事故で修理の場合、自動車保険で高価な社外品パーツ代って降りるの?

事故対応・保険修理

基本は保険金が降ります!

社外品のアルミホイールやエアロパーツに交換している場合や後付けの用品・部品を取り付けている場合など、

「事故をした時、取り付けている社外品って、そのパーツの金額で保険金が降りるのかなぁ?請求できるの?」

って思う人は多いと思います。

おっさんの店でもお客様から聞かれることがありますね。

基本で言うと、破損(潰れた)した部品が純正・社外品に関係なく保険金は降ります。

ただ、「相手から賠償される場合」「車両保険を使う場合」などで、保険会社の対応・保険金の額などは変わってきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の保険会社からの保険金の場合

対物事故で相手の保険会社から修理代(保険金)が支払われる場合は、相手の保険会社に関係なく社外品のパーツの金額で支払われると考えていてOKですね。

もちろん後付けパーツ(フォグやセキュリティーなどの純正にない部品)も同じですね。

賠償保険の基本的な考え方は「原則、現状回復」です。

なので、純正・社外品といったことは関係なく、車を元の状態に戻すといった感じです。

ただ、保険会社によっては、たま~に

「当社では社外品に交換していても純正部品代の計算になります。後付け部品は物によって支払い出来ないです。」

などの、意味の分からないことを言ってくることがあるみたいです。

保険会社と交渉(話し合い)するのが車屋(プロ)であればそんなことは言ってこないですが、個人(本人)が交渉する場合は何も知らないと思って言ってくるみたいです。

その場合は、「何言うてんの?そんなん無理!」って言い返してOKです。

当然の事ですし、保険会社もそれ以上は言ってこないと思いますね。

車両保険を使う場合

相手の賠償とは違い、契約者(本人)との契約になる車両保険は、保険会社によってかなり対応が違ってきます。

保険会社ごとに車両保険の支払いのルール(約款)が違いますので、その範囲の支払い方になってきます。

とくに「代理店型」と「ダイレクト保険」では大きく違う場合があります。

代理店型

東京海上日動や損保ジャパンなどの代理店型の保険会社であれば社外品パーツであっても、さほど気にする必要はないと思いますね。

普通に破損した箇所の部品を元の状態に修理(交換)するって感じです。

ただ、相手への賠償ではないので、保険金の交渉をする時にいろいろ理由をつけて値切ってくることは多いです。

ま~、相手(アジャスター)もそれが仕事なので当然といえば当然ですね。

この辺りは交渉するのが車屋であれば、腕の見せ所って感じですね。

もちろん、構造変更している車や改造申請している型式が「○○○改」になっている車であっても違法改造でなければ同じような考え方です。

でも、検査証の記載が変わっているのであれば保険を使う(請求する)時よりも、契約する時のほうが気を付けないといけないですね。

ダイレクト保険

気を付けないといけないのはダイレクト保険で契約している車両保険です。

リスク細分型の保険会社がほとんどなので、保険会社ごとに車両保険のルール(約款)が細かく決められていることがほとんどです。

社外品パーツに関しては「純正部品以外は補償外」「告知義務(証券記載)が必要」「保険会社の承諾が必要」などいろいろです。

車検OKなローダウンやエアロパーツであってもあらかじめ保険会社に聞いておいたほうがいいですね。

そもそも合法(車検OKや構造変更済)であっても純正でなければ引き受け不可になっている保険会社もあります。

検査証の型式に「○○○○改」となっている一般的に言われる改造車であれば、ほとんどの保険会社が引き受け不可ですね。

なので、保険会社に問い合わせ(改造の内容を申告)をして承諾され車両保険に入れるのであれば基本、保険金は降りるという考え方でいいと思います。

でも、部品を社外品に変える(取り付ける)たびに保険会社に申告する人は少ないのでトラブルになることが多いと思います。

それに、保険会社に申告していて承諾されていても、事故の時にトラブルになったっていう話を、たまに聞いたりしますね。

社外品パーツは価格の明細(証明)が必要

純正部品・工賃の価格であれば、保険会社で見積りが出来ますが社外品に関しては、こちら側が見積り(価格の提示)や価格の証明をしないといけないのが基本ですね。

って言うか、保険会社は社外品パーツの価格や作業工賃(時間)が調べられない(分からない)です。

そりゃ、そ~ですね(^^;)

価格の証明といっても簡単で

  • 部品価格が記載されているの社外品メーカーのHPを教える
  • 実際にその部品を買った(取り付けた)時の明細を提示
  • 部品がない(廃盤)などの場合は、実際に取り付ける同等部品に価格を提示
  • 工賃は車屋が社外品取り付けとして勝手に計算

などなど、普通に部品・用品を買う時に価格を調べる感じで、その内容を見積書と一緒に提示するって感じですね。

とくにすべてのパーツ(用品)を車屋(修理屋)に任せているのであれば何も問題です。

ただ、個人で保険会社と交渉する場合や、パーツごとに修理・取り付け(交換)する店が違ってくる場合は、交渉がややこしくなることが多いですね。

部品価格でモメるのは「ワンオフ制作のパーツ」

社外品パーツと言っても普通に買える(仕入れ出来る)部品は問題ないですが、マフラーなどのワンオフの製作品などは、製作費や材料代でモメることが多いですね。

マフラーの場合で言えば、純正品4~5万円、社外品の既製品であれば7~8万円、ワンオフ品だったら25万円って感じだとします。

さすがに、マフラーが25万円って保険会社も簡単に納得してもらえないです。

価格が高いからダメってことはないですが、やはり25万円する理由などをちゃんと明細にして提示したり、製造工程の写真が必要だったり面倒くさいことが多いです。

実際には保険会社と交渉する車屋や本人、部品を製造するショップなどが連携して保険会社の要求する内容に対応するのが難しいのでモメることが多いです。

ワンオフのパーツに関しては部品よって、その時その時で保険会社との交渉(請求のやり方)が変わることがほとんどです。

ただ、基本的に保険金は降りますけどね。

違法改造車(整備不良)は保険が降りない?

ま~、違法改造と言っても、すご~い幅がありますよね。

車検に通らない=違法改造(整備不良)って考えならば、ヘッドライトの色が青いだけでアウトです。

でも、それだけで保険が降りないってことはないです。

実際、保険が降りないケースとしては、

  • その社外品パーツ(取り付け方など)が原因で起きてしまった事故・破損
  • レース用部品などの公道使用不可なパーツ(マフラー・エアロなど)の修理・交換

などです。当然と言えば当然ですね。

保険会社かすれば賠償・車両保険に関係なく、車検に通らない車に直すために保険金は支払えないってなりますよね。

ただ、全く保険金は降りないのではなく、減額されたり純正部品や同等の社外品(車検OK)に交換であれば降りると思います。

この辺りは、事故の状況(運転者に過失)や車の改造の程度などや保険会社ごとの考え方でかなり保険金が変わってきますので、一般的にこんな感じっていう話はないです。

しかし、違法改造(車検に通らない)車だからといって全てダメってことはないですね。

まとめ

答えからすると、事故などで相手から賠償される場合は、社外品パーツであってもあまり気にする必要はないと思います。

車両保険の場合は、保険会社選びに気を付けていれば問題ないって感じです。

やっぱり、社外品パーツを付けていて車両保険に入りたいのであれば、やっぱり車屋の代理店から入るのが一番いいと思いますね。

保険の加入も事故の修理もその車屋で任せていれば、どんな状況でも何とかうまい具合にやってくれると思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事故対応・保険修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com