ドライブレコーダーの機能と性能の見方と選び方!簡単に説明します!

カーナビ・ETC・電装品

ドライブレコーダーもカーナビやETCのように必須アイテムになってきましたよね。

とくに新車の購入時などは最初から見積書に入っていることも多く、営業マンにも勧めらるまま取り付ける人って多くなりました。

ま~、ディーラーオプションの場合、機種も少なく選択肢もあまりないので機能や価格選びに悩むこともないと少ないと思います。

ただ、ドラレコだけを購入の場合、ほとんどの人は社外品で選ぶと思います。

社外品って価格も安い物から高い物までいろいろあって、機能や性能も細かく自分の使い方にあった物も選べますし。

でも、みなさんドラレコを選ぶ(購入する)時って、

「機能や性能って、どれくらいがいいんやろ?最低限必要な機能って何?」

って感じやと思います。おっさんもお客様からよく聞かれますね。

と言うことで、ドラレコの簡単な機能の説明と選ぶポイントをお話ししていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラレコ選びのポイントは?

ドラレコって、ETCのように「使えれば何でもいい」って物とは少し違いますね。

最低限の「録画するだけ」っていう安い物から付加価値の付いた高機能の趣味の範囲になる物まで、いろいろ売られています。

とりあえず、ドラレコの基本(最低限)の機能と言えば、

  • エンジン始動(ACC)で常時録画(上書き録画)
  • 音声記録(ON/OFF)
  • ワンタッチ記録(手動録画)

ってところで安い価格の物でも、よっぽど変な商品でない限りこの機能は付いているので気にすることはないですね。

なので、「お守り程度でいいから、とりあえず安い物」って感じであれば、この機能だけでネットで安い商品でも十分やと思います。

そして、その他に機能や性能で選ぶポイントとしては、

  • 画素数
  • LED式信号機(東・西日本)が対応かどうか
  • カーナビ(地デジ)へのノイズ対策(設計)済み
  • HDR(WDR)の有無
  • Gセンサー(衝突・衝撃で自動保存)
  • GPSの有無

ってところでね。その他にも、いろいろな付加価値機能がありますがドラレコ選びとしてはこの辺りがポイントかなって感じです。

画素数

もちろん画素数は大きいほどハッキリとキレイに映りますが、価格(グレード)に比例するのでどれくらいでいいのか、ちょっと迷っちゃいますよね。

事故の時など、車の動き(どちらが悪いのか)を確認するだけであれば、30~40万画素(VGA 640×480)で十分やと思います。

ただ、当て逃げや煽り運転などの証拠としても考えるのであればナンバープレートが分かるぐらいの画質は必要かなぁって感じになってきています。

そうなると、FHD(フルハイビジョン)で200万画素以上は必要になってきます。

もっと画素数が大きな商品も多く売られていますが正直、趣味や好み(安心感)の範囲になってきますね。

価格(グレード)に比例しますので予算もありますが、ベタ(スタンダード)な感じで価格も平均的(売れ筋)でいいって人には最低でも200万画素以上がオススメです!

LED式信号機対応かどうか

これはドラレコ選びとしては、かなり重要なポイントですね!

LED信号の電力周波数(点滅回数)とドラレコのフレームレート(1秒あたりのコマ数)の周期が重なってしまうと、映像記録では消灯状態になってしまいます。

簡単に言うと、ドラレコの映像には信号機の色が常に真っ暗で映っていない状態になっていることがあるって感じです。

交差点の事故などで、相手側とモメる(意見が違う)ケースは「信号が青(赤)だったか」ってことが多いので、LED式信号機対応かどうかは重要です!

信号機の色でモメてて記録していた映像で信号機の色が分からなかったらドラレコを付けている意味がないですよね(^^;)

定番(日本の)のベタなメーカーなどであれば、当たり前のようにほとんど商品が「対応」ってなっているので、気にすることはないです。

ただ気を付けないといけないのは、ネットなどで売られている外国製の安い商品です。

「対応」になっていないモノ(何も書いていないモノ)も多く、「対応」ってなっていてもちゃんと映っていない場合があるの確認が必要ですね。

って言っても、買って取り付けてみないと分からないってことも多いので確認って口コミを見るぐらいで難しいですよね(^^;)

カーナビ(地デジ)へのノイズ対策

正直おっさんはドラレコ選びで、あまり気にすることは無いと思います。

定番(日本の)のメーカーの商品であれば、当たり前のように「ノイズ低減設計」になっていて対策されています。

外国製の安いドラレコなどは、対策されていない物のほうが多いと思います。

たしかに、対策されている製品と比べるとノイズが出る確立はけっこう高くなります。

ただ、車両本体やカーナビ(地デジ)・他の電装品がノイズを受けにくい(出しにくい)設計になっているものも多くなりました。

なので、社外品の電装品の組み合わせでノイズが出るってことは年々、少くなってはきていますね。

それに対策済みの日本メーカーの商品であっても車種や電装品の組み合わせ・取付場所によってノイズが出る時は出ます(^^;)

