自動車保険で車を修理した時って普通より修理代が高くなるのは何故?

事故対応・保険修理

保険修理と通常(自腹)での修理の違い

自動車保険を使った時、保険金の支払いが完了(確定)した時に保険会社からお客様(契約者)に「保険金支払い明細」などが送られてきますね。

「今回の事故で保険金をこれだけ支払いました」ってやつですね。

ただ、車を修理代の場合、通常(自腹の時)にイメージする修理代と全く違うのにビックリするお客様って多いですね。

「そんなに修理代かかるの?保険金やからってボッタクリやなぁ~」

って、感じる人も多いと思います。

おっさんもお客様に、保険を使う時の修理代の事をよく聞かれたりしますが、

「逆ですよ~、保険修理の時が普通の価格で、通常(自腹)修理の時は安くしてるんですよ。お得意様価格ですからね~」

って返してます(^^;)

たしかに、町の車屋や修理屋など(新車ディーラーなどは別)は、保険修理と自腹修理の修理代が大幅に違うことがあります。

それでは、何故そんなに通常(自腹)の修理代と差が出るのか、保険修理が高くなってしまうのかを少し説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険修理は「元通りに直す・ちゃんと直す」が原則!

通常(自腹)の修理の場合は、

「車の使用状況」「年式」「走行距離」「車の程度」「お客様の予算」

などを考慮して、お客様と修理内容(修理代)を相談して修理します。

  • 「小さな傷は気にならないので損傷の酷い部分だけ直してほしい」
  • 「見た目だけ直っていればいいいので、とりあえず修理代を安くしてほしい」
  • 「年式が古いので交換部品は中古部品使っても構わない」

など、お客様の希望する修理方法はいろいろです。

しかし、保険修理の場合は、損害部分を全て直す(元通りにする)のが基本です。

とくに自動車事故で相手側に損害請求する場合は、ちゃんと修理しなくてはいけません。

被害者になったお客様で「相手側の保険会社に請求やけど、簡単に直してくれていいよ」なんて言うお客様は1人もいませんからね(^^;)

自腹修理と違い保険修理の場合、キレイに修復するために必要に応じて外装部品や付属部品などを細かく取り外してから行うことが多いです。

それに外から見えない部分(エンジンルーム内など)の損傷もしっかり修理し、交換部品も新品を使うのが基本中の基本です。

なので、保険修理と通常(自腹)修理では、基本的な直し方の考え方自体が違いますね。

もちろん作業内容・作業時間・部品代などが大きく変わるので車屋(修理屋)側からすれば、修理代が高くなって当然って感じです。

保険修理は手間と時間がかかる

保険修理の場合は、通常(自腹)の修理と違い保険会社とのやりとりが必要になります。

車の入庫時の連絡・アジャスターとの打ち合わせや見積書の作成、修理代の交渉・協定など保険修理には手間と時間がかかります。

それに保険会社との話がスムーズに進めば良いですが、事故の内容や修理内容によって保険会社との交渉が長引くことも多いですね。

3~4日で修理が出来る車でも何週間もかかってしまうこともあります。

さらに修理代の支払いは、修理代の協定後(遅い場合には、事故全体の示談後)になり保険会社(事故の相手側)の都合で振り込まれます。

なので、車屋(修理屋)からすれば、直接お客様からの依頼で修理をするよりも手間と時間がかかる保険会社にわざわざ安くする必要もないという考えが普通になっています。

だからと言って、保険会社に高い請求をしているわけでもないですし、もちろん保険会社に高い請求が認められるわけもありません。

普通に認められる実際にかかった修理代(工賃)を請求しているだけですね。安くはしてないですけど…

それに保険会社はお客様でもお得意様でもありませんしね。

そもそも損害に対しての保険会社に請求する場合、「安く修理する」「値引きをする」といった考えなんてありませんもんね。

そもそも、工賃設定が違う!

自動車の修理の場合は、個々の修理箇所ごとに作業時間がだいたい決まっていて、これを「指数」と言います。

保険修理の場合は、保険会社も修理屋も同じような修理見積ソフトを使っていて、実際に作業にかかった時間ではなくこの「指数」によって作業時間が決まります。

それに店(地域や店の規模で相場)で決めているレバレート(時間あたりの作業工賃)をかけて工賃が決まります。

レバレートは、その店の考え方や地域の相場によって違っていて町の修理屋であれば、6,500円~7,500円って感じですね。

ディーラーなどは、8000円ぐらいが多く外車専門店であれば、もっと高いです。

高級車を扱っている店や設備(店構え)にお金(経費)をかけている店ほどレバレート(工賃設定)が高いって感じですね。

例えば、フェンダーの凹み修理の場合

  • 部品脱着 指数0.6(作業時間0.6時間)×レバレート(¥6,500 )= ¥3,900-
  • 鈑金修理 指数0.8(作業時間0.8時間)×レバレート(¥6,500 )= ¥5,200-

このような計算方法で、各損傷部分ごとに計算され部品代や塗装代・その他費用も含めて合計修理代がでます。

なので、保険修理の場合の修理代の設定方法は、どの車屋(修理屋)でも同じような感じになります。

しかし、事故修理での通常(自腹)修理の場合は、この計算方法だとお客様にとって非常に高くなる場合があります。

町の車屋(修理屋)などは、商売という考え方もあってお客様に納得してもらえるように(自社で修理してもらえるように)独自の計算方法で安く見積りを出しています。

こうのような工賃の設定方法の違いが修理代が大きく変わる理由の1つです。

まとめ

上記の理由1つ1つから修理代の差が出てきますね。

車屋(修理屋)からすれば、保険修理の修理代が本来の普通の修理代で、通常(自腹)の修理代を安くしているという考えが正しいと思います。

お客様からすれば「そんなん言うても、保険修理は儲かるんやろ」って思われますが、正直言うと保険修理は安くしないでいいという意味では儲かります。

ただ、町の車屋は保険修理ばっかりあるわけではないので、

「日ごろ安く鈑金修理を請けているので、たまにある保険修理ぐらいは定価計算で請求してもいいんじゃないの」

っていう気持ちがやっぱりありますね。

おっさんからすれば、保険修理も通常の修理もほぼ同じ内容で見積り計算をする新車ディーラーなどは修理代がほとんど変わらないことが多いので羨ましいです。

ただ、それは新車ディーラーのブランド力と顧客の多さ・価格(修理代)の信用性があって出来ることなので、比べてたらダメですけど(^^;)

ま~、おっさんみたいな町の小さな車屋は、「安く」「うまく」「丁寧に」を心掛けないとお客様来てくれませんね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事故対応・保険修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com