際に交通事故で交渉を弁護士に依頼したお客様の話をリアルに聞いたりします。

やっぱり、保険会社に頼まず自分でネットなどで探して依頼した人のほうが、かなり有利に示談しているって感じますね。

「なかなか、鬼のような交渉してたわ、さすが弁護士やなぁ」

「はじめの保険会社が提示する保険金よりは、かなり高い額で示談できたわ」

って感じの話が多いです。

とくに、人身事故の慰謝料や休業損害などは、弁護士に依頼すると保険会社の提示する額よりも大幅に上がることが多いですね。

やっぱり、「直接、本人から相談を受けて結果、依頼されている」「保険会社から作業的に依頼されている」では、かなり差が出るんでしょうね

ちなみに、どんな弁護士事務所のサイトがいいの?っていうと、



って感じの宣伝サイトをしているところやと思います。

「任せて下さい!やる気満々です!」って感じですよね。

その他にも交通事故に特化した弁護士事務所のサイトが多くあるので、ちょっと調べてみてはどうでしょうか?

それに実際に自分で依頼するのであれば、とりあえず何軒かに相談して「一番自分に合うなぁ」って事務所を選ぶのが一番ですね。

まとめ

たぶん、直接本人が弁護士に直接依頼するほうが、弁護士の「その案件に対してのやる気と責任感」がかなり変わってくるんでしょうね。

保険会社が紹介する弁護士が全てダメってことは、もちろんないですけど。

ただ、おっさんの経験からすると「ほとんど」って言っていいほど、自分で依頼した弁護士のほうが良い仕事をしてくれていると思ってます。

やっぱり、弁護士の腕(技量)ではなく、受け取る報酬の違いなんでしょうね。

本人からすれば、弁護士特約を使い費用(実費)はかからないので、同じであれば自分の希望に沿った有利な交渉をしてくれる弁護士を選びたいと思います。

なので、弁護士に依頼する場合は、保険会社に任さず自分や知り合い・車屋の紹介などで弁護士探しをするのをおすすめします!

ちなみに!

慰謝料などかなり高額な賠償額になった場合、弁護士に賠償額で計算した成果報酬を支払います。

報酬額(弁護士費用)が弁護士費用特約の上限額を超えた場合は、もちろん本人負担になります。

しかし、実費で成果報酬を支払っても弁護士に依頼して良かったって思えるぐらいの賠償額の交渉をしてくれることが多いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事故対応・保険修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com