症状で一番多いのは、地デジの受信感度が悪くなってワンセグしか映らない(受信しない)っていうのが一番多いと思います。

その他にブロックノイズが入ったりって感じですね。

ノイズが出ても配線の取り回しの変更やフェライトコアを取り付けるなどでノイズ対策(軽減)は何かしら出来ると思います。

でも、「何をしても無理」って場合もあります。

その場合は諦めて買い替えになっちゃいますね。もったいないですけど…

それと外国製の商品を選ぶ理由として、やっぱり「価格が安い」ってのいうのが一番の理由やと思います。

なので、とくに「ノイズ対策済みかどうか」で選ぶっていうのは安い商品の選択肢が無くなってしまうので選ぶポイントでは無いかなぁって思います。

HDR(WDR)の有無

ドラレコ HDR

出典:ユピテル

HDR(WDR)とは、一言で言えば「逆光補正」です。

天気の良い日や夜間の時に映像が「白とび(一部が真っ白)」「黒つぶれ(一部が真っ暗)」にならないように補正してハッキリ映像を映すってものですね。

より肉眼で見たイメージに近い映像にするって機能で、ビデオカメラやスマホのカメラなどに使われている機能です。

この機能も定番メーカーの商品であれば安いグレードでも標準機能になってきているので気にすることはないと思います。

ただ、やっぱり外国製の安い商品は、付いていないほうが多いです。

ここで、ポイントは「HDR(WDR)は必要機能かどうか」ってところですよね。

あったほうが、もちろん良いですが無かったからと言ってダメっていう機能でもないです。

ドラレコとしてこの機能は、「夜間がちゃんと映っているかどうか」が重要になります。

外国製の安い物でも「ナイトビジョン(赤外線)」などの夜間でも映像が分かる機能は一応(なんとなく)付いています。

それに、定番メーカーの少し前のHDRが付いていない機種でも「夜間は見えないかからダメ」ってことはないですから。

この機能も、価格に比例するので「予算」で決めるのがいいと思います。

Gセンサー(衝突・衝撃で自動保存)

車に衝撃(イベント)があれば、それを感知して映像ファイルが上書きされないように自動で専用フォルダに保存されるって機能です。

「万が一の時のために映像ファイルをロック(保護)する」っていう便利機能ですね。

ただ、正直おっさんは「とくに必要なし!どっちでも」って感じです。

便利な機能って感じですが、車種や使い方による個別設定がけっこう面倒くさいです。

ちゃんと、その車での設定をしないと段差や急カーブなどで反応したり、逆にかなりの衝撃でも反応しなかったり誤差がすごいです。

正直、この機能があるから安心って言えるほどのモノではないと思います。

これは、日本メーカー製品や外国製品で感度の性能の差はあってもだいたい一緒ですね。

日本メーカー製品でも取説には「念のため事故が起きた時はSDカードを抜いて下さい」って書いてるぐらいです。

なので、買う人の好みやドラレコの考え方で選ぶ程度の機能って感じですね。

GPSの有無

GPS機能が付いていると、

  • 自車位置(走行軌跡)が記録される
  • 走行速度が記録される
  • 日時(時計)が自動で正確なので楽

ってところがメリットですね。ただ、

「これって事故(トラブル)の時の為に必要?高い分の価値ってある?」

って、お客様に聞かれると、おっさんは、

「~ん、どっちでも。正直好みですね。予算があるなら」

ってなっちゃいますね。

正直、個人で使う場合、走行記録などは重大な事故でトラブルになった時ぐらいしか使い道はないのかなぁって感じです(^^;)

ま~、あとはパソコンで趣味でドライブなどの記録を見たりするぐらいですかね(^^;)

GPSが付いている商品は中~上グレードモデルになっていることが多いので、これもまた予算と好みで選ぶってところですね。

ただ、日時の設定が自動っていうのはけっこう便利です。

ドラレコは時計がすぐズレるので定期的な設定をしないといけないですがこれがけっこう面倒くさいので、常に正確なのは楽です。

おっさんは、時計だけのためにGPSモデルを選びましたね(^^;)

まとめ

やっぱり、ドラレコは機能(性能)と価格は比例する製品です。

なので、機能などで選ぶのも大事ですが、最終的には「予算(価格)」「車種に合った形状(取り付けやすさ)」やと思います。

単純に「機能・性能」「形・大きさ・取付やすさ」は全て価格に比例するって考えで選べば、いいんじゃないかと思います。

価格帯で言えば、ネットで外国製の安い商品であれば3000円ぐらいから、定番の日本メーカー製の商品であれば、10000円ぐらいからって感じですね。

ちなみにネットで売っている安い商品と定番の日本メーカー製の商品の比較は

ドライブレコーダー おすすめは?ネットの格安品or定番メーカー品
ドライブレコーダー(以下「ドラレコ」という)の購入を考えた時に、ネットなどでいろいろ調べてみると、 「むちゃくちゃメーカーと種類が多いなぁ...

車屋としては、ネットで外国製の高機能の商品でよりも、定番の日本メーカーの機能が少ない安い機種を買ったほうがいいってオススメしますね。

ただ、正直、事故が起きてトラブルになった時、

「失敗した!もっと高い機能が多い性能の良い物を買ってたら良かった…」

ってなることは故障で映っていなかった時以外は、少ないかなぁって思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com