自動車保険の無料のロードサービスは2次搬送って無料で出来るの?

事故対応・保険修理

事故や故障で車が自走出来ない(自力走行不能の)場合、役に立つのが自動車保険のロードーサービスですね。

通常は事故現場から車屋(修理屋など)に直接、車を運ぶのが一般的です。

しかし、深夜や休日などで修理工場に連絡が取れない場合や、修理先が分からない(決まっていない)場合などの時は、

「とりあえず、仕方がないので自宅の駐車場に運んで」

ってなる人と多いです。

ただ後日、車屋に連絡が取れて(修理先が決まって)もう一度、保険のロードーサービスで車屋まで運んでもおうと保険会社に連絡すると、

「2次搬送(1事故で2回目の搬送)の費用はお客様負担になります」

などの返事が返ってきて、

「車は動かないのにどうしよう。普通にレッカー頼んだら、けっこうお金かかるやん」

ってなることが多いですね。

このようなロードサービスのルールは、どこの保険会社でも似たような感じです。

ただ、ロードサービスを依頼した時の状況や保険会社ごとのロードサービスの特例処置によって対応が変わってきます。

なので、保険会社への説明の仕方で2次搬送(駐車場から修理工場)も無料の範囲で使えることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほとんどの保険会社は基本、2次搬送はお客様負担

保険会社ごとにロードサービスの内容はいろいろですが、2次搬送に関しては、ほとんどの保険会社で同じようなルールになっています。

2次搬送に関しての説明やパンフレットの記載(注意書き)は、

レッカー牽引の提供範囲は、自力走行不能となった現場から搬送する1回目のみとなります。一度修理工場・自宅・近隣駐車場などに搬送した後の二次搬送費用はお客様のご負担となります。

と、いうような内容(規定)が多いですね。

保険付帯のロードサービス自体の内容や考え方は、

  • 事故や故障などのトラブルが起きた時の現場での応急処置
  • 自力走行不能の場合は事故現場から車屋(修理工場)まで搬送

が基本になっています。

なので、1度搬送した後の修理の段取りの為の搬送は「通常の車の搬送」という考え方になってしまいます。

しかし、

「車屋への搬送がすぐに(直接)出来ない為、一時的保管として自宅駐車場などへの搬送」

などの、やむを得ない理由があれば、2次搬送も「1回の事故での搬送の1つとして無料範囲内」でOKという保険会社も多いです。

深夜などのレッカー搬送って普通に多くない?

たぶん、ここまで読んでもらって、

「深夜などすぐに(直接)、車屋に運べない状況って普通にあるのに変なルールやなぁ」

って思った人も多いでしょうね。

深夜や定休日、大型連休などで車屋が営業時間外ってことは普通にありますもんね。

ただ、その場合はレッカー屋が一時的に車を持ち帰り保管して翌日(車屋の営業時間内)に、本人が指定した車屋に搬送するのが一般的です。

レッカー屋が一時的に車を保管するのは「事故現場から車屋までの1回の搬送」の中に1つの作業(段取り)って解釈です。

修理先が分からない(決まっていない)場合は、保険会社が紹介する(提携している)修理屋(ディーラーなど)に搬送するパターンが多いです。

もちろん、ユーザー(本人)が承諾しての話ですけど。

どっちにしても、保険会社からすれば、どんな状況でも1回の搬送で出来る方法があるので、2次搬送が無料になるっていうのは「特例」って感じになります。

2次搬送を出来るようにするためのポイント!

とりあえず自宅の車庫に搬送する理由で多いのは、

  • 特定の修理する車屋が決まっていない
  • 損害の度合いで修理するかどうか分からない
  • 自分で判断出来ない(車の所有者が家族や借り物など)
  • どうしたらいいか、何も分からない

ってところやと思います。ただ保険会社からすれば、

「お客様の指示(勝手な都合や段取り)で自宅に運ぶなら、それで現場からの無料の搬送は終わり」

って感じになることがほとんどです。

なので、とりあえず自宅の駐車場などに運んで、また車屋に運ぶって場合は、保険会社にロードサービスを依頼する時に、

「修理する車屋に運んでほしいけど、すぐに(直接)は難しいから、とりあえず自宅駐車場に搬送(一時保管)して後日、また運ぶことが出来るかどうか」

と言うような感じで必ず確認することです。

多くの保険会社は、お客様からの強い要望であれば自宅駐車場などの搬送は一時保管と判断して後日、修理工場(車屋)への2次搬送も認めてくれると思います。

保険会社によっては、「理由は関係なく搬送は1事故で1回のみ」というところもありますので、必ず保険会社への確認が必要です。

保険会社に説明する時のポイントとしては、搬送理由や内容よりも

「自宅駐車場などへの搬送は一時保管で、本当は修理工場への搬送」

ということを第一に伝えることですね。

この辺りのルールはある程度、電話での事故窓口の人の判断でどうにか出来ることが多いので、ちょっとお願いするって感じで話をしたらいいと思います。

たまに現場に来たレッカー屋と相談して自宅への搬送先を決める人もいます。

しかし、現場での作業員の相談・判断は保険会社からすれば全く関係ない事です。

なので、普通はレッカー屋が現場で搬送先についてアドバイスをしたりすることは基本ないです。アドバイスしても、あくまでも個人の意見って感じになります。

ただ、段取りが決まらず早く仕事を終わらせたいといった理由などから安易に自宅駐車場への搬送を勧める作業員もいたりするので要注意です

無料範囲は、1次搬送と2次搬送の合計で計算!

保険会社に2次搬送が認められた場合、注意しないといけないのは、

無料の範囲は、1回ずつの搬送での費用(距離)で計算するのではなく、1事故に対する合計の費用(距離)

と、なることです。

これは、ほとんどの保険会社で同じやと思います。

例えば、無料のレッカー(搬送)範囲が15万円までのロードサービス内容で、

  • 現場から自宅までの搬送費用 60,000円
  • 自宅から修理工場までの搬送費用 50,000円

の費用がそれぞれかかったのであれば、合計で110,000円になりますのでロードサービスの無料の範囲になります。

逆に、1次搬送の時に遠方からの搬送などの理由から150,000円以上の費用がかかってしまうと、1次搬送の費用もお客様負担が出ます。

もちろん、2次搬送も1事故扱いになったとしても無料範囲外になります。

まとめ

本当は直接修理工場に直接、搬送出来れば関係ない話ですね。

ただ、事故や故障はいつ起きるか分からないですし、その時の状況もいろいろです。

なので、本人がその時の状況に合わせて対処するしかないですよね。

とは言っても、深夜などの事故や故障の時は、やっぱりパニクってしまうことが多いので冷静な対処をするほうが難しいと思います。

しかし、お客様が焦っていると分かっていても何も言ってこなければマニュアル(ルール)どおりに話を進めていく不親切な保険会社もあります。

そんな場合は、本人がこのような事を知っていなければ損をすることがあります。

おっさんのお客様でも深夜の事故などで、大破した車をとりあえず自宅に搬送してしまったというケースがあります。

ケガもしていて冷静な判断が出来ないし車も修理不可能なぐらいなので、どうしたらいいのかってパターンです。

こういったケースでは、おっさんが代理店をしている保険会社は、後からの説明(後日、冷静になってからの説明)で2次搬送も認めてくれたりします。

ただやっぱり、保険会社によって2次搬送の対応はかなり変わってくると思います。

あまり、このようなケースって起きる事は少ないですが、ロードサービスの搬送について知っていたほうが損はしないですね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事故対応・保険修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com