フロントガラスの交換で純正品と優良品と輸入品のどれがおすすめ?

点検/修理/車検/カーケア

飛び石や事故などで、フロントガラスの損傷(ひび割れなど)で交換になった場合に、交換する車屋(ガラス屋)で作業内容や費用の話の時に、

「純正品の他に価格の安い社外品もあるんですけど、どうしますか?」

って聞かれることが多い(新車ディーラー以外ではほとんど?)と思います。

フロントガラスって、メーカー純正品の他に安い社外品が何種類かあって価格がけっこう違ってくるので交換費用を安く抑えることも出来るんです。

でも、やっぱり社外品なので、純正品と品質などが全く同じってわけでもないんです。

お客様からすれば、そりゃ~総額で安くなるほうがイイに決まっていますが、品質がどうのこうのって言われちゃうと、どれがイイのか迷っちゃいますよね。

そこで、おっさんの勝手なイメージと考え方で、「どんな種類があって違いは?」「どれを選べばいいのか?」ってところを説明していきます。

今回は、国産自動車のフロントガラス(純正ガラスも国内メーカー品)の交換の時のお話です。
輸入車や国産車でもガラスは外国メーカー製造のモノの場合は少し話の内容が違ってきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガラスの種類

メーカー純正品とその他のモノは「社外品」って括りですが、その社外品の中でも製造メーカーの違いなどで大きく分けて3~4種類あって、

  • 自動車メーカー純正品
  • 国内(国産)優良品(国内のガラスメーカー)
  • 高機能断熱ガラス
  • 輸入品(外国の大手ガラスメーカー)
  • 輸入品(外国のよく分からないガラスメーカー?)

ってところで、車種やグレードによって純正品と優良品しか無いとか、輸入品も何種類もあるとか選べるモノが違ってきます。

価格は自動車メーカー純正品の定価を基準にして、国内優良品→輸入品って順に安くなっていきます。

そして、ガラス自体の品質ですが、やっぱり違いはありますね。

自動車メーカー純正品

メーカー(トヨタなど)から出ている純正部品で新車時に付いている同じガラスになります。

特徴としては、純正品なので基本的にガラスにメーカーのロゴが入っています。

ただ、「ダイハツ トール」「トヨタ ルーミー」など、OEM車(他のメーカーに供給している車種)の場合は、新車時からメーカーロゴが入っていない車種も多いです。

ガラスの価格は基本、純正部品なので定価(純正価格)での販売で、値引きがあっても10%OFF程度って感じですね。

ただ、新車ディーラーでの交換や保険での修理の場合以外で、ガラス屋(車屋など)が純正品を使う(おすすめする)事って、けっこう少ないと思います。

国内優良品(国内のガラスメーカー)

純正品を製造している国内有名ガラスメーカー(AGC(旭硝子)や日本板硝子など)が補修用として製造(販売)しているガラスです。

たぶん、ガラス屋(車屋)が、一番おすすめするのがこの「国内優良品」やと思います。

ガラス自体の作り(形状や規格)や品質は純正品と同等で、違いといえばメーカーロゴが入って無いぐらいです。

イメージ的には「純正ガラスを作っているガラスメーカーがメーカーを通さずに同等品を販売している」って感じですね。

小売希望価格(定価?)は純正価格と同じ感じになっていますが、販売(実売)価格は、純正価格の25%~35%OFFぐらい安いです。

高機能断熱ガラス

有名ガラスメーカーが販売している、紫外線・赤外線を大幅カットした断熱機能の付いた高機能ガラス(商品)です。

純正品にこだわらず、「交換するんやったら、社外品の高機能の(断熱がある)モノのほうがええかな」って感じの人におすすめのガラスですね。

この辺りのガラス(商品)で有名なモノ(メーカー)といえば、

ってところで、どれを選ぶ(おすすめ)かっていうのは、ブランドや機能での自分の好みとか価格の差で選ぶって感じです。

価格に関しては、メーカーなどで違ってきますが、純正品よりも少し安けれど国内優良品よりは高いって感じですね。

輸入品(外国の大手ガラスメーカー)

