交通事故で加害者になったら後で被害者に謝罪とかしたほうがいいの?

事故対応・保険修理

事故を起こしまった時って、その現場で、

  • 自分と相手の安全の確保とけが人の救護
  • ケガが重症であれば救急車を呼ぶ
  • 警察に連絡する(物損だけの軽い事故でも)
  • お互いの連絡先の交換
  • 保険会社へ事故報告(現場で余裕があれば)
  • レッカーの手配、車屋に連絡(自走不可能の場合)

などなど、やらなくてはいけないことがいっぱいです。

それに、警察が来て実況見分(物件事故報告)も終わって事故現場では一段落しても、その後にまだまだやることって多いですよね。

車の修理の段取りやケガがあれば病院に行ったり、保険会社や相手への連絡など事故が大きいほどやることが多くなって大変やと思います。

その中で加害者(過失割合が多い場合など)になった場合、ふと思うのが、

「現場では謝ったけど、後でも被害者に何か(連絡など)しないといけないのかなぁ?」

って感じの事やと思います。

おっさんもお客様からよく聞かれたりしますね。

そこで、その辺りを保険代理店をしている車屋の経験から勝手な考えを話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

加害者本人の対応で交渉が大きく変わることがある!

事故で加害者になってしまった場合、一番に考えるのはスムーズに(モメることなく)話を進めていきたいってとこやと思います。

相手側(被害者)を怒らせてトラブルになって事故終結が出来なかったり(遅れたり)、話が大きく(面倒くさいこと)になるのは避けたいものです。

軽い接触事故でも相手にケガ(打撲など)があれば、相手の気持ち一つで人身事故になったりして罰則(罰金や違反点数)が大きくなることもありますもんね。

でも、こういうのって、

「こんなん相手(被害者)次第やん、保険会社に任せるしかないやん。こっち(加害者側本人)は何も出来へんやん!」

って思う人もいると多いかもしれません。

ただ、加害者本人が事故の後に少し動くこと(対応次第)で、トラブルを避けれたり話が大きくならないように出来たりすることもあるんです!

っていうのも、後からトラブル(話が大ごと)になるケースの場合、

「保険会社も対応イマイチやし相手(加害者本人)も何も動かへんし、腹が立つ!」

って感じで被害者を気持ち的に怒らせていることが多いんですよね。

なので、状況に応じて加害者本人が出来ることで、後々トラブルにならないように出来ることはやっていたほうがいいですね。

物損事故のみの場合

相手にケガもなく車両の損害だけの賠償って場合、本人がする事って言えば事故が起きた時にとりあえず早く保険会社に連絡(事故報告)をするぐらいです。

なので後で、こちらから被害者本人に謝罪などの連絡などは何もする必要はないです。

って言うか、とくに必要な事が無い限り保険会社をとばして直接連絡はしないほうがいいとおっさんは思います。

物損の場合、基本的に修理をする被害者側の車屋(修理屋)が加害者側の保険会社と段取りの打ち合わせや修理代(保険金)の交渉、示談の全てをします。

とくに修理をする車屋も加害者本人に連絡するようなこともないですし、加害者側の保険会社も被害者に連絡するのは初期の挨拶や挨拶ぐらいですね。

「物損事故は保険会社に任せておけばOK、本人は余計な事はしない!」

ってところです。

なので、加害者本人が気を使って被害者に何かをするってことは無いですね。

ただ、事故の過失割合で車屋と保険会社で折り合いがつかない場合は、車屋ではどうしようも出来ないので双方の保険会社と本人の話し合いになることが多いです。

それでも、よっぽどのことが無い限り被害者本人と加害者本人が話あったりすることはないと思います。

ま~、逆に本人同士で話し合うと、余計に話がややこしくなって保険会社なども介入出来なくなってしまうので、本人同士で話し合うのは避けたほうがいいです。

それと物損事故のみの場合、よっぽどの事故じゃない限り、被害者側の申告(気持ち)で加害者に対する罰則(罰金や違反点数)が変わる事もないです。

警察の民事不介入の原則ってやつですね。なので、その辺の事を考えても加害者本人が気を使って何かをするってこともないと思います。

相手(被害者)がケガをしている場合

本題はここからですね!

加害者になったお客様から、よく聞かれるのは、

  • 事故の後、茶菓子を持って1度謝りに行ったほうがいいのか?
  • 相手が入院した場合、病院にお見舞いに行ったほうがいい?
  • 電話を(ケガの直り具合などで)頻繁にしたほうがいい?