輸入品っていってもいろいろありますが、ガラス屋(車屋)がいう輸入品とは、主に中国や東南アジアのガラスメーカーの価格の安いモノをいいます。

その中でもそこそこ安心(信頼)出来る有名メーカーのモノといえば、中国の大手自動車ガラスメーカーの「FUYAO」です。

国産メーカーの一部車種や外国メーカーの高級車などにも純正採用(供給)されていて、世界的にも有名なガラスメーカーです。

たぶん、ガラス屋(車屋)がガラスの種類(価格)の説明で、

「この車種やったら安い輸入ガラスもあって、品質も特に問題ないですよ」

って感じであれば、ガラスのメーカーは「FUYAO」やと思います。

価格は安くて、車種によってけっこう異なりますが、純正価格の40%~60%OFFぐらいです。

ただ、純正品や国内優良品と比べて品質や形状はどうなのか?っていえば、価格相応(価格に対しては良い?)って感じやと思います。

車種によっては、ガラスの局面(ふくらみの感じ)や黒(セラミック)の部分の形状が純正と違ったり、モノ(個々)によってはガラスに歪みがあったりします。

取り付けて乗ってしまえば、そんなに気にはならない(純正と並べて比べないと分からない)程度ですが、やっぱり違いはあります。

ま~でも、それ以上に価格の差があるので、その辺りをどう思うかってところは人それぞれの考え方ってところじゃないでしょうか。

ネットでの「FUYAO」の販売価格帯 を調べる!

輸入品(外国のよく分からないガラスメーカー?)

車種によっては「FUYAO」などのモノより、さらに安い輸入品のガラスがあったりします。

たぶん、外国では普通のガラスメーカーの日本車の補修ガラスなんでしょうが、車屋でもよく分からない外国メーカー?のガラスって感じです。

ネットで安いガラスを調べた時に数千円~1万円ちょっとぐらいで売っていて「安いガラスあんねんなぁ、メーカーとかは書いて無いなぁ…」って感じのモノですね。

価格は、車種や仕入れのやり方で販売店によってかなり差が出ると思いますが、純正価格の65%~80%OFFぐらいじゃないでしょうか。

そして、気になる品質ですがやっぱり「価格なりの品質(作り)」ってところです。

正直、個々のモノによってかなり当たりはずれがあったりするので、なかなかガラス屋(車屋)として、おすすめしにくい(取り扱いにくい)ガラスです。

なので、「モノは何でもええから安くして!」って感じの人向けのガラスですね。

結局、どれを選んだらいい?おすすめは?

やっぱり純正がイイとか社外品でも安ければ気にならないとかっていうは人それぞれの考え方なので、どれが正解っていうのは無いと思います。

それに、よく分からない安い輸入ガラスといっても「取付け出来ないほど雑な作り」とか「乗っていたら危ないぐらいの品質」っていうわけでもないです。

ただやっぱり、車屋(販売する側)として、無難におすすめ出来るのは何かって聞かれれば「国内優良品」ですね。

純正品じゃないけどってだけで安くなって、品質や取扱い方なども純正品と変わらないので、新しい車(新車に近い車)でもおすすめしやすいです。

それと、年式が経っている車両とか仕事で使っている車で予算重視であれば「輸入品(外国の大手ガラスメーカー)」でもとく問題無いかなって思います。

正直、よく分からない外国メーカーの激安のガラスに関しては、おっさんはあまり販売したことがないんで、よく分からないです(^^;)

ま~、勝手なおっさんのイメージ的には「安いからこんなモンかなぁ」って感じです。

それと、お客様の要望でガラス屋に内容を聞いたりする事もありますが「~ん、何とも言えんかなぁ」って答えが多いです。

まとめ

車の部品じゃなくても、国内メーカーの家電製品や工具などの部品(用品)で安く売っている他メーカー製(社外品)の同等品(互換品)ってありますよね。

フロントガラスの社外品も同じようなイメージで考えたらイイと思います。

単純に、価格が違うから同じモノじゃないんやろうなぁって感じで、「取付ける車種の程度」やその人の「部品に対する考え方」で選んだらイイと思います。

最後に何も考えず(分からず)に選ぶのであれば、やっぱり「「国内優良品」がおすすめで無難で失敗しない選択じゃないでしょうか。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
点検/修理/車検/カーケア
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com