などなど、「こちらは反省していて誠意をもって対応します!」っていう、対応(行動)をしたほうがいいのかってところです。

話をスムーズに進めるために相手を怒らさず、さらに穏便にしてもらおうって感じですね。

ただ正直、「相手がケガをしたら加害者はこうする!」って定番の事はなく、事故の大きさ(ケガの具合)や相手の感じ(どんな人か)で変わってきます。

明らかに事故の時にケガをしていたら

事故を起こした時(事故現場で)、明らかにケガをしてそうとか救急車で運ばれた場合は後で1度連絡して見舞い(謝り)に行きたいって伝えたほうがいいと思います。

やっぱり、ケガが長引きそうであれば、上記で書いたように「こちらは反省していて誠意をもって対応します!」って態度を見せるのは大事かなぁって思います。

そうすることによって、被害者はこれからの対応の安心感も出てきますし、こちらに対する不安感も少なくなると思います。

とりあえず、謝りに行って相手の感じ(どんな人か)を見て、これから保険会社に任しっぱなしにするか本人でもちょくちょく連絡するか決めたらいいんじゃないでしょうか。

おっさんの経験上で言えば、相手が普通の感覚の人であれば、早い段階で1度謝りに行っておけば、その後は保険会社任せにしておいても大丈夫かなぁって感じです。

それに、過剰に相手にケガの具合などの連絡をしていると相手は「この人は何でも要求に答えてくれる」って勘違いをしてしまうこともあります。

そうなると、逆に保険会社では応じれない要求なども直接本人(加害者)に言ってきて、トラブルになることも出てきます。

ま~、事故の大きさやケガの具合によって、保険会社に任せっぱなしにするより本人が連絡したり謝りに行ったりすることは大事ですが、ほどほどにって感じです。

事故現場では普通で後で病院に行った場合

軽い(普通の)物損事故で多いのが、

事故現場ではケガをしている様子もなかったし話も出なかったけど落ち着いてから、打撲などの症状で病院に行っていた

って感じで、被害者側からすれば、とりあえず念のため病院に行っておこうってやつです。

加害者側からすれば、「あ~、やっぱり病院行ったんやぁ」ってなると思いますが、そういう時ってどうしたらいいのって感じですよね。

ここは人によって意見は分かれると思いますが、おっさんはお客様に

「病院に行かれたそうですがケガの具合はどうですか?大丈夫ですか?」

って感じの電話ぐらいは、1度しておいたほうがいいかもってアドバイスしています。

ま~、軽い打撲ぐらいで茶菓子を持って謝りに行くっていうのは、ちょっとおおげさかなぁって思います。こっちが事故を大きくしているような感じで(^^;)

ま~、その電話で何となく相手がケガの事をどんな感じで思っているのかっていうのも分かりますし、相手にも誠意があることを見せれますよね。

ここで、ちょっとポイントなのは、

この時点で物損事故扱いだけど今後、人身事故になるかは相手次第ってとこです!

軽い打撲などであっても、被害者が警察に人身事故扱いにしてほしいと届ければ人身事故になりますし、治療期間が長くなると罰則も大きくなる可能性も出てきます。

なので、相手を怒らせず逆に良い印象を持ってもらって「人身事故にするのは可哀そうやな」って思ってもらうことが大事ですね。

実際よくあるのが、物損で小さな事故だからって思って保険会社に任せっぱなしにしていたら警察から連絡があって「人身事故になりました」ってやつです。

そんな時に、

「保険会社任せで、ほったらかしにしてたのはマズかったかなぁ、1回ぐらい見舞いの電話してたら良かったかなぁ…」

って思う人も実際多いですね。

何をしてもダメな人は、どっちにしてもダメ!

上記で説明した内容は、一般的な感じの(常識をもった)人に対する加害者としての誠意を見せる対応って感じですね。

っただ!世の中、いろんな人がいます。

車を乗っていると誰もが「加害者」「被害者」の両方になる可能性のある交通事故でも、被害者になった途端に大げさな態度(かなりの被害者ヅラ)になる人もいます。

たぶん、事故をした時に現場で相手と話した時に「あちゃ~、やっかいそうな人と事故をしてしまったぁ」って思うはずです。

正直、そういう人には何をしても無駄で逆に裏目に出てしまうってこともあるので、保険会社に全て任せておいたほうがいいと思います。

どっちみち、そういう人は保険会社との交渉が自分どおりにいかなくなったり不満を感じたら直接本人(加害者)に過剰な要求などの電話をしてくると思うので…

そんな電話がかかってきた時は、余計な事(保険請求に関して)は言わず「保険会社に任せていますので…」って言い続けるしかないですね。

かなり面倒くさい事故になっちゃいますが、諦めて事故終結(示談)を待つしかないです…

まとめ

けっこうひと昔前では、人身事故を起こしてしまったら被害者の家に1度謝り(見舞い)に行くっていうのは普通って感じでしたね。

でも最近は、そういうのって少なくなったと思いますし、「そんなの必要ない」って考えの人も多くなったと思います。

ただ年々、保険会社の人身事故(ケガ)の担当者が事務的な手続きの話しかしなくなって、被害者を怒らせてしまうケースも多くなったと思います。

ひと昔の人身事故(ケガ)の担当者って保険会社の中でも交渉の(相手を怒らせないように話す)プロ中のプロって感じやってんけどなぁ…

なので、加害者本人が少し動いて穏便に事故を終わらせれるなら、そういう事はしていたほうがいいんじゃないかなぁっておっさんは思います。

ま~、交通事故で途中からトラブルに発展したり交渉がややこしくなったりするのは、当事者(被害者や加害者)の

「話(話し方)に納得がいかない」「相手の対応(態度)が悪い」

って感じの気持ちの問題ってところが多いですからね~

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事故対応・保険修理
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com